【北海道】夏だ!家族で行こう!北海道の人気おすすめプール7選

ついに今年も夏がやってきましたね!梅雨明けもしてレジャーへお出かけを予定する時期ですが、夏こそ避暑地の北海道プールがおすすめです。北海道ならではの広大なスケールの施設が多いので家族で楽しめる親子・子連れに大人気のプールを紹介していきます!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①ルスツリゾート スーパージャンボプール/留寿都村泉川

開催期間:2019年7月25日(木)~8月18日(日)※屋外プール

まず最初にご紹介するのは、北海道の中でも一際人気の留寿都村泉川(るすつむらいずみかわ)にある大規模複合リゾート、ルスツリゾートの「スーパージャンボプール」です。夏休みの期間登場する超巨大プールは、北海道最長を誇ります。

満足度最高潮!充実のレジャー設備!

屋外のスーパージャンボプールは、流れるプール、円形プール、競泳プール、噴水プール、スライダープール、アクアコースターなどが揃っています。また、ホテルアクティビティとして、オールシーズン利用することができる室内造波プールもあるので親子、子連れに大人気のおすすめプールです。

詳細情報

【営業時間】
◆9:00~16:00(スーパージャンボプール)
◆〈通常〉14:00~22:00 〈屋外プール営業期間〉16:00~22:00(室内造波プール)
※グリーンシーズン  2019年4月26日(金)~2019年10月26日(土)
 ウィンターシーズン 2019年11月23日(祝土)~2020年4月4日(土)

北海道虻田郡留寿都村泉川13 ルスツリゾート

写真を投稿する
3.00 20

②ウォーターパークていねプール/札幌市手稲区

開催期間:2019年7月13日(土)~8月25日(日)

2つ目にご紹介するのは、北海道札幌の野外プールとしては、最大規模のプールです!流れるプールや波のプール、全長101mのウォータースライダーなどなど、カップルデートにはもちろん、子連れファミリーにも一日中楽しむことが出来るので大変人気のおすすめプールです。

札幌内最大規模!洞窟探検にビックウェーブ、笑顔の絶えない夏休み!

洞窟の中を探検することもできるウォーターマウンテンや小さなお子様専用のホワイトマウンテン、豪快な波を体験しながら楽しめるビッグウェーブなど、子供たちに大人気のプールがいっぱい。また、エンドレスで流れながら親子で仲良く漂っていられるウォーターストリームなど、家族みんなで楽しむことができますよ。

詳細情報

【営業時間】
◆9:30~16:30
※悪天候・雷雨等で営業中止になる場合あり

③シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ/札幌市北区

開催期間:2019年4月27日(土)~8月31日(土)※屋外プール

3つ目にご紹介するのは、札幌市北区にあるリゾートホテル「シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」内にあるプールです。リゾートホテルらしい雰囲気十分なリラックスプールから、家族連れに嬉しい幼児プールまで多彩なプールの設備は、まさに水の楽園です。通年利用することができる屋内はプールは、温水プールで、大変人気です。

ホテル設備とは思えない!圧巻、大迫力のスライダー!

また、夏の期間は屋外プールも利用することができます。夏の暑い日差しを受けながら、気持ちのいいジャンボプールで泳ぐのは、もはや夏の風物詩、他にも場所によって深さの違う遠浅の絵画のような雰囲気が味わえるバナナプールや、180mチューブをボートで下れるビックリバーなど夏期限定のスポットも盛りだくさんです。

詳細情報

④洞爺サンパレス リゾート&スパ Water land/壮瞥町字洞爺湖温泉

4つ目にご紹介するのは、壮瞥町字洞爺湖温泉(そうべつちょうあざとうやこおんせん)湖畔沿いに立つ大型ホテルのレジャー施設「洞爺サンパレス リゾート&スパ Water land」です!プールゾーン、南国アイランド、キッズランドの3つのゾーンがり波の出る造波プールにウォータースライダーなど一日中楽しめます!親子・子連れに大人気のおすすめ室内プールです。

カップルおすすめ!しっとりロマンチックなリゾートプール!

日帰り利用もできますが、ぜひともご宿泊されてのご利用をおすすめします。というのも利用時間が違いますし、宿泊されれば無料で利用することができます。また、北海道の澄んだ景色を眺めながらほのかにライトアップされた、ロマンチックなナイトプールの特典もありますよ。

詳細情報

【営業時間】
◆[日~金]10:00~21:00 [土曜日]10:00~22:00
※日帰り利用は10:00~15:00(受付14:00まで)
3.30 8147
洞爺湖を望む温泉が素晴らしかった 洞爺湖温泉に古くからある大規模ホテル 洞爺湖を望むインフィニティ温泉が素晴らしかった

昔のプールのCMが印象的で、家族連れで行くところ、と思っていましたが、洞爺湖を望むインフィニティ温泉が素晴らしかった。立ったまま入る深い露天風呂も人気でした。テラスのような湯上りラウンジもゆっくり出来て良かったです。立地は温泉街の外れになりますが、温泉街の中心までは送迎バスがありますし館内施設だけで十分に楽しめます。レストランもリニューアルされて明るく、ブッフェも品ぞろえが良かったです。 なんてったって宇宙一のCMで道民にはなじみ深い洞爺湖温泉に古くからある大規模ホテルです。アクティビティの多い楽しいプールはそのままに、レストランや大浴場がリニューアルされてとてもきれいになっていました。大浴場のインフィニティ感は格別で素晴らしいと思いました。客室は新館と旧館があるようなので予約時に確認された方が良いです。 昔のプールのCMが印象的で、子供連れで行くところ、と思っていましたが、洞爺湖を望むインフィニティ温泉が素晴らしかった。立ったまま入る深い露天風呂も人気でした。テラスのような湯上りラウンジもゆっくり出来て良かったです。立地は温泉街の外れになりますが温泉街の中心までは送迎バスがありますし館内施設だけで十分楽しめます。レストランもリニューアルされて明るくブッフェも品ぞろえが良かったです。

⑤星野リゾート トマム ミナミナビーチ/占冠村字中トマム

開催期間:2019年4月27日(土)~2019年11月1日 (金)

5つ目にご紹介するのは、占冠村字中トマム(しむかっぷむらあざなかトマム)にある、あの“星野リゾート”の施設「トマム ミナミナビーチ」です。親子や子連れファミリーにとても人気です!なんといっても全長80m、幅30mの日本最大級の室内ウェイブプールは30分ごとに平波や荒波がやってきて他では味わえない体験ができますよ!

北国で味わえる年中常夏の国内最大級ウェイブ!

ガラス張りの施設は、カップルにもおすすめのロマンチックな雰囲気を演出してくれます。北海道にいながらにして、年中30℃以上の常夏気分が味わえる、まさに究極のリゾート施設。夜間はライトアップも楽しむことができます。

詳細情報

【営業時間】
◆11:00~20:00(最終受付19:00)
※4月27日~5月6日および7月13日~8月31日は、10:00開館
※11月1日のみ17:00閉館(最終受付16:00)
※20:00~23:00までは遊泳禁止。ライトアップ見学あり。

北海道勇払郡占冠村中トマム ミナミナビーチ

3.61 757
解放感抜群の露天風呂 32階建ての高層ホテル 1日中楽しめます

星野リゾートトマムのミナミナビーチに併設した入浴施設です。中に洗い場やサウナはありますが内湯はありません。温泉ではないですが、解放感抜群の露天風呂では、夏は目前に広がる緑を、夜は幻想的な雰囲気の中で星空を眺めながら入浴できます。バスタオルやフェイスタオルな無料貸し出し、洗い場にはボディソープ、シャンプー、リンスがあります。 北の大地に建つ32階建ての高層ホテルは、1フロアーに4室のみの贅沢さ。雄大な眺めを一望するコーナーにジャグジーバスを備えた100平米のスイートルームです。波打つようにうねる雲海を眺める「雲海テラス」からの絶景は、忘れられない感動をもたらします。大自然が生みだす絶景“雲海”。山麓からゴンドラで「雲海テラス」に上がると、雲の上に浮かぶような体験ができる「クラウドプール」や210度の景色を見渡せる雲の形をした「クラウドウォーク」など、散策しながら様々な場所で雲海を楽しめます。 トマムリゾートにある屋内プールです。ガラス貼りの天井で昼間は日が差し込み、夜はとてもいい雰囲気です。プールは奥に行くほど深くなり、一定時間ごとに波が出てきます。深いところは背がつかなくなるほどなので監視員のお兄さんがいます。有料ですが、浮き輪や遊具の貸し出しがあります。隣接してお風呂があり、食事もできるので1日中楽しめます。

⑥水夢館/稚内市開運

6つ目にご紹介するのは、稚内市にある競泳、レジャーそれぞれのプールを楽しむことができる温水プール「水夢館(すいむかん)」です。地元民を中心にスイミングスクールの施設として人気のスポットです。

本格派にも、遊びたい派にも!用途を選ばない満足感!

※画像はイメージです

スイミングスクールでは、小さい子を中心とした年齢層から通うことができます。また、屋内でありながら、レジャープールには、本格的なウォータースライダーがあり、遊びに行くだけでも十分に楽しむことができます。他にも体づくりを目的とした設備が整っていますし、小学生以下なら300円と家族には嬉しい価格設定になっています。

詳細情報

北海道稚内市開運1-2-3 水夢館

写真を投稿する
3.00 00
【営業時間】
◆10:00~21:00
【休館日】
◆月曜日
※祝日の場合は営業

⑦水の王国 ラグーン/札幌市南区

最後にご紹介するのは、北海道のスケールならではのビックプール「水の王国 ラグーン」です!なんと総面積4000平方mを誇る屋内温水アミューズメントで、定山峡ビューホテル内にあります。お子様用のキッズゾーンもあり、子連れにぴったりの人気おすすめ室内プールです!

これぞ王国!満足度トップクラスの充実のレジャー設備!

平成27年に改修され、小さいお子様いる家族にも嬉しい授乳室などの設備が完備されたママ&ベビー向けの設備も整ったことださらに人気が高まった施設です。ウェーブプールや流れるプール、さらにボートもレンタル利用することができるスプラッシュリバーなど、大人も童心に帰って楽しめるレジャーが充実しています。

詳細情報

【営業時間】
◆12:00~21:30
※日帰り利用は9:00~15:00 (受付は14:00まで)

北海道札幌市南区定山渓温泉東2-111 水の王国ラグーン

写真を投稿する
3.00 20

北海道でこそ夏を満喫!

※画像はイメージです

いかがでしたでしょうか?やはり北海道はスケールが違いますよね。ホテルや複合施設の屋外・屋内のプールは北海道でしか体験できません。是非今年の夏は北海道プールへ!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 暑い夏に入りたくなる「プール」。日中暑い中入る定番のプールも、夜おしゃれに入る…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

LANIKAI第二の故郷でもあるHAWAIIをこよなく愛し、旅の半分はHAWAIIへ里帰りをしています。現在は最愛の妻と怪獣のごとく『イヤイヤ期』真っ盛りの娘の育児に日々奮闘中!HELP ME!

このまとめ記事に関して報告する