• はてぶ
  • あとで
こんな場所もあったの?京都の魅力的な観光スポット10選

京都といえば様々な観光地がありますよね。中にはあまり知られていない場所もあり、京都はとても奥が深い町です。一度行ったことがあるという方も、こちらの記事で新しい発見があるかも知れませんよ?京都旅行に行く際に参考にしてみてください!(※掲載されている情報は記事更新時点のものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 嵐山

1つめにご紹介するのは「嵐山」。こちらも言わずと知れた京都の観光スポットです。中でも有名なのが竹林の道で、風情あふれる竹林のなかを歩くだけで、なんだか心がスッとするような癒しスポットです。和服を着て食べ歩きをするのも良いかもしれませんね。
嵐山はカフェも豊富です。嵐山駅から歩いて約2分の「eX cafe(イクスカフェ)」はおすすめですよ。1番人気メニューの『ほくほく、お団子セット』は1人1台七輪がついて、自分の好きな焼き加減までお団子を焼くことができちゃいます。

詳細情報

京都府京都市右京区 嵐山

3.99 632189

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 瑠璃光院

2つめにご紹介するのは「瑠璃光院」。京都市左京区にある、紅葉スポットとして年々人気が高まっている観光名所です。春と秋の年に2回シーズン中のみ特別拝観することができるんですよ。
春になると青紅葉が、秋になると赤や黄色、オレンジの紅葉が美しいスポットで、建物から見える紅葉はもちろんのこと、床に反射した紅葉も絶景絶景ですよ。今年の春の特別拝観は6月13日(月)までとなっています。

詳細情報

京都府京都市左京区上高野東山55 瑠璃光院

4.50 913051

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. 清水寺

3つめにご紹介するのは「清水寺」。京都観光の大定番の「清水寺」は大きな舞台が有名ですね。舞台の上からは京都市内が一望できますよ。清水寺内には縁結びで有名な「地主神社」があり、女性にも人気のスポットです。
京都の定番の観光スポットとして絶対に外せませんよね。内部の内装や外に見える景色などが人気で、連日多くの観光客で賑わいます。修学旅行で行ったことあるという方も、大人になってもう一度訪れると新たな発見があるかもしれませんよ。

詳細情報

4. 先斗町

4つめにご紹介するのは「先斗町(ぽんとちょう)」です。四条河原町近くの鴨川沿いに広がる町で、花街として有名です。風情ある街並みが残り、特に夜になると京都の夜の雰囲気を堪能できるスポットです。
鴨川沿いには夏になると「納涼床」が登場します。歩いていると、まるで映画の世界に迷い込んでしまったかのような気分になります。様々なお店が並んでいますので、是非散策してみてくださいね!

詳細情報

京都府京都市中京区下樵木町196-1 先斗町

3.71 12186

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. 鞍馬寺

5つめにご紹介するのは「鞍馬寺(くらまでら)」。京都の北部に位置する鞍馬寺は鞍馬山にあります。鞍馬山は天狗伝説がある山。また源義経にもゆかりがある場所です。木の根道など険しい道が多いので訪れる際には動きやすい服装で行くことをオススメします。
本当に天狗が出てきそうな特別な空気感がある鞍馬寺。これからの季節は緑が美しい季節なので、ハイキングが楽しめるスポットでリフレッシュできること間違いなし。観光ついでに運動不足解消もできちゃいますね!

詳細情報

6.蹴上インクライン

6つめにご紹介するのは「蹴上インクライン」。南禅寺の近くにある、傾斜鉄道跡地です。琵琶湖疎水の急斜面で、船を運航するために敷設されたのが傾斜鉄道。その跡が残る蹴上インクラインはどこか懐かしい景色が残る京都の穴場スポットです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する