オランダでおすすめしたい観光スポット15選♡定番エリアを完全網羅!

一面に咲き乱れるチューリップと、運河沿いの風車が懐かしい美景の国オランダ。そのオランダで絶対見逃せないおすすめの観光スポットを凝縮しました!アンネゆかりの歴史の地でもあり、ハイネケンビールが生まれた地でもあるオランダは、都市ごとに異なる魅力の観光スポットを湛えています。これを見たらきっとあなたも誰かにおすすめしたくなるはず!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

キンデルダイク村 / キンデルダイク

オランダといえば風車のイメージがありますよね。ここは、運河に沿って19機の風車が建ち並ぶ、18世紀そのままの姿を見ることができる場所です。これぞオランダ!な原風景が広がる世界遺産の村では、今も風車守がこの絶景を守っています。
風車の1階には、風車守が住む居間があり、当時の暮らしぶりを見学することもできます。また、夏にはカナルクルーズやライトアップ、コンサートなどが催される一大観光スポットとなります。ハイシーズンは7~8月で、19基の風車がしっかりと働いている様子を見ることができるのでおすすめです。
【名前】キンデルダイク村
【オランダ語名】Kinderdijk
【アクセス】デルフト駅から25分でロンバルダイン駅下車。そこからバスで40分、キンデルダイクモレンケイド停留所下車
【営業時間】3月-10月:9時30分~17時30分、11月-12月:10時30分〜16時00分
【料金】平日:16ユーロ、休日:19ユーロ
【休日】12月25日

Nederwaard 1, 2961 AS Kinderdijk, Netherlands

3.40 6132

アムステルダム国立美術館 / アムステルダム

オランダ最大の博物館である「アムステルダム国立美術館」。世界に名だたる巨匠の作品が一堂に会するおすすめ観光スポットです。1885年に国王の名によって作られた、オランダ最大の美術館です。
オランダには多くの美術館がありますが、1つしか行く時間がないならば、間違いなくここをおすすめします!レンブラントやフェルメールなど日本でも人気の作品が並びます。なお、入口まえの“I am sterdam”のモニュメントは記念撮影に人気のスポットとなっています。
【施設名】アムステルダム国立美術館
【オランダ語名】Rijksmuseum Amsterdam
【アクセス】ホッベマストリート駅から徒歩2分
【営業時間】9時~17時
【料金】22.5ユーロ
【休日】なし

運河クルーズ / アムステルダム

オランダの定番中の定番!観光スポットと街並みを運河から眺める絶景クルーズです。オランダの首都アムステルダムは、アムステル川をダムを作ってせき止めたことが由来とされており、その名の通り、市内には無数の運河が流れています。運河から見るレンガ作りの歴史的な街並みは情緒にあふれていますよ。
そんな街並みを楽しむには運河クルーズがおすすめ。ゴールデンカーブやマヘレの跳ね橋などの観光スポットも見て回れますよ。夜のキャンドルライトクルーズでは、ワインを傾けながら運河の夜景を楽しんだりと、ロマンチックな時間が過ごせそう。
【名前】運河クルーズ
【アクセス】アムステルダム中央駅が発着駅
【営業時間】10時ぐらい~
【予算】15ユーロ~
【休日】なし

アンネ・フランクの家 / アムステルダム

オランダ屈指の定番観光スポット、そして、戦争の悲惨さを肌で感じられる歴史の舞台である「アンネ・フランクの家」。回転式本棚をくぐれば、そこはアンネ・フランクが2年間住んでいた歴史の舞台です。表側の建物と、彼女たちが住んでいた裏の世界を区別するその回転扉が、戦争の悲惨さと狂気の歴史を物語ります。
アンネは、アウシュビッツ強制収容所に送られ、その生涯を閉じました。おすすめとは言うに忍ばれますが、戦争の過ちを繰り返さぬために、そして、オランダで起きた悲劇の歴史を知るために、訪れておきたい観光スポットです。なお、大変な人気ですので、朝一番で訪れることをおすすめします。
【施設名】アンネ・フランクの家
【オランダ語名】Anne Frankhuis
【アクセス】ウェスターマーケット駅から徒歩2分
【営業時間】9時~22時
【料金】16ユーロ
【休日】9月12〜14日、9月25日(ユダヤ教贖罪日)

ゴッホ美術館 / アムステルダム

オランダが誇る天才画家ゴッホの作品が750点以上も展示される有名な観光スポットの「ゴッホ美術館」。ゴッホの遺族によって寄贈された750点あまりの美術品によって構成される美術館です。油絵だけではなく、素描画や書簡、浮世絵などの展示もあり、ゴッホの短い生涯が凝縮されているような空間です。
「ひまわり」や「黄色い家」など、誰もが見たことのある作品も多いので、ゴッホファンならずとも興味がそそられますよ。オランダを訪れたらぜひ見ておきたいですね。なお、チケットの購入はオンラインのみなので、事前に時間指定のオンライン予約をしていくことをおすすめします。
【施設名】ヴィンセント・ファン・ゴッホ美術館
【オランダ語名】Rijksmuseum Vincent Van Gogh
【アクセス】ヴァンバエレスト駅下車すぐ
【営業時間】9時~18時
【料金】20ユーロ(入館料のみ)
【休日】なし

ハイネケン・エクスペリエンス / アムステルダム

オランダと言えばハイネケンですよね!ビールが飲めるなら是非おすすめなのが「ハイネケン・エクスペリエンス」です。オランダで圧倒的なシェアを誇るハイネケンビールの観光スポットです。
建物は1988年まで工場として使われており、当時の施設見学や、クイズ、体験型アトラクションなど盛りだくさんの内容です。特におすすめなのが、自分が醸造されるまでの過程を疑似体験できるアトラクションで、熱風に吹かれたり、揺られたりと、これがなかなか面白い!入場者はビール3杯とハイネケングッズのおみやげ付き!
【施設名】ハイネケン・エクスペリエンス
【オランダ語名】Heineken Experience
【アクセス】ハイネケンプレイン駅下車すぐ
【営業時間】10時30分~21時00分
【料金】23ユーロ
【休日】無休

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する