• はてぶ
  • あとで
まだ春は終わらない!「北海道・東北地方」の今が見頃な花見スポット7選

関東の春はだいぶもう過ぎ去り始め、桜のピンク色から生い茂る青々しい色に変わりました。そんな中、やっと北海道・東北は寒い寒い冬から抜け出し、5月を手前にして春のピークを迎え始めています!そこで今回はまだ駆け込めば間に合う、北海道・東北で見られる桜の名所のなかでも筆者がおすすめだと思う場所を厳選して紹介していきます。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①静内二十間道路桜並木 / 北海道

【見頃】5月上旬 ~ 5月中旬

まず初めは北海道の「静内二十間道路桜並木(しずないにじゅっけんどうろさくらなみき)」です。北海道内でもとても高い人気を誇る花見の名所で、なんと「日本の道百選」「日本さくら名所100選」「北海道遺産」この3つに指定されているほどの景色が広がります。
直線で約7kmにも及ぶこちらの桜並木はまさに“さくらのトンネル”で、幻想的な景色を楽しむことができます。5月の上旬あたりでシーズンを迎えるのですが、とにかく多くの観光客の方で賑わうので、車を停めて徒歩で楽しむのがいいかもしれません。

②五稜郭公園 / 北海道

【見頃】4月下旬 ~ 5月上旬

星型の城郭跡として有名な「五稜郭公園」ですが、ここも北海道内では大人気の花見スポットです。約1600本ものさくらの木々がこの城郭跡を囲んで綺麗に咲き乱れ、その景色は圧巻ものです。
五稜郭タワーにのぼるとピンク色に囲まれた五稜郭を眺めることができるのでおすすめです。こちらは例年、ゴールデンウィーク直前にはさくらが綺麗に咲き始め、見頃を迎えるので是非足を運んで欲しいスポットです。

③弘前公園 / 青森

【見頃】4月下旬 ~ 5月上旬

青森県の中でも特に人気を誇る花見スポット「弘前公園」。天守閣とさくらのコラボは言葉を失うほどの景色を生み出します。日中に訪れるのもいいのですが、ライトアップされたさくらと天守閣は圧巻ものなので夜の花見をおすすめします!
こちらのさくらは例年5月を手前に見頃を迎えるのですが、少し散り始めの頃に行くのが通の楽しみ方で、散ったさくらによってピンクの道を作り上げます。上を見上げてもピンク、歩いている道もピンク、視界一面美しい景色となります。

青森県弘前市下白銀町1 弘前公園

4.31 30906

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④観音寺川 / 福島

【見頃】4月下旬 ~ 5月上旬

福島県の「観音寺川」は川の両端に桜が咲き乱れて、とても美しい景色を生み出すスポットです。その景色は平成9年に日本桜の会から表彰されるほどで、例年満開になる5月頭には全国から多くの観光客で溢れます。
約200本のソメイヨシノが作り出す桜の並木道は本当に美しくて、時間を忘れて眺め続けてしまうでしょう。川と桜の景色は昼間もとても綺麗ですが、夕日もそこにコラボしてくるとさらに見応えが増します。

⑤志波彦神社 / 宮城

【見頃】4月下旬 ~ 5月上旬

こちらの「志波彦神社」ではなんと国の天然記念物に指定されている八重桜の一種、鹽竈(シオガマ)桜というこの神社ならではの桜を見ることができます。こちらの神社はなんと桜とともに塩釜港も眺められるので、少し変わった花見ができます。
鹽竈桜の花の形はほかの桜とは異なり、花びらは35~50枚と多く、先端に細かいギザギザがあるのが特徴です。ボリュームある花びらがとてもかわいらしいです。5月頭にはもう満開となるので、是非お早めに行ってみてください。

⑥盛岡城跡公園 / 岩手

【見頃】4月中旬 ~ 5月上旬

岩手県で有名な観光地の「盛岡城跡」は春になると花見の名所としても多くの人で溢れます。石垣とさくらによって趣深い景色を生み出し、外国人観光客からも人気高いスポットとなっています。
弘前公園と同じようにこちらも、夜になると美しくライトアップされるので是非夜にも訪れて欲しい場所です。こちらのさくらは5月を直前に満開を迎えるので、ゴールデンウィーク初めに訪れるのがベストです。

⑦北上展勝地 / 岩手

【見頃】4月中旬 ~ 5月上旬

なんと樹齢90年にもなるソメイヨシノなどが連なり美しい桜並木ができる「北上展勝地」。こちらは「日本さくら名所100選」「みちのく三大桜名所」に指定されているだけあり、岩手県の中でもとても人気で美しい花見の名所です。
5月を手前に美しく咲く桜並木に大きな鯉のぼりも飾られ、季節感じられる景色が広がります。さくらの本数はなんと約1万本にもなるとのことで、圧巻の桜並木を歩けばピンクにつつみこまれます。

いかがでしたか?

まだ春を終わらせるのは早いです!東北の方にやっとこんなにも美しい景色が現れ始めました。空いている5月の休日を使って是非駆け込みで訪れてみてください。幻想的な自然が待っています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 春らしい陽気が続き、薄ピンクに色づいた桜の美しさが街を彩るこの季節。今年こそ、…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する