• はてぶ
  • あとで
カラヴァッジョの名画を教会で!サン ルイージ デイ フランチェージ教会

イタリア・ローマにある観光名所「サン ルイージ デイ フランチェージ教会( San Luigi dei Francesi)」は、「小バジリカ(Basilica Minor)」に格付けされたローマ在住フランス人の国民教会で、518年から1589年にかけて建てられたバロック建築です。10世紀頃に建てられたサンタ・マリア教会がサン ルイージ デイ フランチェージ教会の前身で、フランス国王の権力を誇示する装飾が特徴的な後期バロック様式の内装は、天井画やコンタレッリ礼拝堂の有名な祭壇画など、見どころが豊富です。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

サン ルイージ デイ フランチェージ教会とは

サン ルイージ デイ フランチェージ教会(San Luigi dei Francesi)は、イタリア・ローマにある観光名所で、「小バジリカ(Basilica Minor)」の称号をもつローマカトリック教会です。聖母マリアと伝道者聖ドニ、フランス王ルイ9世に捧げられたこの教会が、その名前が示す通りローマ在住フランス人の国民教会で、周辺にはパンテオン(Pantheon)が建つマルス広場やナヴォーナ広場(Piazza Navona)などのスポットがあります。
サン ルイージ デイ フランチェージ教会は、898年に中世イスラム教徒による焼打ちにあったファルファ修道院(Abbazia di Farfa)からこの地へ避難してきた修道士たちによって、10世紀頃に建てられたサンタ・マリア教会(Iglesia de Santa Maia)を前身とするバロック建築で、1518年から1589年にかけて完成しました。

フランスの守護聖人・サン・ルイージ

1480年にフィレンツェの実業家で政治家のメディチ家へ譲渡されたサンタ・マリア教会は、現在のサン ルイージ教会へと名称が変更され、1518年にはフランス人のための教会として再建されました。サン ルイージ デイ フランチェージ教会の建設には、サン・ピエトロ大聖堂も手掛けたイタリアの建築家で彫刻家のジャコモ・デッラ・ポルタ(Giacomo della Porta)や、サン・ピエトロ広場のオベリスクで知られるドメニコ・フォンターナ(Domenico Fontana)が携わっています。
またフランス王アンリ2世の王妃・カトリーヌ・ド・メディシスは、建設用地を寄付するなどの個人的な支援をしています。サン ルイージ デイ フランチェージ教会は、第7次十字軍を指揮したフランス国王ルイ9世(聖ルイ)を守護聖人とする教会で、祭壇を飾る肖像のひとつ「栄光のサン・ルイージ」として描かれています。

後期バロック様式の内装

サン ルイージ デイ フランチェージ教会の内部には、1749年から1756年にかけてフランス人建築家のアントワーヌ・デリゼ(Antoine Dérizet)により改修された後期バロック様式の絢爛豪華な空間が広がっています。建築物自体の美しさに加え、彫刻や絵画、家具などの調度品と言った美術品で総合的に構成されているのがバロック様式の特徴で、後期バロックはフランスの古典的なものが主流でした。
ルイ15世様式のフラスコ画は、18世紀を代表するフランス人宮廷画家のひとりで、フランス絵画史にその名を残すシャルル・ジョセフ・ナトワール(Charles Joseph Natoire)の作品で、ローマ滞在中の1754年から1756年にかけて描かれた「セント・ルイの栄光」です。ナトワールが数多く手掛けた大規模な装飾画は、ロココ様式の発展に貢献したといわれています。

コンタレッリ礼拝堂のマタイ3部作

サン ルイージ デイ フランチェージ教会でもっとも有名な見どころのひとつは、バロック絵画の巨匠として知られるミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)が、1599年から1600年にかけて聖マタイの生涯を描いた「聖マタイの召し出し」「聖マタイと天使」「聖マタイの殉教」からなる「聖マタイ3部作」です。
マタイはイエス・キリストの弟子のひとりで、レビ族の出身でありながらローマ帝国の徴税人でした。ローマの手先として同胞から税金を巻き上げる徴税人は、当時のユダヤ社会でもっとも卑しいとされる職業でした。マタイの心の寂しさを知っていたイエスは、直々に声をかけて弟子にしたと伝えられています。この絵の中では下を向いて硬貨を数える人物がマタイだといわれています。“殉教”にはカラヴァッジオ自身の苦悩も描かれているそうです。

いかがでしたか

サン ルイージ デイ フランチェージ教会をご紹介しました。聖マタイの絵画をじっくり鑑賞したい場合には、コインを入れると少しのあいだ照明が点くようになっています。ローマ観光の際はぜひ足を運んでみてください。

基本情報

所在地:Piazza di S. Luigi de' Francesi, 00186 Roma
TEL:+39 06 688271
アクセス:Senatoバス停より徒歩2分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する