• はてぶ
  • あとで
絶対に満足できる!鬼怒川温泉で泊まりたいおすすめ温泉旅館・ホテル12選

日光や那須といった観光地からも近くにあり、東京から車・電車でのアクセスのよい鬼怒川温泉。肌に気持ちよい温泉を楽しめる鬼怒川は、気軽にいける温泉地として高い人気を集めています。今回は、そんな鬼怒川へ訪れる際に宿泊したい、おすすめの温泉旅館・ホテルをご紹介。(なお情報は記事公開時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをお勧めします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

人気温泉地“鬼怒川”

日本屈指の人気温泉地、鬼怒川。栃木県日光市にある鬼怒川は東京からのアクセスも抜群なことから、毎年多くの旅行者が温泉を楽しみにやってきます。美しい渓谷があるのも魅力的。今回は、そんな鬼怒川旅で泊まりたいおすすめの温泉旅館・ホテルをご紹介。

【1】栂の季

まず最初にご紹介するのは、大自然に囲まれた小さな宿「栂の季(つがのき)」。自分にご褒美、といった贅沢な空間が流れつつも、まるで実家に帰ってきたような安心感や懐かしさを感じられる、そんな心が安らぐ宿泊施設です。
大浴場には、温かな日が降り注ぐ空間となっており、鬼怒川の温泉が肌に心地よいです。その眺望に満足すること間違いなし。美味しい食事に美しい自然、心安らぐ温泉と大満足の鬼怒川旅行を彩ってくれるお宿です。

詳細情報

rakutenで見る

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1438-1

3.15 017

【2】静寂とまごころの宿 七重八重

続いてご紹介するのは、鬼怒川温泉駅からもほど近い旅館「静寂とまごころの宿 七重八重(ななえやえ)」。老舗の旅館で、趣に溢れたステイを楽しむことができます。家族や恋人など、少人数でののんびり旅に特におすすめです。
半露天風呂の眺望がとても綺麗で、目に映る自然にとても癒されること間違いなし。秋には紅葉も楽しめ、ゆったりと鬼怒川の温泉を満喫することができます。和室の部屋の窓からも鬼怒川の渓谷を望むことができます。

詳細情報

【3】丸京

続いてご紹介するのは、こぢんまりとしている「丸京(まるきょう)」。小ぶりの宿で、小さくて温かみ溢れる宿が好き、という方に特におすすめしたい旅館です。鬼怒川温泉駅から徒歩2分という抜群のアクセスのよさが嬉しいですよね。
大きめな宿泊施設が多い鬼怒川で、アットホームな雰囲気漂う丸京にはリピーターも多いんだとか。この丸京は、炭をテーマにしており、共用部分に炭のオブジェがあったり、浴場にも炭のシャンプーなどがあったりと便利かつ面白いです。小さいながらもゆったりとくつろげます。

詳細情報

bookingで見る

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1388-3

3.25 272

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【4】鬼怒川温泉 あさやホテル

続いてご紹介するのは、鬼怒川温泉でも老舗の「あさやホテル」です。創業明治21年と、歴史を感じさせるおもてなしが人気のお宿です。館内にはパイプオルガンの音色が響いて、心地よい空間を演出。非日常を味わえるそんなお宿です。
老舗旅館ですが、昨今のニーズに合わせて館内をリニューアル。鬼怒川温泉の名湯を、空中庭園露天風呂で楽しむことができます。時間を忘れ、ゆっくりと過ごす事ができそうですね。また、夕食は個別にいただくコースと、和洋中100種類以上の人気のビュッフェと選ぶ事ができますよ。記念日など、お祝い旅行の宿泊先におすすめです。

詳細情報

【5】鬼怒川温泉 山楽

続いてご紹介するのは「鬼怒川温泉山楽(さんらく)」です。すべての部屋から鬼怒川の美しい景色を楽しむことができます。またこちらのお宿では、到着早々にお抹茶と干菓子のおもてなしがあります。女性に人気の理由の一つですね。
温泉は、露天風呂が檜(ひのき)風呂になっています。温泉と檜のほのかな香りと、自然の澄んだ空気ほどよく混ざり合い、心から安らげる空間となっています。お部屋の種類も多く、一室がとても広く、くつろぎの空間になっています。喧騒を離れ、ゆっくりと過ごしたい方におすすめです。

詳細情報

bookingで見る

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060-399

3.22 036

【6】星野リゾート 界 鬼怒川

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

MORNINGMUSUMEおはようございます

このまとめ記事に関して報告する