女同士ってやっぱり楽しい。“母娘で行きたい”おすすめ海外旅行先13選

5月といえば母の日ですね。花束も手紙もプレゼントもいいけど「親孝行旅行」なんていうのもいいんじゃないでしょうか。今回は母と娘、女同士で行きたい海外の観光スポットを紹介したいと思います。日ごろの感謝を伝える、“一生の思い出”作ってみませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

台北 / 台湾

最初におすすめするのは、女子旅などでも人気の海外、台湾の「台北(タイペイ)」です。日本からのアクセスも良く、週末だけ利用して弾丸旅行もできちゃう観光地としても人気です。台湾は観光もグルメもたくさんの魅力がつまっているので、1度は行きたい観光スポットです。

士林夜市

女同士の旅行ならやっぱりスイーツ巡りは欠かせないですよね。台湾と言えば、タピオカドリンクや台湾式かき氷。夜市などで見つけるグルメはもちろん、まだ日本へ進出していない台湾スイーツを回ってみるのもいいかも。特におすすめは「士林夜市(シーリンイエシー)」。台湾で最も規模の大きい夜市として、満足度十分のスポットです。

九份

さらに母娘旅でおすすめいしたいスポットがもう一つ。それが、台北からさらに北部にある「九份(きゅうふん)」です。台湾観光の定番ともいえる人気のスポットです。この幻想的な街並みはあの有名アニメを思わせるとされているんですよ。台湾旅行の際には外せないスポット。

ソウル / 韓国

海外旅行、特に女性だけの旅行の定番中の定番の一つ、韓国の「ソウル」です。日本からは約3時間のフライトで行くことができ、週末の弾丸旅行でも行けちゃう気軽さが魅力。時間と余裕があれば、日帰りでも行くことができます。韓流好きの人はもちろん、そうでない人にもおすすめの旅行先です。

明洞

中でも人気エリアの「明洞(ミョンドン)」には、ショッピング、エステ、カフェ、グルメなどを楽しめる街がたくさん。女同士での韓国旅行ならエステやショッピングは外せないですよね。中心地でもある「ソウル」では、質の良いコスメが安く買えるので、女性同士なら注目間違いなしのスポットです。

カロスキル

さらに、そんなコスメが魅力の韓国で、おすすめの観光スポットは、新沙洞(シンサドン)にある「カロスキル(街路樹通り)」というエリア。日本でいう代官山のような落ち着いた高級街エリアで、おしゃれなカフェや雑貨屋が並びます。親子で気に入るおしゃれな雑貨が見つかるはず!ショッピングの後は注目のカフェで休憩するのもおすすめですよ。

香港 / 中国

3つ目におすすめするのは、アジアの大国、中華人民共和国の特別行政区「香港」です。東京からは約4時間半のフライトで行くことができ、人気の観光スポットがたくさん詰まっている街です。コンパクトなので地下鉄を使えば2泊3日で、市内を十分に楽しむことができますよ。香港ディズニーに注目しがちかもしれませんがおすすめスポットが沢山!

Yum Cha

香港旅行の楽しみのメインと言えばグルメ。近年おしゃれなカフェやレストランが増えている香港ですが、その中でもおすすめなのが「Yum Cha(ヤムチャ)」というレストラン。香港の名物グルメ、飲茶がとってもかわいいカラフルなキャラクターになって登場するんです。かわいいだけでなく、味もとっても美味しい!

ザ・ペニンシュラ 香港

世界的な夜景も楽しめる香港では、宿泊先も重要なこだわりどころ。香港の一流ホテル「ザ・ペニンシュラ 香港」で楽しめるアフタヌーンティーは、旅行者にもとっても人気なんです。ホテルがあるエリアには「ハーバーシティ」といった巨大ショッピングモールもあるので、ショッピングも楽しむことができます。

半島酒店大堂茶座(ザ ロビー)

香港尖沙嘴梳士巴利道,半島酒店1樓 1/F, The Peninsula Hong Kong, 19-21 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui

- 036

クイーンズランド / オーストラリア

地図上では日本のほぼ真下にある、オーストラリアの「クイーンズランド」です。南半球の大国、オーストラリアには経済の中心地シドニーをはじめ、おしゃれなカフェが集まるメルボルンなど、一度は行って見たい観光地が目白押し。中でも「クイーンズランド」は、自然豊かなケアンズやゴールドコーストといった見所が満載なんです。

ケアンズ

雄大な自然と、都会的でオシャレな街、両方を楽しむことができるのがオーストラリアの魅力。ケアンズはオーストラリアならではの景色、グレートバリアリーフを堪能できるぜひとも行っておきたいおすすめの都市です。日本ではなかなかお目にかかれない絶景が待っていますよ。

ゴールドコースト

母娘でのんびりと観光旅行をするなら、贅沢なリゾート地のゴールドコーストもおすすめ。テーマパークも多く点在し、子供連れの家族旅行先としてもおすすめのこちらのスポットは、特にビーチが魅力。世界的にも人気のサーフスポットや、ショッピングなども充実していて通年楽しめる楽園のようなスポットです。

ケアンズ

ケアンズ オーストラリア

3.12 101864

ゴールドコースト

Gold Coast, Australia

3.15 7558
ゴールドコースト

初めて英語圏へ旅行に行った。 行こうと思った理由は、「ツアー料金の高い年末に個人旅行が容易い英語圏+暖かい」 英語がとても苦手なので不安だったけど、オプショナルツアー等、事前に準備すればなんとかなった。 ただ、相槌の打ち方は学んでおくべきだなと思った。 初め、クリスマスにオーストラリアの空港に入った時は驚いた。 話しかけてくれる人もたくさんいて、空港の職員ですら皆サンタ帽や他の被り物を被っているのだから。 ゴールドコーストに関しては、陽気な雰囲気で明るい性格の人が多かった。 繁華街は夜も賑わっていて1人でなければ遅くでも出歩ける感じだった。 景色は、日本で見れないほど綺麗。 水曜日と金曜日にビーチ沿いにマーケットが開かれており、個性的な店が多々出店していた。 行ってないが中心地に猫カフェ(CRAZY CAT CAFE)もあった。 気候については、年間300日晴れと言われている。 少なくとも滞在期間は毎日晴れていた。 真夏なのに暑すぎることもなかった。 ただ、暑くないので紫外線対策を怠っていたら皮が剥けるほど日焼けした。 虫は私の知る限り見受けられなかった。 日本食が恋しくなれば、日本人が働いているラーメン屋やご飯物が食べられる店があって助かった。 移動は、バス・トラムとも「GO CARD」と呼ばれるカードで移動できて便利だった。 自分達で空港→市内、市内→遊園地へのアクセスも容易にできて、シャトルバスに頼るより安上がりだった。 ドリームワールドは、世界番付で世界3位と紹介されているタワーオブテラーⅱがあったり絶叫マシンが沢山あって面白かった。 動物ゾーンでは、トラが飼育員と休んでいたり日本では見られない光景が見れた。 ジェットボードは、本当にスリリングで体験時間も長くてすごく楽しい経験だった。 ガイドブックには、自分が乗車したボードのフルタイムDVDが購入できると書いてあったが、すぐに送迎がきたので買うことが出来なかった。 他のアクティビティー(ジェットスキー、パラセーリングなど)も予約しておけばよかったと現地で見てから後悔した。 今はメルボルンに来ていて、そちらの方が住みやすい街として名高いが、個人的にはゴールドコーストの方が住みやすい感じがする。 それぐらい、私はこの街に惹かれた。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • あなたにとって、家族って何ですか?お盆休みも近く、長期休みを取ることも多いこの…

  • もうすぐ母の日がやってきます。今年の母の日は、5月14日の日曜日。ちょうど休日…

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

pinkdaisy♡✈女子旅におすすめな場所をご紹介

このまとめ記事に関して報告する