• はてぶ
  • あとで
日本の絶景、イロトリドリ。美しすぎる“色別絶景スポット”総まとめ

日本の四季って素晴らしいと感じませんか?日本の四季だからこそ作り出すことのできる絶景が日本各地にあります。今回は、そんな日本で見ることのできる絶景スポットをご紹介します。「緑・青・赤・黄・オレンジ・ピンク・白」の7色に分けてまとめました。あなたの心を奪う色彩がそこにあるはずです。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【緑の絶景】

1. 瑠璃光院 / 京都府

最初にご紹介するのは、「瑠璃光院(るりこういん)」です。京都府東山にある曹洞宗の寺院で、緑の絶景を見ることができる日本の絶景スポットになっています。新緑の時期にだけ見ることのできる緑の絶景は、床一面に新緑の緑が映え、緑の鏡が現れたかのような絶景を作り出します。

特別拝観:2022年4月15日(金)~6月13日(月)

この緑の絶景が見られることができる期間は限られているので要注意。毎年、春と秋にそれぞれ2ヶ月ほど特別拝観が行われています。春は新緑の緑、秋は紅葉の赤の景色をひと目みようと多くの人が訪れますが、春は比較的混雑が緩やかですよ。

詳細情報

京都府京都市左京区上高野東山55 瑠璃光院

4.50 913051

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 嵯峨野 / 京都府

続いてご紹介するのは「嵯峨野(さがの)」。京都府右京区にある竹林の道で、ここでも京都の自然が作り出す緑の絶景を見ることができる日本の絶景スポットになっています。京都の人気観光スポット、嵐山から近いので、合わせて訪れる人が多いんです。
竹林が空へと伸び、作り出す絶景はまさに緑だけの世界になっていて、幻想的な絶景を見ることができます。緑に包まれたこの道を歩けば、心身ともにリラックスできること間違いなしで、あなたの心を癒す旅になります。目だけでなく、体にも優しい絶景に出会いに行ってみては?

詳細情報

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 竹林の小径

4.32 1381411

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. 屋久島 / 鹿児島県

続いてご紹介するのは、鹿児島県にある世界遺産に登録された「屋久島(やくしま)」で、日本の自然の原風景を見ることができる島となっています。屋久島と言えば、屋久杉ですよね。最大にして最古の縄文杉や、空洞から見上げるとハート型に見えるウィルソン株など、たくさんの名木があります。
この屋久島が作り出す緑の絶景は苔が作り出す緑の世界。その幻想的で、原始的な風景はまるでジブリの世界に入ったかのような感覚に陥らせてくれます。あなたもアニメのワンシーンになってみては?

詳細情報

【青の絶景】

4. 青い池 / 北海道

続いてご紹介するのは、「青い池」です。北海道・美瑛にある色彩が美しい池で、青の絶景を見ることができる日本の絶景スポットになっています。雪融け水が池に多く流れ込む春はグリーンブルー(緑色)に、初夏にはライトブルーに見えることが多いそう。
この青の絶景は日本の気まぐれな日本の自然が作り出した絶景で、この青い池でしか見ることのできない絶景になっています。秋には池の中心にあるカラマツが紅葉し、青とオレンジのコントラストが、冬には雪の白が加わり幻想的な風景が楽しめます。

詳細情報

5. 国営ひたち海浜公園 / 茨城県

続いてご紹介するのは、「国営ひたち海浜公園」です。茨城県ひたちなか市にある国営公園で、ネモフィラのお花畑で有名です。ネモフィラと空、海が同じライトブルーに見え、どこまでも続くその風景は圧巻です。
一面に青が輝くこのお花畑は多くのファンがいて、毎年開花時期になると多くの観光客が訪れます。ネモフィラの見頃は4月中旬〜5月上旬になっているので、ゴールデンウィークに出かけるのがオススメです!

詳細情報

6. モネの池 / 岐阜県

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する