• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
SNS映え間違いなし!本当は秘密にしたい“ちょっと変わった”韓国のカフェ7選

お洒落で可愛いカフェが大注目の韓国では、お洒落なだけでなく“ちょっと変わったカフェ”がたくさんあるんです。友達に自慢したくなるような、とってもおもしろいカフェについてご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

韓国にはたくさんの“ちょっと変わったカフェ”が…

カフェ激戦区の韓国には、お洒落で可愛いカフェがたくさんあり、多くの観光客だけでなく地元の人から愛されています。そんな韓国のカフェの中には、お洒落で可愛いだけでなく、とってもユニークで“ちょっと変わったカフェ”がたくさんあるんです。ではご紹介していきます。

① Cafe Onion

最初にご紹介する「Cafe Onion(カフェ オニオン)」は、韓国国内に聖水洞(ソンスドン)、弥阿(ミア)、そして安国(アングク)の3つの店舗があります。3号店の安国店は、伝統工芸品がたくさん売られている、韓国の伝統を感じられるエリアとして有名な仁寺洞の近くにあります。
「Cafe Onion」の店内には、バリエーション豊富なパンやデザートが並んでいます。一番人気は、写真手前の、先がとがっていて粉砂糖がたっぷりかかっている「パンドーロ」というパン。もともとイタリア発祥の食べ物で、バターの深い味わいが口いっぱいに広がります。
2019年にオープンした3号店である安国店は、韓屋がリノベーションされたカフェで、内装や外観の至る所に歴史を感じることができます。そんなリノベカフェで座布団に座って、パンやデザートを堪能するのはまさに伝統とモダンが合わさったスタイリッシュなひと時になりそうです。

詳細情報

  • ソウル特別市 鍾路区 桂洞キル 5

② PEACH GRAY

「PEACH GRAY(ピーチ グレイ)」は、ドリンクが絵の具パレットの上に乗って提供されるとても斬新で一風変わったカフェです。こちらの絵の具は本物の絵の具で、オーダーを受け取るときにはがきと筆も一緒に渡してくれるので本当に絵を描くことができるんです!
絵を描くことについつい集中して時間を忘れてしまうほどです。お互いの似顔絵を描いてプレゼントしあったりするのもとても素敵ですね。店内は、白を基調としていて、絵や写真が無造作に壁に貼られていてアトリエのような空間になっています。
松坡(ソンパ)という駅が最寄り駅で、ソウルの中心的な観光エリアである明洞などからは少し離れていますが、現地の人にも大人気なカフェです。混雑していることもありますが、フードやドリンクは見た目もかわいらしく味も美味しいので、ぜひ一度足を運んでみてください。

詳細情報

  • 大韓民国 Seoul, Songpa-gu, Songpa-dong, 94, 1층
  • +82 2-412-2726

③ Mil Toast

「Mil Toast(ミル トースト)」はソウルの益善洞エリアにある、フレンチトーストや食パンが大人気なカフェです。入り口ののれんにはかわいらしい食パンイラストが描かれているなど、一風変わった形で食パンを味わうことができるカフェなんです。
こちらのお店では、食パンが蒸し器に入って提供されるんです。注文してからせいろで5分ほどパンが蒸されて運ばれてきます。パンはほかほかでとっても柔らかく、ちぎる感触がやみつきになってしまいそうです。一緒についてくる甘めのクリームを塗るとふわふわのパンとクリームの甘みで口いっぱいに幸せが広がります。
蒸し器が並べてある店内はまるで中華料理屋を思わせるような光景です。店内は、太陽の光が差し込む、白と木目調のシンプルな空間になっています。マロンミルクなどこちらのお店オリジナルのドリンクもあるので、広々とした店内でちょっと変わった蒸しパンとドリンクを堪能してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 大韓民国 ソウル 鍾路区 Donui-dong, Supyo-ro 28-gil
  • +82 2-766-0627

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

s_k可愛いもの大好き♡よく寝てよく食べよく遊ぶ、常にBE HAPPY!!!

このまとめ記事に関して報告する