• はてぶ
  • あとで
直行便でほぼ5時間以内!週末利用で気軽に行ける人気の海外旅行先7選

海外旅行って、長い休みでないといけないイメージで、中々思い切って行けない人も多いと思います。ですが、直行便で5時間ほどなら、週末の休みを利用して気軽に行けそう!そこで、今回は旅の初日から思う存分観光できるようにフライト時間の少ない海外旅行先を紹介していきたいと思います。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 雄大な草原と伝統的家屋を体感 【モンゴル】

飛行時間 / 5時間20分〜

最初にご紹介するのは、実は東京から直行便で5時間ちょっとで行くことができる「モンゴル」。海外旅行の行き先としてはあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、コロナ禍でも入国することができ、きちんと感染対策をすれば観光を楽しめると最近話題沸騰中なんです!
モンゴルといえば、やっぱり移動式家屋の「ゲル」ですよね。なんと「テレルジ国立公園」では、ゲルに宿泊をしたり乗馬をしたりと本物の遊牧民さながらの体験をすることができるんです!今まで通りの海外旅行ができない今だからこそ、異文化体験に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

詳細情報

② 歴史ある建物を満喫【マカオ】

飛行時間 / 4時間55分〜

東京から直行便でおよそ5時間で着く「マカオ」。マカオは歴史的背景から西洋と東洋が入り混じった街となっています。洋風の建物がそびえ立つ中で、漢字が並ぶ街ってなんだか他の国では中々なくて面白いですよね!(※2022年5月現在、観光目的で渡航することはできません。)
マカオは「世界遺産の街」と呼ばれるほど多くの世界遺産があります。例えば「聖ポール天主堂跡」「仁慈堂(じんじどう)」など。建物の美しさには言葉を失うほどです。5時間でここまでの景色に出逢えるなんて素敵な休日になること間違いなしですよね!

詳細情報

3.57 101389

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ 日本人御用達のリゾート地【グアム】

飛行時間 / 3時間55分〜

東京から直行便でおよそ4時間で着く「グアム」。大人気リゾート地もたった4時間足らずで着くなんてなんだか身近な感じがしますよね!なんといってもグアムが誇る透明度抜群の美しいコバルトブルーの海には魅了されてしまいます。(※2022年5月現在、18歳未満を除きワクチン接種済みでない方は観光目的での渡航をすることはできません。)
グアムの食べ物はどれも美味しい!本場の大きさのハンバーガーで胃袋が満たされること間違いなし。また日本で大人気のパンケーキを食べられるカフェがグアムにもたくさんあるので、朝食にパンケーキなども良いですね。

詳細情報

④ ノスタルジックを感じる街並み【台北(台湾)】

飛行時間 / 3時間55分~

東京から直行便で約4時間、なんと沖縄からは約1時間半で行くことができる「台北」は、渡航費も安く気軽に行くことができる旅行先ではないでしょうか。定番の観光地となっている九份をはじめ、日本にどこか似ているけれど、少し違った独特の雰囲気を感じられるのが台北の良いところだと思います。(※2022年5月現在、観光目的で渡航することはできません。)
また台湾のご当地グルメが食べられる夜市や、日本でも人気のタピオカドリンクなどの本場の味を楽しめるため、グルメにも注目したいところです。週末を使ってふらっと行くのにおすすめなスポットですよ。

詳細情報

⑤ コスメに洋服にショッピングが進む【韓国】

飛行時間 / 2時間30分〜

東京から直行便で2時間半で着く「韓国」。なんといってもその近さと美味しいグルメ、有能なコスメと魅力たっぷりの韓国は手軽に行ける海外旅行先として大人気の国ですよね。韓国の観光地では日本語の対応力がとても高いので、そこも利用しやすさの理由です。(※2022年5月現在、観光目的で渡航することはできません。)
日本でも大人気の「サムギョプサル」や「チーズタッカルビ」などを本場で思う存分に楽しみましょう。このような鉄板ものの料理は店員さんが面倒を見てくれるお店がほとんどですが、その時も明洞(みょんどん)などの観光地では簡単な日本語を話してくれたりします!

詳細情報

⑥ 気軽に南国を感じる事ができる【セブ(フィリピン)】

飛行時間 / 4時間30分〜

東京から直行便で4時間半ほどで行くことができるビーチリゾート、セブ島は気軽に行けるリゾートとしておすすめなスポットなんです。きれいな海と温暖な気候で充実のバケーションを過ごせるのではないでしょうか。(※2022年5月現在、観光目的での入国には複数条件が制定されています。詳細は外務省HPなどをご確認ください。)
セブ島から別の離島へと船で行くことができるアイランドホッピングでは、さらに透明度の高い海を楽しむことができます。きれいな海と魚を自分の目で見てみたいという方におすすめですよ。気になった方はチェックしてみてくださいね。

詳細情報

⑦夜の街並みを思う存分に堪能したい【香港】

飛行時間 / 4時間45分〜

東京から直行便で約4時間45分で着く「香港」。美味しいグルメに、美しい夜景など見所満載で女子旅にもひとり旅にも大人気の旅行地です。香港の夜は夜市もでており、街中はネオン看板で輝きを放ち、ついつい夜更かししてしまいます。(※2022年5月現在、渡航することはできません。)
香港に行ったら食べたい「飲茶(ヤムチャ)」。美味しいだけでなく、女子に人気のとてもかわいらしい点心もあるので、是非チェックして行きましょう。他にも「小籠包」や「エッグタルト」など美味しいグルメがいっぱいなので、食べ歩きも楽しいかもですね!

詳細情報

Hong Kong

3.59 5282

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

いかがでしたか?

仕事をしていると、「お金は貯まるのに時間がなくて中々海外にいけない」なんて方も多いと思います。ですが、飛行時間が“5時間”であったらその日から楽しめるので、滞在期間的には短くても、充実した旅行ができそうではありませんか?忙しい学生さんも、社会人の方も、みなさん是非思い切って旅にでましょう。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する