• はてぶ
  • あとで
パスポートは不要!東京都内の“海外のような”スポット&カフェ10選

東京都内には、まるで海外にいるような気分になれるスポットやカフェがたくさんあります。お金がなかったり、パスポートが切れていたり、一歩踏み出せなかったり、忙しかったりなどで、海外に行けない方にオススメ&人気です。ぜひフォトジェニックな写真をたくさん撮ってみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ラ・ヴィータ / 自由が丘

まずご紹介するのは自由が丘にある「ラ・ヴィータ」です。こちらは"日本のベネチア"と呼ばれているスポットで、洋風の建物と運河、そして可愛らしい橋が異国情緒あふれる雰囲気を作り出しています。写真を撮りに来る方も多いそうですよ。
ベンチなどでのんびりすれば、海外旅行に来たような気分になること間違いありません。ラ・ヴィータには、全部で8つのテナントが入っていて、革製品を扱っているお店やトルコのインテリア用品店などがあるので覗いてみても楽しいかもしれません。

詳細情報

②高輪プリンセスガルデン / 品川

続いてご紹介するスポットは、港区にある、中世のドイツの街並みが再現された「東京プリンセスガルデン」です。ドイツ語で“かわいいお姫様の庭”という意味で、その名の通り石畳やカラフルな建物がとても可愛らしいスポットです。
シャンデリアが輝くコンサートホールに、ウエディングチャペル、レストランが併設されている高輪プリンセスガルデンはロマンティックなデートスポットとしても最適です。ぜひおしゃれな写真を撮りにおでかけしてみてくださいね。

詳細情報

③汐留シオサイト5区イタリア街 / 汐留

続いてご紹介するのスポットは、「汐留シオサイト5区イタリア街」です。日本テレビの入ったビルもある汐留シオサイトは、1区から5区までに区分けされていて、それぞれ特色のある区となっており、5区はイタリアをイメージしています。
イタリアのような雰囲気で、カラフルな可愛い建物が並んでおり、思わず写真を撮りたくなってしいます。夜になるとまた雰囲気が変わり一気にロマンティックな雰囲気に。デートにもぴったりですね。イタリアンレストランのお店もあるので、イタリア気分のまま食事を楽しめます。

詳細情報

④食と緑の空中庭園 / 池袋

続いてご紹介するスポットは、西武池袋本店の9階、屋上フロアにある「食と緑の空中庭園」です。こちらにはモネの代表作『睡蓮』をイメージした「睡蓮の池」が存在するのです。大都会池袋にあるとは思えない美しさです。
植物の溢れる園内で、色とりどりの草花が咲き乱れています。大きな池には沢山の睡蓮が植えられており、華やかで幻想的です。そしてこの空中庭園には、食事のできるエリアもあり、美しい庭や青空を眺めながら、ご飯を食べることができます。非日常な気分に浸れること間違いありません。

詳細情報

東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店9階

3.76 11102

⑤ブラームスの小径 / 原宿

続いてご紹介するスポットは、原宿にある「ブラームスの小径」です。こちらは竹下通りから少し外れたところにあり、緑に囲まれていて、おしゃれな赤レンガ造りの建物が並びます。原宿の賑やかな雰囲気から一転して静かなヨーロッパのような風情を感じることができます。
レストランやカフェが充実していて、結婚式などにも人気のスポットなんだとか。また、アンティーク調の美しい噴水もあり、フォトスポットです。夜になるとまた違ったロマンチックな雰囲気なので、ぜひ昼も夜も訪れてみてくださいね。

詳細情報

⑥東京ジャーミイ・トルコ文化センター / 代々木上原

続いてご紹介するのは、「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」です。この建物はイスラム教のモスクであり東京にいながら、まるでトルコに行ったような気分になれるスポットなのです。モスクの天井に描かれた模様は大変美しく、思わず目を奪われます。
無料で案内をしてくれるツアーもあるので、参加してみてはいかがでしょうか。イスラム教の文化を学ぶことができますよ。なお、現在も使われている宗教施設であるため、訪れる際はマナーを守って見学してくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する