• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今すぐ行きたくなる!香港を満喫できる“2泊3日女子旅プラン”はこれだ

GWや夏休みなどの長期休暇に頼らなくても、週末の弾丸旅行で十分楽しむことができるのが香港のいいところ。香港は、人も多くて街がゴチャゴチャしていて疲れそうなイメージもあるかも知れませんが、意外とのんびり癒しスポットも多いんですよ。今回、香港2泊3日プランの第2弾として筆者がご紹介したいのは、優雅なひとときが過ごせる世界一の場所から、漁村だった頃の面影を残す小さな村まで3日間で存分に楽しめるプランです。もちろん美味しい食事も盛り込んでいるので、初めての人も2度目以上の人も是非参考にしてみて下さいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1日目

[13:00] 香港国際空港へ到着

香港へは羽田空港から4時間半~5時間。日系の航空会社の場合9:00頃出発、13:00頃到着の便が利用しやすくて便利です。他にも香港便は深夜から午後まで様々な時間帯で飛んでいるので都合に合わせて選べるのもいいところ。
今回は13:00頃、香港着の便でご紹介していますが、LCCも充実しています。特に香港エクスプレスは羽田空港を深夜に出発して早朝に到着する便など、旅行先での時間を思いっきり確保できるので筆者もよく利用しています。しかもよく見ると機体に名前がついているんですよ!飛行機に乗る瞬間から楽しめます。

詳細情報

  • 1 Sky Plaza Rd, Chek Lap Kok, Hong Kong
  • +852 2181 8888

[14:30] ホテルへチェックイン

TUVE / 天后駅徒歩5分

世界的に有名なホテルからお手頃なホテルまで、多くのホテルが集まっている香港ですが、マンションなどをリノベーションしたデザイナーズホテルが充実しているのも香港の特徴。今回のプランでは銅羅灣(コーズウェイベイ)周辺に宿泊するのが便利ですが、ちょっとオシャレなホテルに泊まってみたい人にはこちらの「TUVE(チューブ)」がオススメ。
銅羅灣お隣の駅「天后(ティンハウ)」から徒歩約5分程にある「TUVE」は、まず入り口を探すところから始まります!エレベーターでグランドフロアへ上ると待っているのはシンプルながらゴージャスなテーブル。こちらがフロントなんです。
室内はまさに「シンプルイズベスト」。ホテルと言うよりマンションの一室のような雰囲気ですがムダなくとても過ごしやすい構造になっています。周辺には飲食店も多く、またホテル1階は夜になるとレストランが営業するので連泊にも便利。普通のホテルに泊まり飽きたら、たまにはこんなデザイナーズホテルもいいですね。

詳細情報

  • 16 Tsing Fung St, Causeway Bay, Hong Kong
  • +852 3995 8899

[15:30] 世界一高い場所にあるホテルでアフタヌーンティー

ホテルにチェックインして荷物を置いたら、目指す場所は写真で見ても飛びぬけて高いあのビル「International Commerce Centre (ICC“環球貿易広場”)」。MTR九龍駅に直結しているのでホテル最寄りの地下鉄を利用して行きましょう。
到着したら、ICC103階にある「ザ・リッツ・カールトン香港」のフロントロビー階へ行きましょう。実はビルの100階には展望フロアがあるのですが、ホテルは更にその上。今回はこちらの103階でアフタヌーンティーをいただきます。ちなみに宿泊フロアは106階~117階とさらに上と言うから驚きですね。
103階から眺めるとすべての建物が小さく見えます。香港と言えばイギリス統治時代からの文化もありアフタヌーンティーやハイティーはとても人気。でもせっかくならば世界で一番高い場所にあるホテルでの極上のアフタヌーンティータイムを味わってみることを是非オススメします。
チョコレート・アフタヌーンティーと言ってチョコレートずくしなのが特徴。日本のパティシエ監修のサクラ・アフタヌーンティーだったり、ピエール・エルメプロデュースだったり、季節によって変わったりすることもあります。香港らしさはありませんが、どれもとても美味しいので103階からの絶景を堪能しながら優雅な時間を楽しんでみては。
アフタヌーンティーの前後に時間があれば、ホテルの下にある九龍駅直結のショッピングモール「エレメンツ」を散策していくのもオススメ。香港最大級のモールで、ハイブランドからお土産雑貨まで多くのお店が入っています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する