• はてぶ
  • あとで
地元民が自信を持っておすすめ!絶対にハズさない「金沢」の定番土産7選

加賀百万石前田家の城下町として栄えた金沢。近年は北陸新幹線が開通されたことにより、老若男女幅広く足を運ぶ人気スポットとなりました。古き良き文化が今もなお残されながらも、現代文化に沿った観光地も多く、女子旅としても人気に火がついたまち、金沢。そんな金沢の魅力が詰まった、絶対にハズさない定番土産をいくつかご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】宝の麩(ふ) / 不室屋(ふむろや)

まず最初にご紹介するのが、見た目は最中のようなこちらのお麩(ふ)。まるで宝箱のようなこの見た目から、「宝の麩」と名付けられたと言われています。中に何が入っているのか気になってしまいますね。
お湯を注ぐだけで色鮮やかなお吸い物へと変身。「宝」だけに金沢では縁起物として扱われており、お正月やおもてなしの際にいただく伝統的な金沢土産です。日本を感じられる贅沢なお土産はいかがでしょうか。

店舗情報

【2】きんつば / 中田屋

2つ目にご紹介するのが、厳選されたふっくらとした大納言小豆がこれでもかというくらいびっしり詰まっている、中田屋の「きんつば」。古くから金沢で親しまれているこちらのお菓子。その名の由来は菓子のかたちが刀のツバに似ていることから「きんつば」と名付けられたとのこと。
しつこくなく、上品な甘さなので若い人からお年寄りの方まで幅広く人気があります。ついつい何個でも食べてしまいそうですね。お土産に持ち帰って喜ばれること間違いなしのこちらのきんつば、ぜひお試しあれ。

店舗情報

石川県金沢市東山1-5-9

- 03

【3】丸ごとみかん大福 / 中越

3つ目にご紹介するのが、近年話題となっている丸ごとみかん大福。その名の通り、みかんを丸ごと1個、白あんと羽二重餅(はぶたえもち)で包み込んだお菓子です。いちご大福なら度々口にする方が多いと思いますが、みかん大福…?と思う方が多いはず。
見た目のインパクトはもちろんのこと、お味のインパクトも大きいのでは…と思ってしまうかもしれませんが、甘さ控えめの白あんを使用しているので、さっぱりとしていて美味しいと評判です。ちなみになんと、このみかんは食感をよくするため、職人さんが手作業でみかんのスジを取り除いているのだそう。変わり種のお土産としてぜひ試してみては?

店舗情報

石川県金沢市畝田東2-218

3.09 011

【4】笹寿し / 芝寿し

4つ目にご紹介するのが、”金沢のソウルフード”とも言われている笹寿し。ソウルフードと言われているだけあって、北陸地方ではとても有名なこちら。すし飯と鮭や鯛などの種をクマザサの葉でくるんだこの笹寿しはクセになる美味しさなんです。
笹の葉でくるまれているので手が汚れることもなく、ちょうどいい大きさなので、小腹が空いたときにもお手軽に食べることができます。お米・水・魚・酢全てにこだわった芝寿しさんが作る笹寿しは、家族に贈りたいおすすめのお土産です。帰りの新幹線で自然豊かな景色を眺めながら楽しむのもいいかもしれませんね。

店舗情報

【5】柴舟 / 小出

5つ目にご紹介するのが、大正時代に創業された「柴舟小出」。小判形で、ピリッときいた生姜の風味がアクセントとなっているこのお菓子。少し大人の味ですが、生姜好きの方にはたまらないこの一品。実はこちら、今もなお一枚一枚熟練された職人さんたちによって作られているとのこと。金沢の伝統の和菓子として人々に親しまれているこ柴舟、和菓子好きの方にぜひおすすめしたい一品です。
柴舟小出でもう一つ大人気な商品がこちら、「水てまり」。甘酸っぱいジュレに、杏ジャムがわずかに含まれている水餅を入れたこの商品。見た目からわかるように、とても涼しげですよね。この水てまり、冷蔵庫で冷やして食べるととっても美味しいのです。夏の暑い時期に贈ると喜ばれるに違いありません。柴舟と共に試してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

石川県金沢市東山1-13-13

- 04

【6】とり野菜みそ / まつや

6つ目にご紹介するのが、金沢で知らない人はいないと言っても過言ではないくらい人気があるこのとり野菜みそ。金沢ではスーパーでも売られているくらいポピュラーな調味料なのです。鍋料理には欠かせないこのとり野菜みそ、お家に常に置いておきたいですよね。
実は、このとり野菜みそのルーツは江戸時代。北前船の船員たちに栄養をつけさせるために考案された、江戸時代から続く調味料なのです。値段もとってもお手頃で、現在ではノーマルなとり野菜みそに加えて、ピリ辛味やとんこつ味など様々な種類の味が出ているので、いくつか買って試してもらうのがおすすめです。一人暮らしの人や、家族に贈ると喜ばれること間違いなしです。

店舗情報

石川県金沢市桂町イ32-4

3.50 14

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【7】じろ飴 / 俵屋

最後にご紹介するのが、あの大人気ドラマ、『半沢直樹』で取り上げられたことによって全国的に名が知られた俵屋の「じろ飴」。このじろ飴は、水あめ状のやわらかい飴で、昔から赤ちゃんや妊産婦・病人の体力回復に用いられてきたそう。
俵屋さんは、天保元年に創業された老舗の飴屋さん。こちらのじろ飴は、砂糖や添加物は一切使われておらず、お米と麦芽だけの穀物本来の甘みを楽しむことができる飴なのです。そのため、健康に敏感な方や小さいお子様はもちろん、半沢直樹ファンの方には絶対におすすめしたいお土産です。

店舗情報

いかがでしたか?

気になるお土産は見つかりましたか?東京から最速で約2時間半で行けるようになった金沢。素敵な魅力がたくさん詰まっている金沢にぜひ足を運んでみてください。あなたのお気に入りの一品が見つかるかもしれません。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する