• はてぶ
  • あとで
春はお散歩しよう。目的別“街歩き”におすすめな東京都内のエリアまとめ

最近暖かい日が続き、外に出たくてうずうずしていませんか?そんな時にぴったりなのが街歩きです。普段は電車やバスで移動してしまう街も、歩いてみれば新たな発見があるのかもしれません。この記事では、「グルメ・下町・話題・サブカル・デート」の5つのテーマごとに街歩きにぴったりな東京都内のおすすめエリアをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【グルメを堪能できるエリア】

1. 門前仲町

1つめにご紹介するのは、「門前仲町(もんぜんなかちょう)」です。テレビのCMなどでも紹介されたこの街は、下町の良さが残っています。「深川不動尊」、「富岡八幡宮」があり、お寺や神社が好きな方にもおすすめです。昔懐かしいグルメも揃っています。
この街を訪れたら、絶対はずせないグルメが「深川めし」です。江戸時代に考案された深川めしを、ぜひ味わってみましょう。おすすめのお店は、門前仲町の駅を出てすぐにある「門前茶屋」です。長年にわたり愛され続けている門前仲町のグルメを、ぜひ堪能してみてくださいね。

詳細情報

東京都江東区富岡1-5-1

3.13 214

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 深大寺

2つめにご紹介するのは「深大寺」。深大寺とはお寺の名前で、東京都内では浅草寺に次ぎ2番目に古いお寺なんだとか。深大寺の周辺には自然が多くてお店が並び、散策にはもってこいです。またキャラクターモチーフのスイーツが可愛い「鬼太郎茶屋」は人気店です。
深大寺といえばお蕎麦が有名。深大寺にはお蕎麦屋さんが数十軒あり、お蕎麦を食べにわざわざ訪れる人も多いんです!数ある深大寺そばのお店の中からご紹介するのは、「湧水(ゆうすい)」です。こちらのお店の手打ちそばは絶品ですが、売り切れてしまうこともあるのでお気を付けください。

詳細情報

【下町の雰囲気がたまらないエリア】

3. 浅草

ここからは、下町の雰囲気がたまらない街歩きにおすすめのエリアをご紹介していきます。「浅草」は日本国内外から訪れる多くの人でにぎわう人気のエリアで、今なお江戸の名残を多く残す風情はお散歩にぴったり。「仲見世通り」でいろいろなお店を見たり、夜は「ホッピー通り」で一杯飲むのもよいでしょう。昼から夜まで一日中楽しめます。
浅草のシンボルと言えば「浅草寺」ですよね。東京都内で一番古いお寺です。東京のみならず日本を代表するスポットをじっくり見学してみてはいかがでしょうか。着物で歩くのも日本を感じられて素敵です。浅草からは東京スカイツリーが見え、日本の昔と今を感じることが出来るエリアです。

詳細情報

4. 谷根千

続いて4つめにご紹介するのは、「谷根千」。こちらののエリアは谷中・根津・千駄木の一文字目をとって「谷根千(やねせん)」と呼ばれているんです。下町の雰囲気たっぷりで、フォトジェニックなスポットもたくさん。食べ歩きも楽しいエリアなんです!
連なる小さな鳥居がフォトジェニックで春にはつつじの名所としても有名な「根津神社(ねづじんじゃ)」など、みどころ満載のこちらのエリア。特に人気のスポットが「谷中銀座商店街」です。メディアにたくさん取り上げられており、食べ歩きも楽しい商店街です。

詳細情報

東京都台東区谷中3-13-1

4.00 56360

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【今注目のエリア】

5. 蔵前

ここからは、定番からはちょっと外れたいま注目のエリアをご紹介していきます。「蔵前」は、両国や浅草橋に近い隅田川沿いのエリア。ここはものつくりの街として有名ですが、近年はお洒落な雑貨屋や最新のカフェなどが続々オープンしていて、今話題のエリアなんです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する