• はてぶ
  • あとで
火山が作り出した自然の神秘!”磐梯吾妻スカイライン”でドライブの魅力5選

「磐梯吾妻スカイライン」と呼ばれる福島県福島市にある「磐梯吾妻道路」です。壮大な高所パノラマビューを堪能できる事で有名で、「日本の道100選」に選ばれています。以前は有料道路として走行料1500円が取られていましたが、平成25年から一般道路になり、無料でドライブしながら景色も楽しめるようになりました。磐梯吾妻スカイラインの魅力は国立公園に指定されている浄土平をはじめ、火山が作り出した特有の景色、温泉などドライブしながら観光も景色も堪能できる場所です。秋の紅葉の時期がお勧めです。磐梯吾妻スカイラインのドライブでの魅力を5選にまとめてお知らせしたいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

磐梯吾妻スカイラインとは?(ばんだいあづまスカイライン)

昭和25年(1950年)9月5日に指定された福島県福島市の道路になります。山形、福島、新潟の3県にまたがる磐梯朝日国立公園の中にあり、標高の低いところから樹木の多い森林地帯などの恵まれた景観、噴火口、湖沼、湿地帯等、変化に富んだ魅力ある土地の中をドライブできます。平均標高1350m、最高地点1622mの山岳道路で、吾妻連峰を縫うように走ります。

標高の低い所は、樹木の多い森林地帯、標高が上がるにつれて立ち枯れの木が目立ち始めます。硫黄の匂いが香る温泉街を幾つか通過し、山頂近くになると岩肌がむき出した荒涼な景観、高山植物群落や亜高山帯の針葉樹林湿原なども点在し、ビジターセンター、休憩所、自然探勝路が設置・整備され、多くの観光客でも賑わいます。

見所の季節は秋の紅葉時期です。急な勾配などもあり夜間も通行禁止になるところもあり。11月中旬から翌年4月上旬までは冬期通行止が行われます。

詳細

【所在地】福島県福島市高湯温泉~福島市土湯峠
【休業】11月中旬~翌4月中旬、通行期間中無休
【交通アクセス】
東北道福島西ICよりR115、県道5経由、高湯温泉方面へ、高湯温泉ゲートまで40分

魅力ある磐梯吾妻スカイラインでドライブ① つばくろ谷(不動沢橋)

最初の見所として、ダケカンバを主とした樹海が広がる白樺の峰を過ぎた後に見える橋が不動沢橋を紹介します。2000年(平成12年)に老朽化のため旧橋から架け替えられて現在の姿になっており、全長170m、吾妻八景のつばくろ谷を跨いでおり、谷底まで84mあり見るものを圧巻させるものがあります。

つばくろ谷の’つばくろ’とはツバメののことで、かつては、イワツバメが飛び交っていたとの事でこの名前がつけられました。井上靖氏が名付けた吾妻八景 でも知られています。特に紅葉の時期が見所の名所としても有名です。橋の周辺には駐車場、無料休憩所、公衆トイレなどが整備されいます。

磐梯吾妻スカイライン見所として、迫力もあり、魅力満載です。磐梯吾妻スカイラインは標高が高く、路面凍結の恐れがあることから、夜間は通行止めになります。時間を確認しながら、景色を堪能してください。

詳細

【住所】福島県福島市
【TEL】024-525-4024 (福島県観光物産交流協会)
【駐車場】 あり
【料金】 無料
【営業時間】 7~17時(夜間通行止め)
散策自由(磐梯吾妻スカイラインは11月中旬~4月中旬まで冬期閉鎖)
【公共交通】JR福島駅→車50分経路検索
【車】 東北道福島西ICから国道115号・県道5・70号
磐梯吾妻スカイライン(高湯ゲート)経由23km40分
※最新版の情報とは限らない可能性があるため、お問い合わせしてから観光するのをお勧めします。

福島県福島市町庭坂

3.36 120

魅力ある磐梯吾妻スカイラインでドライブ② 浄土平(じょうどたいら)

2番目の見所の浄土平は、磐梯朝日国立公園、昭和25年(1950年)9月5日に指定された国立公園の中にあり、磐梯吾妻スカイラインの中間地点の標高1,600メートルに位置しています。面積186,389ヘクタールの広大な自然に囲まれ、一切経山の火山噴火により生成された火山荒原と、オオシラビソを主とする針葉樹林の原生林とな高山植物群落や亜高山帯の針葉樹林湿原なども多く点在しています。

吾妻山は古くから信仰の山として栄えていましたが、浄土平の名前の由来は山に囲まれた鮮やかな花々に満ちた平坦地が、厳しい山道を歩んできた登拝者にとって極楽浄土のように見えたとも言われています。

周辺にはビジターセンター、休憩所、自然探勝路が設置・整備されて多くの観光客が気軽に訪れることができる作りになっていますが、周辺は、特別地域、特別保護地区に指定されており、動物、植物の採取、ごみ捨て等最低限のマナーを守ってお楽しみください。

詳細

福島県福島市土湯温泉町鷲倉山

3.46 243

魅力ある磐梯吾妻スカイラインでドライブ③ 吾妻小富士コース

3番目の見所として、浄土平の駐車場から周遊1時間で行けるコースをお伝えします。吾妻小富士と呼ばれるすり鉢上の大きな火口があります。妻連峰の他の山々を背にしながら、整備された階段を約10分登れば火口壁の稜線つき、火口壁を1周(直径約450m約1.5km)をすると1時間弱程度で元の浄土平に戻ってくることができるコースになります。

天気が良い時は福島盆地や浄土平の眺望も見る事ができ、多くの人が集まります。強い風が吹くことも多く、砂礫の登山道は滑りやすいので注意も必要です。雨の日や風の強い日はあまりお勧めできません。

天気が良い日にあわせてトレッキングを楽しんでみませんか。また浄土平周辺は他にも周遊コースがあります。体力に合わせてお楽しみいただけるかと思います。

その他周遊コースなどの情報はこちら

福島県福島市土湯温泉町

- 06

魅力ある磐梯吾妻スカイラインでドライブ④ 高湯温泉(玉子湯)

※画像はイメージです

見所の次には観光、高湯温泉をお勧めします。東北自動車道福島西ICからわずか16㎞と交通の便にも恵まれ、磐梯吾妻スカイラインでドライブ始める最初の地点にあります。400年前に発見され、現在も自然に湧出している温泉です。社団法人日本温泉協会より「天然温泉」の認定がされました。

青みを帯びた白濁色の源泉の温泉に入ると肌が玉子のように滑らかになり、匂いがゆで玉子に似ていることから「玉子湯」と呼ばれています。平成22年6月には東北初、全国では9番目となる「源泉掛け流し宣言」の温泉です。

紹介した旅館玉子湯では9種類の名前がありますが、昔の人がつけた脱衣所がそのまま名前の由来になっています。400年以上続く玉子湯の秘湯で体も心も癒されていきませんか?

玉子湯の温泉詳細

【泉質】44.0℃(調査時の気温23℃)
【ph値】2.8
【温泉効能】
【泉質】酸性・含硫黄(硫化水素型)アルミニウム・カルシウム硫酸塩温泉(硫黄泉)
【効能】高血圧症・動脈硬化症・リウマチ・糖尿病・やけど・婦人病・不妊症・胃腸症・神経痛・皮膚病・アトピー性皮膚炎など

旅館 玉子湯詳細

魅力ある磐梯吾妻スカイラインでドライブ⑤ 浄土平レストハウス サペレ吾妻

※画像はイメージです

ドライブの見所、観光の最後にはグルメのご紹介。磐梯吾妻スカイラインの浄土平にある浄土平レストハウス・サペレ吾妻です。福島の郷土料理を気軽に食べられるところとしてボリュームもあり美味しいと有名です。川俣町のシャモのどんぶり、そば、ソースカツ丼などの昼食があります。

一階にはお土産や軽食が食べられるフードコート、2階はレストランになっています。食権を買って食べられるようになっています。周りにお店がないために店内は混雑している事が多いそうです。ボリュームもさることながら値段も500円から食べられるものもあるそうです。人気のシュークリーム(180円)近くの喫茶店にあるソフトクリームもお勧めです。

夜は通行止めになるのが残念ではあるのですが、昼の時間でもレストハウスの近くの天文台に夜景の写真も飾ってあり、写真を堪能していくのも良いかと思います。週末などは人が多い可能性もあり少し食べれるものを持参しておくのもありかと思います。

詳細

【営業時間】9時~16時30分(LO16時)
【休業】11月中旬~翌4月中旬、営業期間中は無休
【所在地】 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山地内
【駐車場】有料( ホームページを参照にしてください)
【交通アクセス】
(1)東北道福島西ICよりR115・福島吾妻裏磐梯・磐梯吾妻スカイライン経由1時間

その他周辺の情報はこちら

福島県福島市土湯温泉町鷲倉山地内浄土平レストハウス2階

写真を投稿する
3.01 00

まとめ

”磐梯吾妻スカイライン”でドライブの魅力を見所、観光、グルメで5選まとめてみましたがいかがでしたでしょうか。地震や、火山も活動しているとの事で事情は変わっていますが、無料にもなり行き易くなったかと思います。ドライブで磐梯吾妻スカイラインの魅力を満喫してみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する