• はてぶ
  • あとで
気軽に行けるのが魅力!女子旅で行きたい“アジア”の人気&おすすめ旅行先7選

“海外旅行に行きたい”とふと思うことってありますよね。今回は、気軽にサクッと行くことができる“アジア”の人気&おすすめ旅行先を紹介したいと思います。特に女子でも行きやすところを厳選したので、女子旅にもおすすめです。アジアは食べ物が美味しく、物価も基本的に安く、過ごしやすいです。あなたもぜひアジアに魅了されてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ソウル(韓国)

まず最初に紹介する女子旅で行きたいアジアエリアの人気&おすすめ旅行先は、韓国・ソウルです。超定番ですが、日本から飛行機で約2時間や物価が安いため、簡単に“海外旅行に行きたい”という気持ちを満たしてくれます。
もちろん観光スポットも盛りだくさんですが、最近流行っている韓国女子旅の過ごし方は、フォトジェニックなスポットで写真を撮ったり、美味しい韓国グルメを堪能したり、可愛いカフェに行くなどです。何度行っても楽しいソウルは気軽に行けるためおすすめです。

おすすめスポット▷梨花洞(イファドン)

そんなソウルの一押しスポットは、「梨花洞(イファドン)」というフォトジェニックなスポットです。別名「路上美術館」と呼ばれるほど、約80個もの壁画を楽しむことができます。フォトジェニックな写真をぜひ撮りに行ってみてくださいね。

詳細情報

②シンガポール

次に紹介する女子旅で行きたいアジアエリアの人気&おすすめ旅行先は、東南アジア「シンガポール共和国」です。“未来都市”というイメージがあるくらい、発展していて、過ごしやすい国で、アジアに抵抗を感じている女子も楽しめること間違いなしの旅行先です。
小さな国土の中に魅力がたっぷりと詰まっていて、フライトも6-8時間で、時差も日本の方が1時間進んでいるだけなので、弾丸旅行でも十分楽しむことができます。また、日本のような過ごしやすさなので、エスニック料理が苦手な方でも楽しめるアジアの国ですよ。

おすすめスポット▷アラブ・ストリート

そんなシンガポールのおすすめスポットは「アラブ・ストリート」。中でも注目なのはアラブ・ストリートのシンボル「サルタン・モスク」。金のモスクが美しいです。また、「アラブ・ストリート」は、壁に絵が書いてあったり、カラフルでかわいい「プラナカン様式」の建物が美しく、街自体がアートなので、おすすめですよ。

3 Muscat St, Singapore

3.10 9172

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

詳細情報

③バンコク(タイ)

次に紹介する女子旅で行きたいアジアエリアの人気&おすすめ旅行先は、タイ王国の首都であるバンコクです。物価も安く、フライトも6時間と近場で、日本の方が、2時間進んでいるだけなので気軽に行くことができます。
タイは気候面で不安定であったり、まだ発展途上の場所が多いのが正直なところ。それなので、そういったところで少し抵抗を感じている方よりかは、アジアの料理が大好きな方や、東南アジアに興味がある方におすすめです。ローカルな温かみを密に感じられます。

おすすめスポット▷マンゴタンゴ

そんなバンコクのおすすめスポットは、「Mango Tango(マンゴタンゴ)」というフルーツ好きにはたまたないお店です。フレッシュなマンゴーとマンゴープリン、マンゴーアイスがワンプレートになったものが一番人気で、日本円でも500円以下どいう安さです。

詳細情報

④台北(台湾)

次に紹介する女子旅で行きたいアジアエリアの人気&おすすめ旅行先は、台湾・台北です。台湾ブームが起こっているほど、ここ数年大注目の人気旅行先です。女子旅ですでに行ったことがある方も多いのではないでしょうか。
台北までは約4時間のフライトなので、気軽に行くことができます。日本語を話すことができる方が多いだけでなく、物価も安く、親切な方が多いので、海外旅行初心者でも楽しめること間違いなしの旅行先です。

おすすめスポット▷九份

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する