週末で行ける女子旅にピッタリの“海外旅行先”11選!忙しいOLさん必見!

忙しい毎日を送るOLの皆さん。日々の喧騒から離れて、身も心もゆったりとしたい!そう思うことってありませんか?今回は、旅行に行きたくてもなかなか長いお休みを取ることができない・・・そんな忙しいあなたに見てほしい、週末を使って行ける人気海外旅行先をご紹介。これを見れば、今すぐ旅に出たくなること間違いなしです!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

週末を使って非日常体験をしよう。

忙しい毎日を送るOLの皆さん。日々の喧騒から離れて、身も心もゆったりとしたい!そう思うことってありませんか?今回は、旅行に行きたくてもなかなか長いお休みを取ることができないあなたにも見てほしい、週末を使って行ける人気海外旅行先をご紹介します。

済州島(韓国)

こちらは、韓国の「済州(チェジュ)島」です。日本から数時間で行ける人気の外国といえば韓国を思い出す方は多いのではないでしょうか。ソウルでショッピングやグルメを楽しむのはもちろんいいですが、自然あふれる済州島で過ごすのもおすすめ。
済州島には自然を生かしたスポットや、おしゃれなレストラン・カフェが多いんです。グルメも海の幸や自然を意識したメニューが多く、ソウルなどとは一味違うおいしさを味わうことができますよ。

귤꽃다락

133 Seoho-dong, Seogwipo-si, Jeju-do, South Korea

3.00 04

バリ島 (インドネシア)

こちらは、インドネシアの「バリ島」。女子なら誰もが一度は行ってみたいと夢見る憧れのリゾート地です。美しいビーチや山々をはじめ、独特の文化や芸術などが魅力的なこの島。バックパッカーからハネムーンを楽しむカップルまで、世界中の多くの旅行者に愛されています。
思いっきり海を堪能したいときには、バリ島一番の人気ビーチでもあり、サーファーたちも多く集う『クタ・レギャン地区』。緑いっぱいの自然の中でゆったり過ごしたい人には、棚田と森が広がる『ウブド地区』。地区ごとにも全く違った楽しみ方ができるのも、バリ島の魅力です。

サイパン島(アメリカ)

こちらは「サイパン島」です。日本から直行便で約3時間30分程で行くことのできる、西太平洋の北マリアナ諸島に浮かぶ常夏の小さな島です。自然あふれる小さな島で日々の疲れを癒しましょう。
是非訪れてほしいのが、サイパン島の沖にある無人島「マニャガハ島」です。国立公園に指定されており、白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く透明度抜群の海に目が奪われます。マリンスポーツを楽しんだり、ビーチで読書をしたり、ゆったりとした時間を過ごせます。

グアム (アメリカ)

こちら「グアム」です。日本から最短約3時間半と、気軽に行くことのできるリゾート地です。透き通るような美しい海に囲まれたこの地では、アクティビティだけではなくショッピングも思う存分楽しむことができます。
毎週水曜日の夜には、チャモロビレッジで「ウェンズデー ナイト マーケット」が17:00〜 21:00頃まで開催されています。飲食店の屋台が立ち並んでおり活気溢れた雰囲気に、エネルギーもチャージされるのではないでしょうか。

バンコク (タイ)

こちらは、タイの「バンコク」。活気あふれる東南アジアを代表する大都市です。物価が安く、日本ではできないような贅沢も手軽に楽しむことができます。自然の中でゆっくり過ごしたいというよりも、ショッピングやグルメなどを楽しみたい人にうってつけの旅行先です。
バンコクの魅力はそれだけではありません。仏教国タイでは、至る所に色濃く仏教文化が残されています。特に王宮周辺の歴史的な仏教寺院は、バンコクに行ったら必ず見学しておきたいスポットです。異文化を思う存分楽しむことができますよ。

シンガポール (シンガポール)

こちらは「シンガポール」です。貿易や経済の拠点として、著しく発展を続けています。洗礼された美しさをもつこの街は、週末に行ける女子旅にぴったり。高層ビルが立ち並ぶ市街地の夜の姿は、息を飲むほどの美しさです。
シンガポールで贅沢な時間を過ごしたい人には、CMで一躍有名になったあの高級ホテル『マリーナ・ベイ・サンズ』での宿泊がオススメ。日本では見かけない造りの建物で、一気に非日常を体験できること間違いなしです。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する