• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然を愛し、元気な街!長崎県平戸市、おすすめのお祭り・イベント5選

長崎県平戸市のお祭り・イベントをまとめます。平戸市は、長崎県北西部の平戸島と周辺の島々及び九州本土の田平地区を市域としています。鎖国前は、中国・ポルトガル・オランダとの交易を行っていて、フランシスコ・ザビエルも滞在していました。平戸市の基幹産業は、農業及び漁業ですが他産地との競争が激しく、厳しい状況にあります。観光産業は、名所旧跡を中心に注力していましたが、お祭り・イベントの活用、観光資源の再開発・隣接地域との連携を模索しています。また、体験型観光への対応を拡大・充実を図ろうとしています。

このまとめ記事の目次

長崎県平戸市とは

漁師食堂 母々の手

平戸市は、長崎県北西部に位置し、1955年に平戸町、中野町、獅子町、紐差町、中津良町、津吉町、志々伎町の6町が合併し、市制施行しました。2005年に北松浦郡大島村、生月町、田平町を合併しました。市域は、平戸島と生月島、度島などの島々および田平地区を含みます。

1550年フランシスコ・ザビエルの平戸滞在によって、全島にキリスト教が広まり、翌年には日本最初の教会が立てられました。キリスト教禁止令後、下中野、白石、春日、高越、獅子などの各集落で「隠れキリシタン」として殉教と迫害が繰り返される信仰が続きました。

市の産業は、農漁業が主とし、米、麦、サツマイモのほかミカン栽培が行われています。古くから放牧が盛んで平戸牛で知られています。トビウオ漁は、初秋に行われ、近年はウチワエビ、ヒラメが水揚げされており、水産加工品も生産されています。

平戸市内の名所旧跡を中心とした観光産業は、一時停滞していましたが、観光資源の掘り起こしや隣接地域の連携やお祭り・イベントの活用で拡大を図っています。

1.平戸南風夜風人まつり~秋の陣~【長崎県平戸市】

※イメージ画像

長崎県平戸市で開催される「平戸南風夜風人まつり~秋の陣~」について紹介します。このお祭り・イベントは、毎年9月21日前夜祭・22日本祭で「平戸港交流広場」で催されます。よさこい踊りのコンテストです。九州だけでなく東京からも参加団体がありました。

【前夜祭】では、18時からオープニングセレモニーで始まり、11チームが踊りを披露し、総踊り、そして交流会が会場で行われます。【本祭】では、10時オープニングセレモニーのあと準備運動があり、始まります。1部と2部の構成で、1部で39チームが参加しました。

1部で全チームが踊りを披露し、パフォーマンスを競います。審査員は、開始時から審査し、集計後審査発表されます。抽選会が行われます。その後、第2部が始まります。9月なので、日中の暑さ対策は考慮して下さい。港なので木陰はありません。テントを利用する程度です。

スポット情報

  • 長崎県平戸市崎方町776-6

2.平戸海道渡海人祭【長崎県平戸市】

長崎県平戸市の「平戸海道渡海人祭」について紹介します。このお祭り・イベントは、毎年5月3日~5日の三日間、平戸大橋公園特設会場で開催されます。期間中には、地引き網漁や魚の掴み取り、タコの掴み取りなどの海浜イベントが、多くの観客で賑わいました。

海浜のイベントは、「渚のお魚大捜査網」で、地引き網&魚つかみ大会(4日・5日のみ14時~)、「GO!GO!タコまっしぐら」で、タコつかみ大会(3日14時~、4日・5日12時30分~)などが行われます。有料イベントなので、申込手続きを行って下さい。

公園イベントは、「渡海人うまかもん物産店」で新鮮農産品・農水産加工品・地酒、銘菓等が勢揃いしています。地酒の試飲会など、平戸のうまかもんが大集合しています。お店ごとのサービスやPRも楽しみになさってください。

基本情報

【名称】平戸海道渡海人祭
【開催期間】毎年5月3日~5日
【会場】平戸大橋公園特設会場 長崎県平戸市
【問合せ先】平戸産業まつり実行員会(平戸商工会議所内)
【電話番号】0950-22-3131
【アクセス】JR佐世保駅から西肥バス平戸桟橋行きで1時間30分、平戸大橋公園前バス停下車後、徒歩3分

3.平戸ひらめまつり【長崎県平戸市】

※イメージ画像

※イメージ画像

長崎県大村市で開催される「平戸ひらめまつり」について紹介します。このお祭り・イベントは、「ひらめまつり」も10周年を迎えました。新鮮で肉厚な豪快天然ヒラメを満喫して下さい。高級魚として知られているヒラメですが、その産地が平戸です。

ヒラメに限っては、「天然のヒラメは大きければ、大きいほど旨い」と、地元の漁師さんは断言します。平戸では、普段は見ることもないような5kg級の「ザブトン」と呼ばれる巨大なヒラメが珍しくありません。旨い時期は、「寒ビラメ」と言われる今の時期です。

脂がのり、身もふっくらと肥えて、その品格ある味や食感は、とにかく絶妙な味わいなのです。栄養素は、脂肪分が少なく、ビタミンやミネラルのバランスが良く、ゼラチン質が多いので、美肌効果などが期待されます。シャブシャブもおすすめです。

基本情報

【名称】平戸ひらめまつり
【開催期間】毎年1月20日~3月31日
【会場】平戸市内
【問合せ先】社団法人平戸観光協会
【電話番号】0950-23-8600

4.たびら春まつり【長崎県平戸市】

※イメージ画像

※イメージ画像

長崎県平戸市の「たびら春まつり」について紹介します。このお祭り・イベントは、ながさき和牛(田平産)、イチゴ、新鮮野菜、苗物、とれたて鮮魚、農水産物加工品を中心に販売されます。その場で食べることのできる、バーベキューコーナーが設置されています。

毎年恒例なのが「ながさき和牛」の即売です。たびら春まつりの名物で、お客さんが列を作って並びます。大好評で、用意された牛肉は、二日で2頭分が準備されましたが、30分ほどで売り切れました。田平は、繁殖牛の産地ですが、地元産の牛肉は入手困難です。

青年団・職人組合・ダンスチームなどによる多彩な手作りイベントで盛り上がります。出店の中には、鯨肉、鯨竜田揚げ、たこ焼き、回転焼、黒毛和牛串などが販売されています。このほか、小学生以下が無料で参加できる、魚のつかみ取りが行われます。

基本情報

【名称】たびら春まつり
【開催日】毎年4月下旬 開催日については問合せ先へ確認して下さい。
【会場】平戸市田平港一帯
【問合せ先】田平支所地域振興課
【電話番号】0950-57-1111

5.たびら夏まつり【長崎県平戸市】

長崎県平戸市の「たびら夏まつり」について紹介します。このお祭り・イベントは、平戸市田平町田平港一帯で開催されます。荒天の場合は翌18日に順延となりますが、予定日の17日開催でも天候などによっては、時間変更があります。

当日は、13時のオープニングセレモニーのあと、「チキチキ チキンレース」、「田平権現太鼓」、「瀬戸のカラオケ大会(職場対抗)」、「ダンス(大塚ヘルシーサークルほか)」、20時30分から「打上花火(約2,000発)」などが催されます。

花火大会の見所は、玄界灘に浮かぶ平戸大橋のライトアップです。その上に、大輪の花火が咲き誇る様は、迫力があります。港で行われるので、水中花火も魅力です。水面で花火が開きますので、ぜひ近くで鑑賞されるのがお勧めです。また、花火大会には有料席はありません。

基本情報

【名称】たびら夏まつり
【開催日】毎年8月17日
【会場】田平港一帯 平戸市田平町
【問合せ先】たびら夏祭り実行委員会事務局(平戸市商工会内)
【電話番号】0950-57-0223

いかがでしたか?

長崎県平戸市のお祭り・イベントを紹介しました。グルメもお祭り盛り沢山です。玄界灘と東シナ海で海の幸が豊富です。美味しいもの召し上がりにいらっしゃいませんか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する