【青森】天気に関わらず楽しめる!“青森県”の人気おすすめプール7選

今年も夏がやってきましたね!このシーズンになるとやはり海水浴へ行きたくなります。夏だからこその楽しみ海水浴は気持ちがいい…ですが、充実した施設で家族が安全に楽しむことができる屋内プールだって負けてません。中でも今回は、青森県の人気のおすすめプールをご紹介していきます!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①階上町町民プール / 階上町

開催期間:2019年4月下旬~10月31日(木)

※画像はイメージです

まず最初にご紹介するのは、三戸郡階上町(さんのへぐんはしかみちょう)にある「階上町町民プール」です。石鉢ふれあい交流館と隣接しているこちらの屋内プールは、毎年4月下旬から10月下旬の約半年間営業しています。

町外の人も嬉しいお手頃プール!

※画像はイメージです

こちらでは、本格的な50mプールで泳ぐことができます。町内在住の地元の方なら中学生以下がなんと無料で利用することができますし、一般利用客でも500円以下で水泳を楽しむことができます。また、運動不足やご高齢の方向けの水中歩行講座なども開催するなど、幅広い年齢層から楽しむことができます。

詳細情報

【営業時間】
◆13:00~21:00
※夏休み中は10:00~21:00、最終営業日は無料開放
【休業日】
◆月曜日(祝日の場合は翌日休業)

青森県三戸郡階上町階上町蒼前東7-9-4 階上町町民プール

写真を投稿する
- 00

②星と森のロマントピア 星の宿白鳥座 / 弘前市

2つ目にご紹介するのは、青森県人気観光地の一つでもある弘前市にあるホテル「星と森のロマントピア 星の宿白鳥座」です。こちらのホテルには、通年利用することができる屋内プールがあるんです。

ホテルならではの癒しのプール!

最適な温度に保たれた25mの競泳用プールをはじめ、ご家族にも嬉しい幼児用プール、さらには、ダイエットやリハビリにおすすめの歩行専用プールなど設備は充実。また、ホテルらしく、寝湯浴槽、打たせ湯、ボディシャワーも完備されていますし、宿泊されればこれらを無料で利用することができるんですよ。

詳細情報

【営業時間】
◆4月1日~1月13日 10:00~20:00(最終入館19:30)
 1月14日~3月31日 10:00~18:30(最終入館18:00)
【休館日】
◆4月8日~12日、5月30日、7月9日、9月2日~6日、10月~3月
 毎週第3木曜日

③新青森県総合運動公園 マエダアリーナ / 青森市

3つ目にご紹介するのは、青森市にある「新青森県総合運動公園 マエダアリーナ」です。こちらは、幅広い層から人気の屋内プールです。国際大会や全国大会などでも利用されているしっかりとした施設で、なんと1時間100円というリーズナブルな料金で利用することができるんですよ。

オールシーズン利用可能!激安屋内プール!

屋内温水プールなので、オールシーズン利用することができるのも、地元県民を中心に支持を集めている理由の一つ。21:00までと遅くまで泳ぐことができますし、プールのある公園敷地はとても広く、遊具広場など親子で遊べるスポットもあります。

詳細情報

【営業時間】
◆通年 9:00~21:00
【休館日】
◆基本無休
※大会・行事などで休業、公式HP参照

④バーデハウスふくち / 南部町

開催期間:7月中旬~8月下旬 ※屋外流れるプール

4つ目にご紹介するのは、南部町(なんぶちょう)にある4つの温泉ゾーンからなる健康増進施設「バーデハウスふくち」です。天然温泉が魅力的なこちらはなんと、温泉を活かした設備の他に、世界で初めて運動浴槽としてのプールを収容した施設なんです。歩行浴、運動浴、レジャー用そして本格スイミングと目的に応じて様々なプールを楽しむことができます。

世界初!気持ちよく運動不足解消!

スポーツゾーンでは、運動に適した水温、水深が保たれ、オリジナルプログラムに基づきインストラクターが指導してくれる徹底環境なんです。また、レジャーゾーンには幼児プールをはじめ、大人から子供まで楽しめる設備が充実。7月中旬~8月下旬の夏季期間には、屋外の開放感あふれる流れるプールも登場しますよ。

詳細情報

【営業時間】
◆通年 10:00~21:00
※ウォータースライダーは設備不調のため休止中(2019年8月現在)
【休館日】
◆毎月第3木曜日
※変動する可能性あり(要確認)

⑤北通り総合文化センター ウイング / 大間町

※画像はイメージです

5つ目にご紹介するのは、本州最北にある複合型文化施設「北通り総合文化センター ウイング」です。こちらは、青森県下北郡にある北通り三ケ町村(大間町、風間浦村、佐井村)の方々を中心に文化、教育、健康の向上を目指している施設です。

ハイスペック複合施設!

※画像はイメージです

こちらの施設では、25m×5コースのプールの他に、親子にも嬉しい深さが約30cmの幼児用プールがあります。屋内温水プールなので通年利用することができますし、他にも屋内運動場や図書室、多目的ホール、さらには体を温める採暖室まで完備。また、毎年5月こどもの日、8月プール祭り、10月体育の日、3月開館記念日にはなんと無料開放されるんですよ。

詳細情報

【営業時間】
◆通年 [月~金]13:30~20:00 [土日祝]10:00~20:00
※8月1日~20日までは夏季期間として連日 10:00~20:00
【休館日】
◆毎週月曜日、毎月第3水曜日
※他不定休あり。休業日は変更になる場合もあります(要確認)

青森県下北郡大間町大間内山48-164 ウイング

写真を投稿する
3.00 00

⑥三沢市屋内温水プール / 三沢市

※画像はイメージです

6つ目にご紹介するのは、三沢市にある屋内市民プール「三沢市屋内温水プール」です。屋内温水プールの最大の魅力、通年利用が可能ですし、6コースある25mプールでは、本格的に水泳を楽しみたい方や運動不足を解消したい方におすすめです。

大満足の疾走感!30m越えのウォータースライダー!

また、こちらの屋内プール最大の目玉は、全長31.6mのウォータースライダー。屋内でありながら、充実の満足度が得られるレジャー設備です。さらに幼児用プールも用意されているので、小さなお子様連れの親子でも十分楽しめる人気の屋内プールです。

詳細情報

【営業時間】
◆通年 10:00~21:00
※その他時間変動する可能性あり。公式HP参照
【休館日】
◆毎週月曜日(祝日の場合翌日)
 年末年始(12月29日~翌年1月3日)
※プール清掃のため臨時休業する場合があります。
 7月中旬~8月中旬(夏休み期間)休館日無。

青森県三沢市大字三沢字戸崎101-1553

写真を投稿する
3.00 00

⑦し~うらんど / 五所川原市

最後にご紹介するのは、五所川原市(ごしょがわらし)にある健康的に楽しくプール満喫できるスポット「し~うらんど」です。こちらは、国内でも数少ない本格的なタラソテラピーを体験できる施設なんです。

日本初の公共タラソテラピー施設!

タラソテラピーとは、海の資源を利用して健康を促進していく自然療法のことなのだそうです。メインプールは温かな海水を利用した元気海プール。海の恵みをカラダに取り込みながら、自分のペースで運動できるのが特徴なので親子でも子連れでも十分楽しめますよ!

詳細情報

【営業時間】
◆通常 10:00~21:00(受付終了/20:00)
 冬期 [月~土]10:00~20:30(受付終了/19:30)
    [日・祝]11:00~20:30(受付終了/19:30)
【休館日】
◆不定期(年に数回、公式HP参照)

青森県五所川原市磯松山の井115-126 し~うらんど

写真を投稿する
3.00 00

本州最北でプール三昧!

※画像はイメージです

いかがでしたか?なんといっても一年中楽しめるところもある屋内プールはいいいですよね!大規模なウォータースライダーがあったり幼児用プールで安全に楽しめるのでとってもおすすめですよ。是非この機会に遊びに出かけてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

おすすめまとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 暑い夏に入りたくなる「プール」。日中暑い中入る定番のプールも、夜おしゃれに入る…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

LANIKAI第二の故郷でもあるHAWAIIをこよなく愛し、旅の半分はHAWAIIへ里帰りをしています。現在は最愛の妻と怪獣のごとく『イヤイヤ期』真っ盛りの娘の育児に日々奮闘中!HELP ME!

このまとめ記事に関して報告する