• はてぶ
  • あとで
船のエレベーター体験?イル川クルーズでストラスブールを観光しよう!

フランスとドイツの国境に位置するフランスのストラスブールではフランスとドイツの文化が混じり合い、独特の文化が生まれています。可愛らしい木造建築の家々も、まるで絵本の世界のようです。また、フランス料理とドイツ料理が混じり合った伝統料理もとても美味しく、グルメの街とも言われています。そんなストラスブールの街の楽しみ方の一つがイル川クルーズです。イル川クルーズはイル川からストラスブールの建物を眺めたり、歴史について知ることができたりと、ストラスブールの魅力を凝縮させた、とても濃いクルーズです。また、水位の違う場所に移る時に、水門で調節するという、とても面白いシステムを体験できます。船のエレベーター体験をしてみましょう。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ストラスブールの魅力とは?

アルザス地方にあるストラスブールは、パリから電車で2時間半の場所にあります。ストラスブールはドイツとの国境境にある街です。ヨーロッパの歴史を見てみると、今までフランス・ドイツの領土争いに巻き込まれてきた街です。
そんな歴史が背景にあるので、ストラスブールには独自の文化が生み出されてきました。フランスとドイツの食文化が混じり合い、美味しい料理を楽しむことができる場所でもあります。伝統料理、スイーツなどストラスブールに来た時に味わいたいものはたくさんあります。
例えば、メルヘンちっくな木造の建物も可愛らしくて人気の観光スポットです。5世紀に、イル川沿いに建てらた家です。まるで絵本の世界に出てくるような造りの建物が可愛いですね。戦争の影響で破壊されてしまいましたが、忠実に再現され、昔と同じ姿を見ることができます。

そんな素敵なストラスブールの建物や歴史を、イル川から楽しむことができるツアーがあります。それがイル川クルーズです。

イル川クルーズでストラスブールの街並みをゆっくり観光!

ストラスブールに来たらぜひ楽しみたいのが、イル川クルーズです。ストラスブールの中心地をイル川から見ることができるんです。欧州議会を始め多くの歴史的建物を見ることができます。ストラスブールを歩いて見るのとはまた違う感覚を楽しむことができます。
どの席に座っていても、ストラスブールの歴史的建物をよく見ることができるというのも嬉しいポイントです。しっかりと素敵な記念写真が撮れそうです。

ボートは屋根付きのものと、屋根が付いていないものがあります。屋根付きのものだと、冬は暖房が入っていて暖かく、見学するのに快適だという利点があります。屋根無しのものだと、綺麗な写真が撮りやすいという利点があります。
どちらのボートを選ぶのかはそれぞれ好き好きによって決まります。また、イアホンで、建物の解説やストラスブールの歴史についての説明を聞くことができます。解説を聞きながらクルージングすると、ストラスブールの街の様子が一層イメージしやくなります。

自分たちが観光している街が一層親しみやすくなりますね。日本語の解説もあるので安心して観光できます。

船のエレベーター?水位が変わる瞬間を体験できる!

クルーズでもう一つ興味深いのが、水門です。この水門は、水位調節のための水門なんです。イル川には水位が違っている場所があります。そのために水門を使って、水位を調節しています。

水門は、船がギリギリに入るくらいの狭さです。そこに水がどんどんと入ってくると、船ももちろん上がっていきます。そして、水位が高い川と同じ高さまで船があがあったところで水が止まります。
そして、水門は開かれ、クルージングが再開されます。水門は二つあり、水位が低い方から高い方へいくための水門。そして水位が高い方から低い方へ行くための水門です。水門の中で水の量を調節していく様子は、まるで船のエレベータのようです。

この水門の近くは歩道になっているので多くの人が歩道から上がったり下がったりする様子を興味深そうに見ています。イル川周辺の観光だけでなく、水位が変わる様子を体験できるのも、イル川クルーズの楽しみの一つです。

Au Vieux Strasbourg (オー ヴィユ ストラスブール)

アンザス地方の郷土料理を楽しみたい方はAu Vieux Strasbourg (オー ヴィユ ストラスブール)のレストランへ足を運んでみましょう。イル川クルーズの場所からもそれほど遠くない場所にAu Vieux Strasbourg (オー ヴィユ ストラスブール)はあります。

古い建物や、綺麗なお花がとても印象的な可愛らしいレストランです。
外見も可愛らしいですが、中に入るとさらに古い木造の作りで温かい雰囲気が漂っているレストランにホッとする人も多いはずです。とてもアットホームなレストランです。

そんなAu Vieux Strasbourg (オー ヴィユ ストラスブール)では、アンザズ地方の料理を楽しむのがオススメです。
薄い記事に、玉ねぎやベーコン、チーズなどをのせて焼いた「タルトフランベ」を始め、肉料理などストラスブールには沢山の伝統料理があります。オーナーさんのオススメを聞いて注文するのも楽しいかもしれません。フランス語だけでなく英語も通じるので、オーダーしやすそうです。
軽食につい食べたくなるようなものまで。レストランに入る時間がないという方でも軽食だけでも楽しんでいけそうです。

Au Vieux Strasbourg (オー ヴィユ ストラスブール)のアクセス情報

住所:5, rue Maroquin, 67000 Strasbourg

イル川クルーズでストラスブールを観光しよう!

いかがでしたか?歩いても魅力的なストラスブールの街並みですが、イル川クルーズ観光に参加して、イル川から眺めることができる街並みもとても魅力的です。ストラスブールの街の様子、歴史などの解説をしてくれるのも嬉しいですね。

ストラスブールに観光に来た時にはまずイル川クルーズに参加してみましょう。街の様子をイメージしやすくなるで、その後の観光がもっと楽しくなりそうです。

美味しい食事、伝統的な雑貨などを巡ってみるのも忘れないようにしましょう。フランスとドイツの文化が融合された魅力的な街がきっと好きになると思います。

イル川クルーズのアクセス情報

住所: 1 Rue de Rohan, 67000, Strasbourg, France

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する