次の旅行はこれで決まり!1泊2日で満喫できる愛媛・香川プランはこれだ

みなさんは次の旅行どこに行くか考えていますか?旅行を計画すると、そのために仕事も学校も頑張れるような気がしてきますよね。今回は、1泊2日で四国の愛媛県と香川県を堪能できる満喫プランをご紹介。ぜひ四国を訪れる際の参考にしてみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【9:00】松山空港着

旅は愛媛の松山空港から始まります。羽田や成田、大阪や福岡などから直航便が出ているので、ぜひ利用してみてください。その他にも、広島港から松山観光港へのフェリーが出ていたり、車で本州から訪れることもできます。

バスorタクシーで道後へ!

到着したら、まずはタクシーかバスで道後へ向かいましょう。空港からだと車で約40分ほどで行けてしまうので、アクセスも比較的簡単です。ホテルは道後エリアにとるのがおすすめ。空港には鉄道は乗り入れていないので、注意してくださいね。

詳細情報

【10:00】道後を満喫!

おすすめスポット① えひめ果実倶楽部みかんの木

愛媛といえば柑橘類ですよね!道後温泉エリアの商店街「道後ハイカラ通り」にある「えひめ果実倶楽部みかんの木」では、爽やかでさっぱりとした柑橘類のジェラートやジュース、ソフトクリームなどを頂くことができます。

おすすめスポット② 坊ちゃん列車

実際に明治時代に松山市内を走っていたのが、この「坊ちゃん列車」。もともとの蒸気機関車をモデルにしたもので、松山観光の定番ともなっていますよ。乗車することも可能で、ゆっくり電車に揺られながら巡るのも人気なんですよ。

おすすめスポット③ 圓満寺

「圓満寺(えんまんじ)」は、道後温泉付近で人気急上昇中のスポットです。「お結び玉」というカラフルな恋の開運アイテムがあり、このお結び玉を左手に乗せてお願い事をすると、そのお願い事が叶うのだとか。色とりどりのお結び玉はインスタ映えも確実ですよ。

詳細情報

愛媛果実倶楽部 みかんの木

愛媛県松山市道後湯之町13-15

- 028

【12:00】まるで絵本の世界!ぱんや雲珠

松山市にあるメルヘンチックなパン屋さん「ぱんや雲珠(うず)」。外観がとってもキュートで、まるで絵本の世界に入ったような気分になってしまいます。こちらで人気なのがインパクト抜群なパン「まるこげ」。真っ黒なパンの中身にはクリームチーズとチェリーが練り込まれていて、酸味とまろやかさのハーモニーが堪りません。
店内には美味しそうなパンが木の丸太にたくさん並んでいます。まるで森の中のパン屋さんのようですね。パンの全種類が焼き上がるのは12時前なので、12時付近を狙っての来店がオススメです。休憩スペースも設置されていますが、あえてパンを片手に松山市をピクニック、なんてプランも素敵ですね。

詳細情報

【13:30】亀老山展望公園で360度の絶景を

続いてやってきたのは、「しまなみ海道随一」と言われるスポット「亀老山(きろうさん)展望公園」です。こちらは約310mの亀老山の山頂部分に作られた展望台です。360度見渡せる絶景は非日常的な気分を味わわせてくれます。晴れた日には西日本最高峰の石鎚山と、眼下にある来島海峡を一緒に見ることができますよ。
日本の有名建築家・隈研吾が手がけた展望台はインスタ映えするに違いありません。絶景を眺望した後は近くの売店へ。名物「藻塩(もしお)アイス」は絶品と評判で、お取り寄せする人もいるんだとか。是非ご賞味ください。

詳細情報

亀老山展望公園

愛媛県今治市吉海町名亀老山展望公園

3.26 18300

【16:30】下灘駅でパシャリ

松山城を満喫したら、昨今話題のスポット「下灘駅(しもなだえき)」へと向かいましょう。路面電車でJR松山市駅まで向かい、そこから乗り継いで下灘駅まで行きます。眼前に広がる海とレトロな駅とのコントラスト、実際の感動はたまりません。
昼間でも十分非日常的な風景を楽しめますが、特に夕焼けの時間帯がおすすめです。何時間でも眺めていられるほど美しい景色を堪能できます。日没を狙いに行くと季節によっては、道後温泉に戻ってくる時間が遅くなることがあるので、日没の時間を調べてから行くといいですね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

yakiyaki_nikunikuやきにくだいすきです。

このまとめ記事に関して報告する