• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】46,000日分のご利益を!浅草寺で夏の風物詩「ほおずき市」開催

浅草寺境内をほおずきの屋台が彩る、浅草の夏の風物詩「ほおずき市」が、2017年7月9日(日)、7月10日(月)に開催されます。毎年開催される「ほおずき市」ですが、開催される両日は「四万六千日(しまんろくせんにち)」の縁日であり、この縁日にともなって「ほおずき市」は催されます。ほおずきの朱色、そして風鈴の音に、夏の訪れを感じることができますよ。

このまとめ記事の目次

浅草寺で「ほおずき市」が今年も開催

開催日程:2017年7月9日(日)、7月10日(月)

※写真はイメージです。

浅草寺境内をほおずきの屋台が彩る、浅草の夏の風物詩「ほおずき市」が、2017年7月9日(日)、7月10日(月)に開催されます。
毎年開催される「ほおずき市」ですが、開催される両日は「四万六千日(しまんろくせんにち)」の縁日であり、この縁日にともなって「ほおずき市」は催されます。

四万六千日(しまんろくせんにち)って?

室町時代末期から、設けられるようになった「功徳日」。これは、その日に参拝すると100日、1,000日分などの功徳が得られるという特別な日を指しています。そして、7月10日は最大のもので46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれているんです。
四万六千日の縁日の参拝には「われ先に参拝しよう」という気持ちから、前日9日から境内が参拝者で賑わうように。このため、9日、10日の両日が縁日とされ、現在に至るんです。46,000日はおよそ126年に相当し“人の寿命の限界”とも言われるため、その分の功徳が得られる日ともなれば、みんな行きたくなるのも当然ですよね。
ほおずきは病気に効くなどといった民間信仰から飾られるようになり、セットになっている風鈴には、厄除けの意味が込められているなんて説もあるんだとか。境内にはほおずきを売る店が約100も並び、風鈴の涼しげな音色とともに、ほおずきの鮮やかな朱色に見とれてしまいます。

※写真はイメージです。

浴衣を着て歩きながら、ほおずきを見て楽しんだり、買って帰ったりと、「ほおずき市」の楽しみ方は自由です。もちろん、浅草寺での参拝も忘れてはいけませんよ。

朱色の鮮やかさに、夏の訪れを感じる

ほおずきの朱色、そして風鈴の音を聞けば、一気に夏の訪れを感じることができるでしょう。「一生分の功徳が得られる縁日」に、ぜひ浅草寺に訪れてみてくださいね。

詳細情報

■四万六千日(しまんろくせんにち)・ほおずき市
開催日程:2017年7月9日(日)、7月10日(月)
時間:本堂 午前6時~午後8時頃/ほおずき市 午前8時頃~午後9時頃
場所:浅草寺
  • 東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺
  • 0338420181

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する