• はてぶ
  • あとで
女子旅で行きたい!日本全国の可愛すぎる神社・お寺10選

神社やお寺というと歴史の教科書がなんとなく連想されてしまう方も多いかもしれませんが、実は日本全国にはフォトジェニックで女子の心をくすぐる神社やお寺がたくさんあるんです。そこで今回は、女子旅で行きたいカワイイがいっぱいの全国の神社とお寺を10選ご紹介します。可愛い神社とお寺へパワーをもらいに行きましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 八坂庚申堂 / 京都府

まず最初にご紹介するのは、京都府にある「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」です。小さな境内にはカラフルな”くくり猿”がたくさん!このくくり猿は、猿が手足をくくられて動けない姿を表しており、心をコントロールしてくれる役目があるんだとか。
着物に着替えて、ここで写真を撮ったら、絶対に映える1枚になります!是非みなさんも訪れた際にはペンで願いを書いて吊るしてみてください。願いが叶うそうですよ。また、「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿も境内のいたるところにいるので、ぜひ探してみてください。

詳細情報

2. 東天王 岡崎神社 / 京都府

続いてご紹介するのは、京都府にある「岡崎神社」です。京都の平安神宮の近くにあり、”うさぎ神社”としても知られています。境内の至る所にこちらの神社の神使である可愛いうさぎがたくさんいて、思わずテンションがあがってしまうはず!
「岡崎神社」名物がうさぎおみくじです。白いうさぎと、ピンクのうさぎの2種類があります。是非お気に入りの子を見つけてくださいね。うさぎは持ち帰ることもできますよ。縁結びや安産の後利益があるそうなので女子旅にぴったりの神社です。

詳細情報

京都府京都市左京区岡崎東天王町51

4.49 62825

3. 正寿院 / 京都府

続いてご紹介するのは、京都府にある「正寿院(しょうじゅいん)」です。こちらには、思わず胸きゅんとしてしまうハート型の「猪目窓(いのめまど)」が!ハートの窓が切り取る風景も季節によって変わってくるので、いつ行っても特別な感動をもらえます。
晴れた日の日中はこの“ハートの窓”に光が差し込み、床にもう一つのハートの形が浮かび上がります。可愛すぎるハート型が2つもあるなんて、ちょっぴり贅沢な気分になりますね。またこの部屋の天井に描かれている「花天井画」も要チェックです。

詳細情報

4. 三光稲荷神社 / 愛知県

続いてご紹介するのは、愛知県にある「三光稲荷神社(さんこういなりじんじゃ)」です。縁結びにご利益があることで有名な神社で、「三光稲荷神社」の目印である赤い鳥居をくぐっていくと、ピンク色が鮮やかなハートの絵馬がたくさん!
この空間にいるだけでも幸せな気持ちになり、恋愛運も上がりそうですよね。ハートの絵馬以外にも、恋みくじがとても可愛いので是非手に持って写真を撮てくださいね。おみくじはお守りにもなるので、大切に持ち歩いておきましょう。

詳細情報

5. 恋木神社 / 福岡県

続いてご紹介するのは、福岡県にある「恋木神社(こいのきじんじゃ)」です。 こちらは、恋命(こいのみこと)を祀っている、全国で一社しかない神社。恋命はその名の通り恋愛の神様なので、御神紋からお守りまで神社の中はたくさんのハートが溢れています。
ハート型の石が直線で並んでいる「恋参道」も有名な写真スポットです。このハート型の陶板が本殿まで導いてくれますよ。とにかく恋愛運をアップさせたいという方は「恋木神社」で決まりです!可愛いお守りも購入してみてくださいね。

詳細情報

6. 河合神社 / 京都府

続いてご紹介するのは、京都府にある「河合神社」です。河合神社のご祭神は”美麗の神”とも言われている玉依姫命(たまよりひめ)で、”美麗祈願”ができる神社として知られています。女性守護のパワーがあるとも言われていて、まさに女性のための神社です。
一番人気なのは、こちらの「鏡絵馬」です。自分のメイクにいつも使っている化粧品を使い、絵馬にお化粧してあげてくださいね。もしメイク道具がなければ神社で用意されている色鉛筆でもメイクアップできます。裏面には願い事を書いて内面の美しさも磨きましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する