• はてぶ
  • あとで
この建築美に圧倒される。人生で一度は見たい世界の美しすぎる“大聖堂”7選

“大聖堂”と聞くと日本ではあまり馴染みがなく、敬遠されがちですが、世界には圧巻の規模と美しさを誇る“大聖堂”がたくさんあるんです。今では観光スポットになっており、世界中から観光客が訪れます。ここでは、世界にある丸ごと芸術作品と行っても過言ではないような、美しすぎる“大聖堂”を7つご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】ケルン大聖堂(ドイツ)

まず1つ目にご紹介するのはドイツにある「ケルン大聖堂」です。世界中の大聖堂の中でも、最も有名な大聖堂の一つといっても過言でないほど著名な大聖堂です。その特徴は、何と言ってもその大きさ。完成までに600年以上かかったというスケールには圧倒されます。
堂内はオレンジ色の照明がついたシックな雰囲気です。装飾にきらびやかさはあまりありませんが、落ち着いた雰囲気が漂う、威厳ある雰囲気。窓のステンドグラスはカラフルで、太陽の光を通して輝く様子がとっても綺麗です。

スポット情報

Domkloster 4, ケルンノルトライン ヴェストファーレン州 ドイツ

3.63 14421

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【2】ミラノ大聖堂(イタリア)

2つ目にご紹介するのは、イタリアにある「ミラノ大聖堂(ドゥオモ)」です。ゴシック建築としては世界最大の規模を誇る、ミラノのシンボル。真っ白の壁には無数の彫刻が施されており、その繊細さと精巧さには脱帽です。
堂内は、黄金に輝く様子がまさに壮観です。天井から床に至るまで全てが美しく、芸術作品のようです。また、ステンドグラスもその規模に圧倒されます。大きな壁一面に施されており、なんとも華やかなです。

スポット情報

【3】聖ワシリイ大聖堂(ロシア)

3つ目にご紹介するのは、ロシアの「赤の広場」にある「聖ワシリイ大聖堂」です。今までの大聖堂と比べると規模は小さくなりますが、美しくて個性的な大聖堂です。まるで、絵本に出てきそうな可愛らしいカラフルな外観が印象的です。夜になっても色鮮やかな姿が見られます。
堂内も外観と同様に、色彩豊かでカラフルです。一面に描かれたモザイクの壁や色使いはこの「聖ワシリイ大聖堂」の特徴でもあり、美しさとメルヘンチックな可愛らしさを兼ね備えています。

スポット情報

Krasnaya ploshad, Moskva, Russian Federation

- 033

【4】シャルトル大聖堂(フランス)

4つ目にご紹介するのは、フランスにある「シャルトル大聖堂」です。美しい宗教的建築物が数多くあるフランス。そんなフランスのなかでも、ゴシック建築で最も美しいとされるこちらの大聖堂は、天高く伸びる塔が端正な印象を与える規模の大きな大聖堂です。
外観は、真っ白でとっても綺麗ですが、堂内にはまた違った美しさがあります。高い天井が生み出す広い空間に圧倒されます。奥へと進むと天井付近を囲むように色鮮やかなステンドグラスの装飾が見えてきます。

スポット情報

【5】セビリア大聖堂(スペイン)

5つ目にご紹介するのは、スペインにある「セビリア大聖堂」です。こちらは、世界で3番目に大きな大聖堂として有名です。イスラムのモスクの跡地に建設されたため、その面影を感じさせる造りになっています。夜のライトアップも迫力満点。
堂内は、色彩による華美さはないにしても細かなところにまで施されている無数の彫刻の美しさに圧倒されるはずです。著名な彫刻家を数々生んだスペインの大聖堂ならではの見どころです。息をするのも忘れるほどに美しい大聖堂です。

スポット情報

delaConstitución,s/n,41004Sevilla,スペイン

3.32 4224

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【6】ノートルダム大聖堂(フランス)

6つ目にご紹介するのは、フランスにある「ノートルダム大聖堂」です。その美しさから、大聖堂が多数あるフランス国内でも特に人気の高い大聖堂です。印象的な円形のモチーフが繊細な美しさを感じさせます。この大聖堂内へは無料で入れるので、気軽に訪れることのできるスポット。
堂内も、その美しさに息をのむこと間違いなし。ほんのり光が入る様子は、なんとも神秘的で神聖な気持ちになります。奥の大きな円形のステンドグラスも圧巻です。何色もの光が集まって幻想的な空間をつくります。

スポット情報

【7】リマ大聖堂(ペルー)

7つ目にご紹介するのは、ペルーにある「リマ大聖堂」です。キリスト教が根付いた南米にも美しい大聖堂があるんです。大聖堂前に生えているヤシの木が、なんとも南米らしいですよね。目の前が広場になっているので、夜のライトアップもかなり広範囲で見応えがあります。
天井の模様は、星が輝く天空をモチーフにしたもので、本当に流れ星が落ちてくるような素敵なデザインです。奥に進むと、思わずあっけに取られてしまいそうなほどぎっしりと装飾が施された空間に入ります。色彩豊かながら荘厳な雰囲気です。

スポット情報

世界には一生忘れられない“大聖堂”がたくさん!

いかがでしたか?日本では見ることのできない景色を見ることができるのが、世界中にある”大聖堂”です。その規模や装飾、美しさに圧倒され、一生忘れられないものになると思います。ぜひ旅行に行った際には“大聖堂”も訪ねてその魅力に触れてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する