• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
荒々しい大自然を実感!日高・襟裳の楽しみ方20選

日高・襟裳エリアは峻険な日高山脈が海に沈みこむ、荒々しい自然が広がるところです。太平洋から強い風が吹きすさぶことでも知られ、襟裳岬の「風の館」では、風速25mを超える風や特有の霧を体験するなどの楽しみ方ができます。二十間道路桜並木は7kmも続く日本一の桜並木といわれ、約1万本ものピンクの道が続く光景は幻想的です。黒潮と親潮がぶつかるため海の幸が豊富で、最近では「えりも短角牛」などのグルメも評判です。日高・襟裳は「何もない春」と歌謡曲に歌われますが、雄大な自然をはじめさまざまな楽しみ方ができるエリアです。

このまとめ記事の目次

◎大自然を楽しむ

1.襟裳岬(えりも町)

襟裳岬では日高山脈が岬の先端まで続き岩礁となり、そのまま太平洋に沈んでいく雄大な大自然を堪能することができます。岬の先端に立てば、風と波の音を肌で感じ、北海道に来たという実感がわくことでしょう。日高・襟裳を走る国道336号線は黄金道路といわれ、海岸線が続き都会では考えられない別世界の楽しみ方をすることができます

スポット情報

  • 北海道幌泉郡えりも町えりも岬

2.豊似湖(えりも町)

豊似湖(とよにこ)は周囲が1kmの日高管内では唯一の自然の湖で、原生林に囲まれた静寂の中に佇んでいます。上空から見るとハート形をしていることからハートレイクとも、馬蹄に似ていることから馬蹄湖とも言われています。道路は未舗装であり、大自然を感じながら訪れるのも日高・襟裳の楽しみ方の一つと言えます。

スポット情報

  • 北海道幌泉郡えりも町目黒 豊似湖
  • 01466-2-4626

3.悲恋沼(えりも町)

悲恋沼は茫洋として広がる百人浜にある周囲が400mほどの小さな沼です。襟裳岬に向かう途中にあり、駐車場からは遊歩道を歩いて展望台を訪れることができます。展望台からは荒涼とした景色が広がり、この池にまつわる和人の青年とアイヌの娘の悲しい物語を思い起こすことでしょう。

基本情報

【名称】悲恋沼
【住所】幌泉郡えりも町庶野
【電話】01466-2-4626

◎眺望を楽しむ

4.風の館(東洋)

襟裳岬は強風で有名なところですが、風をテーマにした「風の館」はカルマン渦をイメージして作られ、風速25mの風を体験することができます。この施設は襟裳岬灯台の明かりを遮らないようにまた景観を損なわないよう、地下に埋設して作られています。もう一つの楽しみ方は展望台から見るゼニガタアザラシで、望遠鏡でその姿を観察することができます。

スポット情報

  • 北海道幌泉郡えりも町東洋南東洋366-3
  • 0146631133

5.襟裳岬灯台(東洋)

襟裳岬の先端に位置する襟裳岬灯台は真っ白な大きな灯台で、日高・襟裳エリアのシンボルとなっています。この灯台は太平洋戦争で壊滅しましたが、1950年に再建され日本灯台50選にも選ばれています。先端の岩礁や海食崖ははるか遠く太平洋が広がり、まさに大自然の雄大さを感じることができるでしょう。

スポット情報

  • 北海道幌泉郡えりも町東洋

6.観音山公園展望台(様似町)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する