• はてぶ
  • あとで
本当の旅の扉が開く!ただの一人旅を“人生を変える一人旅”に変える9つの方法

誰かに一緒にする旅もとっても楽しいですが、人生に一度は経験してみたい一人旅。どうせなら、ただの一人旅ではなく、人生の分岐点となるような旅をしたくはありませんか?いつもよく一人旅をするという方にも、まだ一人旅はしたことないけど興味があるという方にも、読んでいただきたい“人生を変える一人旅”をするための9つの方法をご紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

一人旅は好きですか?

一人旅はお好きですか?いつも旅は一人という方もいれば、してみたいとは思っているけどなかなかチャンスがなくて…という方も多いのではないでしょうか。国内ならまだしも、海外の一人旅となるとハードルが高いですよね。ですが、少しでも「一人旅がしたい!」と思う気持ちがあるのなら、一人旅に出ることを強くオススメします。
もちろん、どうしても誰かと旅行したいという方や一人旅が合わない方もいます。そういう方は他の形で旅を楽しんでいただきたいですが、そうでない方には一人旅がとってもおすすめ。一人旅は本当の自分を発見できる旅になります。今回は、一人旅未経験の方にも、また経験者の方にも知ってほしい、ただの一人旅が“人生を変える一人旅”に変わるかもしれない、9つの方法をご紹介します。

① 自分が“本当に”したいことをする

1つ目の方法は、自分が“本当に”したいことをすること。これは、一人旅を最大限楽しむ原則とも言えます。良くも悪くも自分しかいない一人旅。どこに行くか、何を見て何を体験するか、それはすべて自分の選択次第です。
普段、旅をするときに訪れる場所を探すときはどのように探しますか?人気の場所を探す方が多いと思います。ですがその人気の観光地はあなたが本当に行きたい場所でしょうか?「歴史的に価値があるから…」「みんな行ってるみたいだし…」という理由で、特に行きたくもない場所に行くのはとってももったいないこと。自分の胸に手を当てて、自分は旅先でどのような経験をしたいかを考えてプランを練ってください。

② お金はケチらない

2つ目の方法は、お金をケチらないこと。どうしても出費がかさんでしまう旅行。海外旅行であればなおさらですよね。たとえばヨーロッパの教会なんかは、こんなにするの?という料金の場合もしばしばあります。交通費もバカにできませんよね。
そんなとき、行ってみたいけど、高いからやめとくか…と入らないのはとってももったいないことです。無駄遣いをする、というわけではなく、1つ目にご紹介した「本当に自分がしたいことは何か」をよく考え、それでしたいと思ったことにはお金をケチらないことがおすすめ。お金の使い方も自由な一人旅。経験にはお金を惜しまない、という姿勢が大事です。

③ あえてネットは遮断した環境で

3つ目の方法は、あえてネットが遮断された環境に身を置くこと。普段、ネットにとらわれていませんか?せっかくの一人旅中に、会社からメールが来て現実に引き戻された…ということがあったら嫌ですよね。普段インターネットがあることに慣れている方でも、あえてインターネットから遠ざかってみるのがおすすめ。
ネットがないことを考えて、あらかじめ行きたい観光地を調べてノートにしたためておいたり、現地の本屋さんに行って地図を買ったり…と普段なかなかしない経験ができるはず。また、ネットがないとその分現地の雰囲気や街並みを存分に楽しむことができます。ネットがない分、準備することや気をつけることも多いですが、本当の旅とはそのようなものなのではないでしょうか。

④ ノートに旅日記をつける

4つ目の方法は、ノートに旅日記をつけること。普段日記をつける方もいるかと思いますが、旅先でも日記をつけてみてはいかがでしょうか?文字だけではなく、旅先でもらったチケットやパンフレットなどを貼ったり、印象深いシーンを絵に描いてみたりと、書くこと自体を楽しむようにするのがおすすめ。
話し相手がいない一人旅。そのため、旅先で心に浮かんだ感想はずっと心に溜め込まれたままになります。インターネットのない環境にいる場合はSNSでも投稿できないですよね。そんな感想を吐き出す場として、旅日記がおすすめなんです。宿で一人、日記をしたためながら1日の出来事を振り返る静かな時間を過ごしてみては?

⑤ お気に入りの本を1冊持っていく

5つ目の方法は、お気に入りの本を1冊持っていくこと。旅って、なにかと移動する時間が多いですよね。誰かと一緒なら、話をしていればあっという間ですが、一人旅ではそうもいきません。そんなとき、本はあなたの時間を有意義にしてくれます。
自宅からお気に入りの本を持っていき、待ち時間に読んでみてください。よく読んだ本のはずなのに、旅先で読むとまた違った読み方ができるかもしれません。旅から帰ってきたあとも、その本を読めば懐かしさに浸れるはず。そんな本が1冊あれば、人生の支えになりますよね。もちろん、旅先の本屋さんで気になった本を買ってみるのもおすすめです。

⑥ ホステルやゲストハウスに泊まる

6つ目の方法は、ホステルやゲストハウスに泊まってみること。つまり、一人部屋ではなく、一部屋にベッドがいくつかあるドミトリータイプの宿泊施設に泊まるのがおすすめです。こうした宿泊施設は、ならではの温かみがあります。値段も安いので、宿泊費を他のことに回せるという経済的なメリットも。
知らない人と一緒に寝るのはちょっと…という方も多いと思います。もちろん必ずしも安全なわけではなく、自分の身はきちんと守っていただきたいのですが、最近は清潔感があり施設も充実で安全、という場所が増えてきています。女性専用ルームがあるところも多いです。こうした宿泊施設では、旅人同士の交流が多く、友達ができたり、また旅の情報を交換できたりといいことがたくさんあるんです。きちんとした宿泊先を選べば、旅を豊かにしてくれるステイが楽しめるはず。

⑦ 現地の人が集まるお店で食事を

7つ目に紹介するただの一人旅を“人生を変える一人旅”に変える方法は、現地の人が集まる場所で食事を楽しむこと。ガイドブックに乗っているようなレストランの中には、一人では入りづらいという場所も少なくありません。そんなとき、現地の人が集まるような気軽なお店で食事を楽しむのがおすすめ。
ホステルのスタッフや旅行客に尋ねるも良し、街を歩きながら目に止まった、にぎわっているお店に入ってみるもよし。価格も観光地価格ではないため比較的安く、またなにより現地の味を楽しむことができます。これは大きな旅の思い出のひとつになるはず。そんな食事どころでの、現地の人との楽しい出会いもあるかもしれませんね。そんな出会いが旅を彩っていきます。

⑧ 積極的になる

8つ目の方法は、積極的になること。旅の恥は書き捨て、とはよく言ったものですよね。なかなか普段は恥ずかしくてできないようなことも一人旅でならハードルが下がるかも。勇気を出してやってみたら、人生でも忘れられない旅になるはず。
特に、積極的に話しかけてみる、ということがおすすめです。同じ旅人にはどこから来たのですか?と話しかければ、話が進んで思わぬ展開になることもしばしば。また、現地のレストランで近くに座っている人におすすめを聞いたりと、ふとした出会いを大切にしてみてください。人生を通しての友人、またはパートナーに出会うきっかけの旅となるかも。

⑨ ポストカードを誰かに送ろう

9つ目の方法は、ポストカードを誰かに送ること。恋人や友人、家族など、大切な誰かに、旅先からのポストカードを送ってみてください。現地の本屋さんや文房具屋さんにはポストカードが売っているはずです。現地の切手を貼ってポストカードを送ってみましょう。
書く側にとっては何気ないことかもしれませんが、もらう側は予想以上に喜んでくれるはず。これがきっかけで、一生の友達になったり、恋人との関係がさらによくなったりということが起こるかもしれません。特に長い期間旅に出るときは、行く先々でポストカードを出すと、帰宅後に自分でも懐かしがることができます。

さあ、一生の思い出になる旅へ!

いかがでしたか?ただの一人旅を、人生を変える一人旅にする方法をご紹介しました。ぜひこの記事を参考に、次の一人旅は忘れられない旅にしてみては?(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

torigasuki知らない鳥まだまだたくさん

このまとめ記事に関して報告する