• はてぶ
  • あとで
サンパウロのランドマーク「カテドラル メトロポリターナ」の見どころ

「カテドラル メトロポリターナ(Catedral Metropolitana de São Sebastião do Rio de Janeiro)」は、南米ブラジルの南東部の都市サンパウロでもっとも有名な観光スポットのひとつで、サンパウロ中心部のセントロ歴史地区にあります。地下鉄を降りてセー広場に向かう途中に見えてくるふたつの尖塔と巨大なドームは、この街のどこからでもよく見えるランドマークです。世界大戦の中で建設が計画され、設計から40年後の1954年(昭和29年)に完成したカテドラル メトロポリターナをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

カテドラル メトロポリターナとは

カテドラル メトロポリターナ(Catedral da Sé, Sao Paulo)は、南米ブラジルの南東部に位置する都市サンパウロでもっとも有名な建築物で、サンパウロの中心に位置する歴史地区セントロ旧市街のランドマーク・タワーです。地下鉄のセー(Sé)駅から徒歩3分ほどの場所にあり、付近にはセー広場(Praca da Se)やアジアン・タウン(Bario Oriental)などが所在しています。
南国情緒たっぷりのパームツリーが並ぶ「セー広場」は、カテドラル メトロポリターナへのアプローチです。広場の中心に建つ6角形のモニュメント「マルコ・ゼロ(Marco Zero de São Paulo)」は、サンパウロの中心を示す方位基点です。のんびりと景観を眺めて過ごしたいところですが、ホームレスが多いので記念撮影は手短かに済ませましょう。

2つのタワーと巨大ドーム

収容人数約8,000を誇る南米最大級の教会堂として知られるカテドラル メトロポリターナは、工期中に第一次世界大戦、第二次世界大戦を経験し、着工から40年後の1954年(昭和29年)になって完成しました。

ネオゴシック様式の鋭い尖塔とルネサンス様式の巨大なドーム屋根が印象的なカテドラル内部には歴代のサン・パウロ司教やチビリサー酋長が葬られていて、年中お祈りを捧げる人の姿が絶えません。
カテドラル メトロポリターナの巨大なドームの直径は約27メートル、高さ65メートルにもおよび、建物内部にはサンパウロの歴史を描いたステンドグラスが施されています。サンパウロ市制400周年を記念してお披露目されたときに未完成だったふたつの塔は、完成までさらに13年を要し1967年に竣工しました。

ネオゴシック様式の大聖堂

カテドラル メトロポリターナの建設用資材には、およそ800トンの大理石が使われているといわれています。ステンドグラスを通して差し込む自然光が、白い大理石の内装を鮮やかに染め上げ、荘厳で幻想的な空間を演出します。列柱が並ぶコロネードはたくさんの柱を束ねたようなデザインのピア形状で、石造りとは思えない透明感と軽さが表現されると同時に、天井の高さがより強調されています。
長く伸びた身廊やヴォールト天井、大きな明り取りの窓に配されたステンドグラスなどが特徴の荘厳なゴシック様式です。さらに内部には、聖母子像や聖パウロを象ったモザイク壁画、数多くの天使たちのモニュメントなども見られます。合計61個あるという鐘の音は、12時と16時の一日2回聴くことができます。

褐色の聖母

中央祭壇の脇に佇むのは、サンパウロ州のアパレシーダに現れたとされることから褐色の聖母とも呼ばれ、キリスト教公認のブラジルの守護聖人として人びとの信仰を集めている“アパレシータの聖母マリア(Nossa Senhora da Conceição Aparecida)です。

熱心な信者には何でも願いを叶えてくれますが、少しでも疑念を抱くなど失礼なふるまいをすれば、厳しい罰が降ると信じられているのだそうです。
カテドラル メトロポリターナでは、2000年(平成12年)から3年の工期をかけて改修工事が行われました。現在見られるカテドラル メトロポリターナは、このとき教会内で発見された当時のオリジナル設計図をもとに改修されたものです。南米最大級といわれるオルガンは、イタリアから船で運ばれてきたものです。

いかがでしたか

カテドラル メトロポリターナをご紹介しました。周辺は屋台やショップが軒を連ねる賑やかなエリアでたいへん活気があります。一方でリオデジャネイロの治安が改善された分、こちらにしわ寄せが来ているとの噂もあり、スリや置き引きなどには注意が必要です。

基本情報

所在地:Praça da Sé - Sé, São Paulo - SP, 01001-000
TEL:+55 11 3107-6832
営業時間:8:00~19:00(曜日により異なります)
料金:無料
アクセス:地下鉄セー駅下車

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する