• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ラファエル前派で有名「マンチェスター・アートギャラリー」の見どころ

マンチェスター・アートギャラリー(Manchester Art Gallery)は、イングランド北西部に位置する都市マンチェスター市の美術館で、中華街やピカデリーガーデンからもほど近いこともあり、年間50万人が訪れる人気のスポットです。1824年(江戸文政12年)に初めて一般公開されたマンチェスター・アートギャラリーは、19世紀初頭のヴィクトリア朝からラファエル前派などの絵画のほか、世界的にも評価の高いイギリスの歴史的な衣服や家具、モダンアートなどバラエティゆたかなコレクションが魅力です。

このまとめ記事の目次

マンチェスター・アートギャラリーとは

マンチェスター・アートギャラリー(Manchester Art Gallery)は、イングランド北西部に位置するグレーター・マンチェスターの都市マンチェスター市の美術館です。古代ローマ帝国の前哨地(マンクニウム)の砦がその起源とされるマンチェスターは、19世紀に産業革命で急成長を遂げた都市で、当時の面影を残す歴史的な街並みは世界遺産の暫定リストにもあげられています。
マンチェスター・メトロリンクの線路沿いに建ち、中華街やピカデリーガーデンからも近いマンチェスター・アートギャラリーは、ファサードに渦巻きの柱頭をもつ6本の柱とシンプルなペディメントが特徴的なルネサンス様式の建物です。それほど大規模な施設ではありませんが、見応えのあるコレクションで知られています。

2万5千点の収蔵品

1824年(江戸文政12年)にオープンし、年何50万人が訪れるマンチェスター・アートギャラリーは、3つの建物で構成されています。19世紀初頭のヴィクトリア朝から中期の1847年に発足したラファエル前派、モダンアートの優れた絵画コレクションをはじめ、対話型のコンピューター展示やクラフトコーナー、伝統的なイングランドの衣裳でコスプレができるコーナーなど、インタラクティブな展示で大人から子どもまで楽しめます。
収蔵品が25,000点を超えるマンチェスター・アートギャラリーの展示内容は幅広く、絵画やアンティーク・インテリア、工芸品のほか、紳士服や子供服など6世紀にわたるイギリスの歴史的なファッションに焦点をあてたコスチュームギャラリー(Gallery of English Costume)も充実しています。中でも世界的に高い評価を得ているというアクセサリーのコレクションや特別展示は必見です。

既成概念を否定する「ラファエル前派」

マンチェスター・アートギャラリーは、地元出身の印象派画家ウィンフォード・デューハースト(Wynford Dewhurst)や優れた詩人でもあったダンテ・ゲィブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)の作品をはじめ、ラファエル前期の見応えあるコレクションでも有名です。ラファエル前派は、それまでイギリスのアカデミーに長いあいだ蔓延していたルネサンス期のラファエロを模範とする風潮に反発する若いアーティストたちによって起こったムーブメントです。
グループとしては長続きしなかったラファエル前派ですが、その影響力は広く後世におよびました。膨大な収蔵品数を誇るマンチェスター・アートギャラリーの展示は常に更新され、何度訪れても常に新しい感動に出会えます。美しすぎる古典的な絵画も素晴らしく、見飽きることがありません。

代表的な所蔵作品

ラファエル前派(Pre-Raphaelite Brotherhood)の発足人のひとりであるダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)は、聖書や伝説をモチーフにした作品を多く残したロンドン生まれの芸術家です。マンチェスター・アートギャラリーには、シリアに伝わる伝統的な豊饒多産の女神がモデルとなった「アスタルテ・シリアーカ(1877年)」が所蔵されています。
裕福な家庭に生まれたフレデリック・レイトン(Frederic、Lord Leighton)の作品も見どころです。幼いころから世界中を旅して芸術家としての才能を開花させたレイトンは、オードリー・ヘップバーン主の映画「マイ・フェア・レディ」の登場人物で、言語学者ヒギンズ教授のモデルといわれている芸術家で、名画「フィレンツェの通りを行列によって運ばれるチマーブエの聖母」がビクトリア女王に買い上げられたことから一躍有名になりました。無料のガイドツアーに参加すれば作品についての詳しい歴史なども学ぶことができます。

いかがでしたか

マンチェスター・アートギャラリーをご紹介しました。イギリス国内の他の施設と同じく入場が無料です。カフェやギフトショップも併設していますので、周辺観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか。

基本情報

所在地:Mosley Street, Manchester M2 3JL
TEL:+44 161 235 8888
営業時間:10:00~17:00
料金:無料
定休日:なし
アクセス:バス停adj Princess Street/Chinatown下車

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する