• はてぶ
  • あとで
すべてが黄金色!東京都内から日帰りでも行ける“黄金崎 馬ロック”とは

都内から日帰りで行ける絶景スポットはたくさんありますが、ここもまた美しい景色を見ることができるんです。夕日が沈むころ、辺り一面が黄金色に輝く瞬間は心奪われること間違い無し。ぜひこの絶景をあなたの目で見てみてください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

黄金崎とは...?

黄金崎(こがねざき)とは、西伊豆にある夕日の美しいスポット。その名の通り、夕日が沈む瞬間には、周囲一面が黄金色に輝くことで観光地として有名なスポットなんです。

でも、夕日だけじゃない美しいスポット

ここ黄金崎公園には、夕日だけではなく様々な絶景、遊べるスポットがあるんです。夕日の前にちょこっと公園内のご紹介を。
PIXTA
目の前に広がる駿河湾は青く光り、透き通った水面が海の綺麗さを際立たせます。目の前には島も何もなく、地球が丸いというのを実感できるほど、海が一面に広がって美しいんです。

こちらは日本奇岩百景の「馬ロック」。その名の通り、岩全体が馬の形に見えますよね。そして実はここ、目の前の海に海底金塊が眠ると言われており、その上に立つ馬の岩は特に勝負運に強いとされ、パワースポットにもなっているんだとか。

遊歩道を先に進むと1番奥には「富士見の丘」があります。ここからは富士山を望むことが出来るため、晴れた日のお昼間はここで富士山と青く光る海を眺める人たちも多いんです。
PIXTA
黄金崎公園には、花畑もあり、暖かい季節には、花が咲き誇り、空と海の青さと美しい景色になるんです。春には、桜も咲くのでお花見することもできちゃいます。
その他にも黄金神社や、夫婦椿などいろいろなスポットがあるので、夕日が沈む時間よりちょっと前に来て、少しゆっくり見て回るのもおすすめ。

何時ごろが1番美しく見れるの?

実はここ黄金崎は1年を通してこの美しい夕日を見ることができます。ただし、季節によって日が落ちる時間や方向が違うので必ず時間をチェックしてから行きましょう。

そして、夕日を美しく見るなら、黄金崎公園内の「展望台」、「サンセットデッキ」、「富士見の丘」がおすすめ!日の入り時間ちょうどではなく余裕を持って行くことをおすすめ。時期によっては、人がたくさんいる場合もあるので、ベストポジションを狙いましょう!

絶景の夕日がこれ!

夕日がゆっくりと沈むのに合わせて、海一面、黄金色に輝きます。その瞬間は息を呑むほどの絶景が目の前に広がります。

夕日ならではのオレンジ色の美しさがが空・海・周囲の岩山を黄金色に輝かせます。
PIXTA
黄金色に輝く馬ロック。奥には富士山も見え、本当に美しい景色広がります。

アクセスは?

車で行くなら新東名高速道路で高速長泉沼津ICまで行き、伊豆縦貫道を進み、都内から約2時間半ほどで行くことができます。

黄金崎公園には2ヶ所駐車場がありますが、展望スポットすぐ近くの駐車場は10数台しか止められないので、近くに止めたい場合には、時間に余裕を持っていきましょう。少し離れたところにはなりますが、大きな駐車場もあるのでご安心を。(駐車場無料)

電車なら、東海道本線「三島駅」から伊豆箱根鉄道「修善寺駅」~「堂ヶ島・松崎方面行」の東海バス約1時間10分「黄金崎クリスタルパーク」~徒歩10分です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する