• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
修道院の面影を残す美術館!フランス・トゥールーズ「オーギュスタン美術館」

フランスの南西部にあるトゥールーズは、大都市でありながらどこかのんびりした雰囲気が漂う街です。歴史的にもかなり古く、石器時代の遺跡などが発掘されています。旧市街には中世の歴史的建造物が残り、レンガ製の建物が多いことから、通称バラの都市と呼ばれています。今回はそんなレンガ造りの建築物のひとつ「オーギュスタン美術館」をご紹介します。かつて修道院だった建物が、美術館として利用されている珍しいスポットです。今でも教会は残されており、人々の祈りの場と美術が融合された魅力あふれる美術館になっています。 このまとめでは、「オーギュスタン美術館」の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

オーギュスタン美術館とは

トゥールーズはフランスの南西部にある都市で、オートガロンヌ県の県庁所在地です。レンガを使った歴史的建造物が多いことから、別名バラ色の都市とも呼ばれています。キャピトル広場やサンセルナン大聖堂などの人気観光スポットがあります。素敵な街並みが話題を呼び、近年は益々観光客も増えてきました。今回はそんなトゥールーズにある「オーギュスタン美術館」をご紹介していきます。
「オーギュスタン美術館」は、修道院であった建物を改築して造られました。元々の修道院は1309年に建てられたもので、ゴシック様式の美しい内装でありました。古くなった箇所は修復しつつも、建物や内装はほとんどそのままで、今でも修道院時代の面影が残る素敵な美術館です。中世から近代美術まで、およそ4000点の作品が展示してあり、ロマネクスク様式の彫刻や、ゴシック様式の美術品まで楽しめます。このまとめでは、「オーギュスタン美術館」の魅力をじっくりとご紹介していきます!

オーギュスタン美術館の魅力① 修道院だった美術館

祈りの場はそのままに

元々は15世紀に建てられた修道院であった「オーギュスタン美術館」ですが、18世紀になり、美術館へと生まれ変わりました。礼拝堂はそのままにされているので、ステンドグラスやバラ窓など、当時の面影が残っています。

美しい回廊は時をとめたまま

ゴシック様式の美しい回廊には、オーギュスタン美術館が修道院だった頃の面影があります。中世の雰囲気がそのまま残されている感じですね。手入れされた美しい中庭は、薬草園もあるのだとか。かつての修道士たちも眺めたのでしょうか。時が止まった回廊でちょっとの間ひと休み。

ガーゴイル

修道院の回廊がそのまま残された場所には、ずらりとガーゴイルが並んでいます。ガーゴイルは大聖堂の雨どいしてよく知られていますが、こんなにたくさんのガーゴイルが展示されているのは、珍しいのではないでしょうか。上を向いて何やら叫んでいるようなガーゴイルたち!じっくり観察していきましょう。

オーギュスタン美術館の魅力② ロマネスク彫刻 柱頭彫刻の展示室

美術館に入って最初に目にとまるのがこちらの柱頭彫刻です。この美術館は、ロマネスク彫刻を所蔵していることが有名で、なかでもこの柱彫刻を目当てに来る観光客がたくさんいます。柱頭彫刻はおよそ11世紀から12世紀に造られたもので、こんなに美しく保存されているのは貴重ですね!
柱のひとつひとつに彫刻が施されています。ロマネスク様式の彫刻は、立体的に仕上げるために3頭身など、等身が少し変わった感じになっています。現代に近づくにつれ、彫刻はよりリアルになっていきます。そんな移り変わりも見られるのが、この美術館の魅力とも言えますね!

オーギュスタン美術館の魅力③ ゴシックから近代美術まで幅広く展示!

グラースの聖母像

オーギュスタン美術館でもうひとつ有名な作品がこちらの「グラースの聖母」です。聖母像は、15世紀に作られた作品です。近年損傷していた部分を修復し、現在の姿になりました。
色がはげ落ちていた箇所にも色が付けられ、当初の美しい聖母像に近づいています。

ゴシック彫刻

こちらの彫刻は作者不明ですが、15世紀に造られた「キリスト受難の光景」です。上記にあるロマネスク様式の彫刻とは変わって、人々の表情がより人間らしくなってきていますね。
こちらの像は「狩猟のニンフ」です。1888年に作られた近代美術の像ですが、この頃になると彫刻も躍動感が出てきていますね!オーギュスタン美術館のパンフレット表紙にもなっています!

オーギュスタン美術館の見どころ④ 2階絵画展示室

美術館の2階に上がっていくと、赤の部屋呼ばれる絵画展示室があります。真っ赤な壁にずらりと絵画が展示されていて、圧倒される雰囲気です!中には超有名画家の作品も展示されていますよ!古いものと新しい作品も、違和感なく展示されているのがこの美術館の魅力ですね。
美術館にはルーベンス、ドラクロワなど超有名な画家の作品が展示されています。ルーベンスはみなさんご存知の「フランダースの犬」に出てくる有名な画家です。この美術館にはそんな大物の作品も無造作に展示してあるので、うっかり見過ごしてしまうかもしれませんね。ご注意を!

オーギュスタン美術館へ行こう!

いかがでしたか?今回はフランスの「オーギュスタン美術館」をご紹介しました。
フランスへ旅行の際はぜひ、修道院の面影を残す魅力的なスポット、「オーギュスタン美術館」を訪れてみてくださいね!

基本情報

「オーギュスタン美術館」 Musee Des Augustins
【住所】 21 Rue de Metz, 31000 Toulouse
【電話】+33 5 61 22 21 82
【アクセス】メトロ「Esquirol」駅から徒歩3分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する