「好き」の代わりにシャッターを。恋人の写真を撮りたい日本全国のスポット11選

二人で街中を歩いている時、ふとした瞬間、恋人の横顔とその風景を撮りたくなることはありませんか。素敵な景色を背景にしたら、いつもとは違った表情が見れて、より一層恋人の魅力が深まるはず。そんな恋人のことがもっと好きになる、カメラを持って出かけたい素敵な日本の絶景スポットを紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①ひがし茶屋街(石川)

まず初めに紹介するのは、石川県金沢市の「ひがし茶屋街」です。近年、北陸新幹線の開通で、観光地としての人気が高まってきている石川県。「兼六園」や「21世紀美術館」など、カップル旅行でいきたいスポットがたくさんあります。
金沢市にある「ひがし茶屋街」は、情緒ある街並みが広がっており、より一層魅力的な恋人の姿を見ることができるはず。通り沿いに立ち並ぶ素敵な茶屋で舌鼓を打ち、ゆったりと散策してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

②尾道(広島)

続いて紹介するのは、広島県の「尾道」です。瀬戸内海に面している街で、『時をかける少女』の舞台となったことでも知られています。「文学の街」「映画の街」「坂の街」と呼ばれることも多く、好きな作品にゆかりのあるスポットを巡って見るのもオススメです。
そこに住む人々の生活を感じられる、決して寂しくはないけれど、どことなく静寂感漂う街。きっと、恋人と二人きりの世界に没入することができるでしょう。そんな、いつもとは違った“文学チック”な恋人の表情を見逃さずに焼き付けましょう。

詳細情報

③北川村「モネの庭」マルモッタン(高知)

続いて紹介するのは、高知県安芸郡にある「モネの庭」です。こちらはモネがとても大切にしていたフランスにあるジヴェルニーの庭がモデルになった庭で、日本にいながら西洋の雰囲気を味わえる場所です。
園内は水の庭、花の庭、光の庭と3つのエリアに分かれています。特に水の庭は、モネの絵そのもの。絵の世界に入った気分になれます!非日常的な西洋の世界観の中でまるで恋人が絵画の主役になったかのような写真を撮ってみてください。

詳細情報

④汐留イタリア街(東京)

続いて紹介するのは、東京都港区の「汐留イタリア街」です。ビルが立ち並ぶ汐留の一角に作られた、まるでイタリアのような街並み。オシャレで異国情緒漂う、ロマンチックなスポットです。
石畳みが敷かれ、色とりどりの西洋風の建物が立ち並ぶ姿はとっても素敵。東京にいながらにして、芸術と情熱の国、イタリアにいるような錯覚に陥ります。こんなロケーションならば、きっと恋人と二人で海外旅行をしているような画が手軽に撮れますね。

詳細情報

⑤国営ひたち海浜公園(茨城)

続いて紹介するのは、茨城県の「国営ひたち海浜公園」です。ネモフィラやコキアが有名なスポットです。空にも負けないほど美しい景色が広がっています。思わず圧倒されてしまうほどの迫力です。
こんなどこまでも広がる花畑を、恋人と二人で楽しめたらどんなに素敵な時間を過ごせることでしょうか。きっと、まるで絵画のような美しい画を撮ることができるはずここでしか味わえない景色を味わいましょう。

詳細情報

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

4.57 1306864

⑥銀山温泉(山形)

続いて紹介するのは、山形県の「銀山温泉」です。まるで大正時代にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな景色が広がっています。近くには滝のある公園があり自然に囲まれたゆったりとすることのできる場所でもあります。
温泉に浸かったり、食べ歩きをしたりとこの街の楽しみ方はたくさんありますが、大正ロマンの雰囲気に浸りながら、いつもは見ることのできない恋人の表情をレンズ越しに見つめてみてはいかがですか?

詳細情報

予約する

山形県尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

4.54 421411
能登屋旅館さんに宿泊しました

大正時代の雰囲気が味わえる銀山温泉。 町が観光スポットという、散歩だけで楽しい場所でした。 見て回るところはそんなにたくさんないですが、奥の方には滝もあり、ゆっくり山登りもしました。 工事中であったので、奥の方は諦めたのですが、ゆっくりゆっくり回って2時間ほど楽しめました。 山登りとかしない方には観光の時間は1時間もいらないかなという感じですが、お土産屋さんやお酒屋さん、喫茶店のようなところもあり、ゆっくり過ごすにはとても最適なところでした。 昼と夜では雰囲気も全く異なり、1日で2度美味しい場所でした。 冬には雪が積もるようで、また一味違う雰囲気を味わうことができると聞いて、また冬にも行きたいなと思いました。 旅館の浴衣、下駄を履いて散歩するのもとても趣があり楽しかったです。 私は体験していませんが、大正時代の衣装の貸し出しをしているところもあるそうですよ。 能登屋旅館さんはとてもアットホームな雰囲気で、チェックインからチェックアウトまで良い対応をして頂きました。お食事も大変美味しかったです。 温泉は予約制で貸切のところや、空いてたら貸切ができて入れるという温泉、大浴場と3種類もあり、部屋食もできるのに20000円程の宿泊料でした。とてもリーズナブルで大変貴重な体験ができたと思います。

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事