• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
夏はすぐそこ!バリ島の「ウルワツ寺院」で綺麗なサンセットを見てみたい

皆さんはバリ島に行ったことはありますか?インドネシアにある島でリゾート地として名高いスポットです。筆者は昨年の夏にバリに行って完全に虜になってしまいました。そこで今回はそんな魅力たっぷりなバリ島の中でも綺麗な夕日が見れる「ウルワツ寺院」を紹介します。

このまとめ記事の目次

バリ島ってどんなところ?

バリ島はインドネシアにある島の一つでリゾート地として名高いスポットです。日本から直行便も出ていて直行便だと約7時間で行くことができます。筆者はフィリピン航空のマニラで乗り継ぎをする飛行機を利用して8時間くらいかけて行きましたが値段を抑えることができました。
神々の島とも呼ばれるバリ島。現地では、随所に日本では見られないヒンドゥー教の風を感じることができます。また、親日の国で、簡単な日本語をしゃべれる人がとっても多いので初めて行くとびっくりするかもしれません。

「ウルワツ寺院」はどうやって行くの?

「ウルワツ寺院」は、どこにあるのでしょうか。バドゥン半島の南西に位置するウルワツ寺院は、バリ島の中心地とも言えるクタ地区から車で1時間ほど。結構な距離があるので出発前に現地ツアーを申し込んで、滞在するホテルにガイドさんを呼んで車で連れて行ってもらうことをオススメします。
ツアーの他には、バリ島でのメインとなる交通手段のタクシーを利用してもいいかも知れません。一番のオススメのタクシー会社はメーター式のブルーバードタクシーですがメーターをごまかした偽物などもいるので注意が必要です。

「ウルワツ寺院」はこんなところ!

山の上にある「ウルワツ寺院」にようやく着いたらまず料金を支払います。腰に布を巻くと中に入ることができます。布はレンタルできて、入館料に含まれているため安心です。ヒンドゥー教の寺院なので日本ではあまり見られない光景を見ることができます。
中に入るとどんどん階段で上に登っていきます。意外と段数があるので疲れますが本当に日本では見ることができない光景だらけなので夢中になっているとあっという間に登りきることができます野生の猿がたくさんいて自分の眼の前を通りすぎることもありますよ!

そこに広がるのは"絶景"!

登った先に広がるのは断崖絶壁の先に青い海が広がっています。上から水面をのぞくと少しゾワッとするくらい結構高い場所に立っています。でも何より眺めが写真では伝えきれないほど本当に素晴らしいです!
どこまでも青い海が広がっていて、耳をすますと波の音がします。大袈裟かと思うかもしれませんが地球の大きさを感じることができます。バリ島の中心地から離れているのにもかかわらず多くの人が訪れるのも納得です。

待ちに待った夕日

大体のツアーが夕日が見れるように時間を調節して、お昼過ぎの集合が多いです。辺り一面の海が夕日の赤に染まり、なんとも言えない気持ちになります。地平線に消えていく夕日を、様々な国籍の人たちとみれたことが筆者はとっても感慨深かったです。
ツアーで行くと添乗員さんが写真をいっぱい撮ってくれます。英語で写真を撮ってくださいと他の観光客に伝える手間も省けるし、上手に撮ってくれるのでやはりツアーがオススメです。帰りはゆっくり車で寝ることもできるから嬉しいですよね。

神々の島バリでの贅沢な時間を楽しもう!

いかがでしたか?大好きなバリ島の中でも今回は夕日の絶景スポット「ウルワツ寺院」を紹介しました。少しでもバリ島に行きたいと持った方は是非足を運んでみてくださいね。最高の思い出になること間違いなしですよ!
  • Blok 5, Pecatu Indah Resort, Jalan Raya Uluwatu, Kuta Selatan, Pecatu, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Indonesia

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する