• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
アルハンブラ宮殿を見たらここも!緑と花と水の癒しの空間「アセキアの中庭」

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿。こちらには細かな彫刻が施された宮殿と緑と花が美しい庭園が広がっています。ここではそんなアルハンブラ宮殿の観光とともにおすすめしたい「アセキアの中庭」についてご紹介します! アルハンブラ宮殿と言えば、グラナダの代表的な観光スポットであり、世界遺産でもあります。とても広い宮殿の中はどこを見ても絵になるような景色が多く見られ、写真映えもするのでカメラ好きの方にもおすすめです。そして今回ご紹介する「アセキアの中庭」はアルハンブラ宮殿近くのヘネラリーフェ離宮にあり緑に囲まれたとても癒される景色が広がっています。では早速、おすすめポイントについて詳しくご紹介しますね!

このまとめ記事の目次

はじめに

スペイン南部のグラナダにある人気の観光地、アルハンブラ宮殿。こちらは世界遺産にも認定されており、宮殿と一言に言っても城塞も含め様々な建物の複合体となっています。写真からもわかるように非常に見応えがありそうですね!
またそれぞれの建物が建てられた時代も異なるため、それぞれの時代の背景によって様式なども異なります。アルハンブラ宮殿を見ることによって、何世紀もの歴史を学ぶよい機会にもなります!
そんなアルハンブラ宮殿近くにある「アセキアの中庭」。宮殿より少し歩くと、ヘネラリーフェ離宮があり、その中の庭園のことをいいます。緑が多く、水の流れも工夫されており、癒しの空間が広がっています。とても絵になる庭園なのでぜひ訪れて頂きたいところです!

おすすめポイント①世界遺産でもある景観の美しさ!

アルハンブラ宮殿はイスラム教の栄えていた時代に建てられたもので、スペイン内のイスラム建築の中では最高の建築物だと称えられています。その中でも、最後の王朝となったナスル朝宮殿は見逃せないものとなっています。
そのナスル朝時代の14世紀始めに建てられたのがヘネラリーフェ離宮であり、こちらはアルハンブラ宮殿より丘の方へ少し歩いたところに建てられています。夏の離宮と呼ばれていますが、この代表的な景色として挙げられるのが「アセキアの中庭」です。
アルハンブラ宮殿では荘厳な宮殿とともにアシンメトリな景色が広がっており、美しい景観を楽しめると思いますが、こちらのヘネラリーフェ離宮では少し異なった癒しの景観を楽しむことができますよ。
「アセキアの中庭」を始めとして、そこには様々な水の仕掛けがあるのです!詳細は次項にて説明しますが、そこには当時の人々の技術や知恵が詰まっています。ぜひ余すことなく隅々までご鑑賞くださいね。

おすすめポイント②様々な水の仕掛け

「アセキアの中庭」があるヘネラリーフェ離宮には様々な水の仕掛けがあります。階段状に流れる水路、緑の中心を流れる水や噴水など、至るところにあります。こんなに水を感じられるのはこのヘネラリーフェ離宮が夏の離宮と呼ばれることと関連しており、またアセキアという言葉には水路という意味があるようです。
というのも、グラナダの夏は雨が少なく、乾燥しているので、夏にはこのように身近に水の音や流れを感じられるようにして、少しでも涼を感じられるようにしたと言われています。確かに夏には、水が必要不可欠ですよね。
またこの水はネバダ山脈から引いてきているとも言われ、外部からひいているのでとても経済的で、様々な水の仕掛けにはナスル朝のイスラム様式を生かした技法が使われています。「アセキアの中庭」では単に景観を楽しむだけではなく、水の流れを辿っていくのも楽しいかもしれませんね!

おすすめポイント③緑と花に囲まれた心落ち着く空間

先程は水の仕掛けについてお伝えしましたが、もう一つの癒しといえば、緑と花です!庭園には欠かせないものですよね。アルハンブラ宮殿でも美しい緑や花があったと思いますがヘネラリーフェ離宮内でも楽しむことができます。
「アセキアの中庭」で見られる緑にはアラヤネスの生垣、オレンジの木、杉やバラなどがあるようです。残念ながら、当時のまま残されている訳ではなく、時代と共に植物も変わってきました。植物と同様、建物の部分も変わっているところがあるようです。
様々な水の仕掛けと同様に、計算された配置の植物たち。これが心落ち着く癒しの庭園「アセキアの中庭」を作り出しています。ここは絶好の撮影スポット!色んな角度から撮ってみてくださいね!

おすすめポイント④アルハンブラ宮殿が一望できる!

「アセキアの中庭」があるヘネラリーフェ離宮は少し高い丘の上にあるとお伝えしましたが、そのためヘネラリーフェ離宮からは広大なアルハンブラ宮殿が一望できるのです!この景色もなかなか眺めがよいものですよ。
それだけではなく、ヘネラリーフェ離宮からはグラナダの街並みも見渡すことができます。「アセキアの中庭」で、夏に涼しい水の音を聞き、緑と花にあふれたこの空間を散歩しながら、荘厳な宮殿やグラナダの街並みを眺めるなんてとても優雅ですよね!
ヘネラリーフェ離宮は個人の所有であった期間もあり、当時のまま残っているわけではなく、補修されたところもあるようです。それでも様々な景色からイスラムの文化が感じ取れる、歴史を感じれるところですね。

おわりに

いかがでしたか?アルハンブラ宮殿やヘネラリーフェ離宮を見ていくと、歴史的な背景と宗教的な文化を感じることができますよね。日常ではなかなか感じられないことです。ぜひ「アセキアの中庭」で非日常的な体験をしてみてくださいね!
時代背景は異なりますが、建築が好きな方だったり、カメラが好きな方には非常にたまらないスポットとなっております!何か実生活に生かせる発見があったり、ただのんびりと眺めて当時の王族が何を考えていたのかなど色々と想いを馳せてみたりと楽しみ方は何通りもあります。自分なりの楽しみ方を見つけてくださいね。

詳細情報

施設名:アセキアの中庭
住所:Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, スペイン(アルハンブラ宮殿)
電話:+34 958 02 79 71
営業時間:
【昼の部】 8:30~14:00、 14:00~18:00(10月15日~3月14日)/14:00~20:00(3      月15日~10月14日)※庭園見学含む
【夜間の部】
 ナスル朝宮殿見学:10月15日~3月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
          3月15日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 庭園見学:3月15日~5月31日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
  9月1日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 10月15日~11月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
入場料金:昼の部は14€/12歳未満無料、12-15歳8€
      ナスル朝宮殿夜間見学は8€/12歳未満無料
      ヘネラリーフェ夜間見学は5€/12歳未満無料
   庭園、アルカサバ、ヘネラリーフェ見学は7€/12歳未満無料
※最新の情報をご確認ください。
  • Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, Spain
  • +34 958 027 971

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する