• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然豊かな商業の街!福岡県小郡市!おすすめのお祭り・イベント5選

福岡県小郡市のお祭り・イベントをまとめます。小郡市は、市域に二つの高速道路が走り、市内及び鳥栖にインターチェンジが建設されたことで、短時間で広範囲の都市との連絡を可能にしました。鉄道では、西鉄天神大牟田線で7駅、甘木鉄道では5駅があり、交通の利便性が高い都市です。商業は、交通の利便性にも関係しますが、商業エリアが変化しており時代の流れに即応した商店街の形成や商業の活性化等が課題となっています。観光では、豊かな自然と豊富な埋蔵文化財なと、自然資源、歴史資源やお祭り・イベントと連携した観光振興策が期待されます。

このまとめ記事の目次

福岡県小郡市とは

そば処武蔵 小郡店

小郡市は、福岡県中西部にあり、1972年に市制施行しました。市域には宝満川の沖積低地が広がり、北部は緩やかな起伏の丘陵地となっています。鉄道や国道、鳥栖ICに近く交通の利便性が高いところです。大規模団地が造成され、福岡市の衛星都市として発展しています。

縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳をはじめ多くの遺跡・古墳が点在し、日本書紀にも記されています。筑前・筑後・肥前の境界にあり、太宰府にも近く古くから交通の要衝でした。奈良時代、江戸時代には宿場町として栄えていました。

農業は小郡市の基幹産業で、米作を初め、花卉栽培、野菜栽培、畜産業などが行われています。お祭り・イベントも継承されていますが、農業を取り巻く環境は年々厳しさが増し、農業の持続的発展を図るため、農村と都市住民との交流が課題となっています。

1.夢HANABI【福岡県小郡市豊満川河川敷】

福岡県小郡市で開催される「夢HANABI」について紹介します。このお祭り・イベントでは、毎年恒例の小郡の花火大会で約8,000発が打ち上げられ「郷土愛」がテーマです。仕掛花火のナイアガラも迫力満点ですが、スターマインの連続打上も大輪も素晴らしい絵模様です。

花火大会当日には、河川敷で見物できますので、敷物又は簡易のおりたたみ椅子がおすすめです。有料観覧席はありませんが、宝満川の川下り「どんこ船」に乗って花火見物もできます。予約すれば乗船できます。

花火大会は19時45分から21時まで行われますが、会場付近には露店が軒を連ねて出店しています。かき氷、から揚げ、水ヨーヨー、綿菓子などが、小郡市内外の見物客で大賑わいを見せています。来場には、大変混み合いますので公共交通機関の利用をおすすめします。

基本情報

【名称】夢HANABI
【開催日】毎年8月上旬 開催日については問合せ先へ確認して下さい。
【会場】小郡運動公園前(宝満川河川敷)
【問合せ先】みい青年会議所
【電話番号】0942-72-8137

2.小郡市民まつり【福岡県小郡市西鉄小郡駅前】

福岡市で開催される「小郡市民まつり」について紹介します。このお祭り・イベントは、出逢いと巡り会いを大切にする「市民まつり」で年に一度の大イベントです。西鉄小郡駅前通りは、屋台が軒を並べ、その先には特設ステージが設けられます。

ステージイベントの、「なんでん!おどりんしゃい!」のコーナーでは、園児の可愛いダンス、きれいな衣装で艶やかな踊りのフラ、魅惑的なベリーダンス、創作ダンスやよさこい踊りなど、いろいろなダンスが披露されます。

吹奏楽の共演では、地元の中・高生がパワフルな曲を演奏し、続いて楽しい演奏を自衛隊小郡駐屯地の隊員さんが披露します。迫力ある七夕伝説にまつわる演奏を「おごおり七夕太鼓白鷺会」が披露し、市民総踊り(小郡音頭・炭坑節・オアシス音頭)でまつりが最高潮です。

基本情報

【名称】小郡市民まつり
【開催日】毎年8月下旬 開催日については問合せ先へ確認して下さい。
【開催場所】西鉄小郡駅前通り
【問合せ先】小郡市民まつり実行委員会(小郡市商工会内)
【電話番号】0942-72-4121
【アクセス】西鉄小郡駅よりすぐ

3.筑後松崎油屋のひなまつり【福岡県小郡市松崎】

※イメージ画像

※イメージ画像

福岡県小郡市で開催される「筑後松崎油屋のひなまつり」について紹介します。このお祭り・イベントは、小郡市に市民などから提供された「ひな人形」が「松崎油屋の保存と活用を考える会」、NPO法人「小郡市の歴史を守る会」と「小郡市教育委員会」の主催で展示されます。

中油屋の座敷の中には、沢山の雛人形が飾られています。貴重で古い歴史を感じさせる雛人形、大正時代のもの、昭和初期のもの、現代のものまで展示されています。時代の移り変わりで、顔かたちが違ってきていることや人形の構成が変わってきています。

地元「さくら会」の方からお茶の接待を受け、「小郡市の歴史を守る会」の方から詳しい説明を聞きながらゆっくりと雛人形の数々を鑑賞できます。薩摩街道の宿場町にいらっしゃいませんか。歴史香る松崎へ、もう春の花が咲きはじめています。

基本情報

【名称】筑後松崎油屋のひなまつり
【開催期間】毎年3月中旬~4月上旬 開催期間については問合せ先へ確認して下さい。
【会場】旧旅籠油屋座敷(中油屋)
【問合せ先】NPO法人小郡市の歴史を守る会
【電話番号】0942-80-1920
【アクセス】国道500号線「松崎」信号の南100m(三井水道企業団の南)、九州横断自動車道「筑後小郡」ICより車5分、甘木鉄道「松崎駅」より徒歩5分

4.如意輪寺火渡り【福岡県小郡市横隈】

福岡県で開催される「如意輪寺火渡り」について紹介します。このお祭り・イベントでは、毎年1月17日に如意輪寺境内で、無病息災を祈願する「初観音・紫燈護摩供火渡り」が行われます。年の最初の行事として、一年を無事に過ごすため、火渡りの行は神聖なものです。

境内広場の中央に、直径2m、高さ3mほどに積み上げられた護摩壇に、多くの参拝客が見守る中、ヒノキの枝葉を燃やし、その炎の中に護摩木や注連飾りを投じ、ホラ貝や太鼓・鉦を打ち鳴らしながら読経を行い、無病息災・家内安全などを祈願します。

火渡りの行は、887年に京都の金峰山で、毒蛇を追い払うために利源大師が樹葉をいぶしたのが始まりと伝えられる「紫燈護摩」に起源があると言われます。護摩壇が燃えた後の灰の上を、僧に続き裸足で歩き、一年の無病息災と幸福を祈願します。

基本情報

【名称】如意輪寺火渡り
【開催日】毎年1月17日
【場所】如意輪寺
【問合せ先】如意輪寺(小郡市横隈1729)
【電話番号】0942-75-5294

5.オータムフェスタ【福岡県小郡市生涯学習センター】

福岡県小郡市で開催される「オータムフェスタ」について紹介します。このお祭り・イベントは、小郡市内のスイーツショップが「恋人の聖地おごおり」にちなんだ限定「恋人の聖地PRスイーツ」を販売します。同時開催で、小郡フリーマーケット七夕市が催されます。

七夕広場では、市内の飲食店が「IPPINグランプリ」という名称で、小郡市の美味しい食材を使った逸品料理で競い合います。ほうれん草チキンカレーとナン、鴨ごはん、タコス、肉巻おにぎり、三国焼、ケバブサンド、小郡からあげ三種味などがあります。

スイコレ出店は、荒巻養蜂場、御菓子処やかべ、Bleu Champs、ふなき、レープ・ド・ペペ、ミニョン、ガレット、カプリス、志波まんじゅう、たまごらんど、里鎌屋、Morrow珈琲などがスイーツを販売します。オリジナルスイーツを満喫して下さい。

基本情報

【名称】オータムフェスタ
【開催日】毎年11月下旬 開催日については問合せ先へ確認して下さい。
【場所】生涯学習センター
【問合せ先】小郡市観光協会
【電話番号】0942-72-4008

いかがでしたか?

福岡県小郡市のお祭り・イベントを紹介しました。小郡市は交通の利便性が高く、福岡市や久留米市などの通勤者にとっては良いところです。もちろん観光にもおすすめです。気軽に訪れることができる福岡県小郡市に遊びに行ってみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する