桜が散っても春はこれから!東京近郊の春を感じる花見スポット7選

春といえば桜の季節ですが、桜が散ってしまうのはとっても早いですよね。まだまだ春の季節は始まったばかり!今回は、桜が散った後に楽しめる東京近郊の春を感じられるお花見スポットを紹介したいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

春といえばやっぱり“お花見“

日本の春の季節といえば「桜」。日本全国に桜の名所がありますが、桜が散ってしまうのはとっても早いですよね。今回は今年お花見をした人にも、お花見ができなかった人にもおすすめな、桜が散った後に楽しめるお花見スポットを紹介したいと思います。

1. 国営ひたち海浜公園 / 茨城県

見頃:4月中旬〜5月上旬

はじめにご紹介するスポットは、「国営ひたち海浜公園」です。茨城県ひたちなか市にあり四季折々の花畑が見られることで有名なこの公園では、4月中旬〜5月上旬頃ネモフィラ畑が見頃を迎えます。花畑といえばピンクや黄色が多いですが、こちらは青色の花が咲き誇る珍しいスポットです。
ここは春のドライブデートスポットとしてもおすすめで、きっと一面に広がる青の絶景に圧倒されてしまいそうですね。視界一杯に広がる幻想的な光景には、思わず圧倒されてしまいます。またゴールデンウィークと見頃が重なるため、ゴールデンウィークに訪れるのも良いですね。

詳細情報

※こちらのスポットは2020年4月9日現在、コロナウィルス感染拡大防止のため無期限で休園となっています。

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

4.56 1306864

2. 亀戸天神社 / 東京都

見頃:4月下旬~5月上旬

2つ目にご紹介するスポットは、東京都江東区にある「亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)」です。ここは東京都内有数の藤の名所で、4月下旬〜5月上旬頃に見頃を迎えます。紫色の藤の花が咲き誇る様子は、この季節ならではの光景ですよ。
菅原道真を祀り、学問の神として親しまれているこちらのスポットは、毎年見頃の時期になると多くの人でにぎわいます。亀戸の下町情緒あふれる風情のある街並みを散歩してみるのも、いいかもしれませんね。「東京スカイツリー」も近くにあり、スカイツリーを背景にして写真を撮ることもできちゃいますよ。

詳細情報

東京都江東区亀戸3-6-1

3.65 33811
青空にスカイツリーが気持ちいい

我が家の受験生の合格祈願に伺いました。 JR亀戸駅から徒歩でのんびり。 明るい雰囲気で平らな道のりなので、散歩がてら歩いてちょうど良かったです。 道案内もたくさんあるので、 地図とにらめっこしなくてもたどり着けるかと思います。 鳥居をくぐって、 これは藤が満開の時期に行きたいな、と思いました。 参道にびっしり藤棚。 きれいなんだろうなー。 今回は枝しかありませんでした。リベンジしたい。 梅の木もたくさんありました。 広々とした敷地。 ゆっくり見て回ると1時間くらいはかかりそう。 午前10時頃の到着、人出はそこそこ。 並ぶほどではないけど、お参り時には数組待ちました。 御朱印はスムーズにいただけました。 爽やかな書体でありがたい。 境内内の屋台で売っていた合格飴を購入。 おじさんが「亀戸天神」のシールを貼ってくれるので、 お土産にぴったりでした。 何より、今日は天気がよく、 青空に映えるスカイツリー。 雲一つない空でスカッとする景色。 手前に伝統の建物、奥にスカイツリーのバランスが良い。 何枚も写真を撮りたくなる風景でした。 天気のいい日にのんびり散策、オススメです。 どうかご利益がありますように☆ 受験がうまく運べば、藤の花を見に行けるなー。

3. 國領神社 / 東京都

見頃:4月下旬〜5月上旬

3つ目にご紹介するのは、「國領神社(こくりょうじんじゃ)」です。東京都調布市にあるこちらのスポットは、「千年乃藤」とよばれる御神木が美しいことで知られています。例年4月下旬〜5月上旬にかけて見頃を迎え、多くの人でにぎわいます。
樹齢約400~500年といわれるこちらの藤は、なんともいえない風情があります。まるでシャワーのように花が上から降り注ぐ光景は、見るものの心をつかんではなしません。東京都内で意外と知られていない穴場のお花見スポットなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

4. 根津神社 / 東京都

見頃:4月中旬~4月下旬

4つ目にご紹介するスポットは、東京都文京区にある「根津神社」です。ここはつつじの名所として人気のスポットで、例年4月中旬から4月下旬の見頃の時期には多くの人でにぎわいます。赤やピンク、紫などバラエティ豊富豊かなつつじの花が順番に見ごろを迎えますよ。
また、赤い鳥居がいくつも連なる千本鳥居があることでも有名なこちらのスポット。つつじと一緒に撮っても、画になる光景をカメラにおさめることができそうですね。東京都内にあり、アクセスも良いため、気軽に行くことができるのも魅力の1つですよ。

詳細情報

※新型コロナウィルスの影響により、例年開催されている「つつじまつり」は2020年は中止が発表されています。

5. 横浜イングリッシュガーデン / 神奈川県

見頃:5月

続いて5番目にご紹介するのは、「横浜イングリッシュガーデン」です。こちらのスポットの見どころは、なんといっても「ローズアーチ」です。広大な敷地に1,800品種、2,000株ものバラが植えられ、例年5月ごろに見ごろを迎えます。
それぞれ色彩ごとに分けられた6つのエリアから構成されており、それぞれ違った美しさで訪れる人を魅了します。華やかなバラが咲き乱れ、見どころ満載のこちらのスポットにぜひ一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。横浜駅からシャトルバスが出ているので、こちらを利用するのがおすすめです。

詳細情報

6. あしかがフラワーパーク / 栃木県

「ふじのはな物語 大藤まつり2020」開催期間:2020年4月22日(水)~5月10日(日)

6つ目は、栃木県にある「あしかがフラワーパーク」です。季節によって様々な種類のお花を楽しむことができるこちらのスポットでは、2020年4月22日(水)~5月10日(日)の期間「ふじのはな物語 大藤まつり2020」が開催されます。
紫色の定番の藤だけでなく、白やピンク、黄色などカラフルな藤が咲き誇る様子は圧巻で、思わず写真におさめたくなるような幻想的な光景が広がっていますよ。東京都内からも気軽にアクセスできるので、仲間とのドライブや恋人とのデートでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

7. 秩父高原牧場 / 埼玉県

見頃:5月下旬~6月上旬

最後にご紹介するのは、埼玉県秩父市にある「秩父高原牧場」です。こちらのスポットで春の季節に見頃を迎えるのは、ポピーの花です。赤やピンク、白のコントラストが美しいポピー畑は、「天空のポピー」とも呼ばれ、5月下旬頃から見頃を迎えます。
こちらのポピー、もちろん昼の時間帯もとても美しいのですが、夕日に照らされた姿もまた絶景。「天空のポピー」といった名称がふさわしいような、幻想的な景色を楽しむことができますよ。友人や恋人、大切な人と共有したくなるような絶景があなたを待っています。

詳細情報

※新型コロナウイルス感染症に関する情勢に鑑み、感染拡大を防止する観点から2020年に開催が予定されていたイベントは中止となっています。

春はまだこれから!

桜は散っても春はまだまだこれから。これから、たくさんの花が見ごろを迎えます。東京近郊には桜以外にも魅力的なお花見スポットが数多くあるので、いつか行きたい場所としてぜひチェックしてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事に関して報告する

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集