一度は見ておきたい!アルハンブラ宮殿随一の傑作とされる「コマレス宮」

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿。世界遺産として、グラナダの人気観光スポットとなっています。景観が美しいのはもちろん、建物をみることでイスラムの文化や歴史についても学ぶことができますよ。スペインについて学びたい方にはぜひ訪れて頂きたいスポットですね! 今回ご紹介するのは、アルハンブラ宮殿内にある「コマレス宮」です。イスラム支配の時代、最後の王朝とされるナスル朝時代の中心部にある宮殿で、歴史的に重要な建造物となっています。ここで何が行われていたのでしょうか?そんな「コマレス宮」の魅力に迫ります!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

はじめに

スペインの中でも観光都市として有名なグラナダ。そこにある人気の観光スポットが世界遺産、アルハンブラ宮殿です。こちらは長きに渡るイスラム支配時代の王朝によって建てられたものです。
残念ながら、王朝滅亡後に宗教上の違いからか、改修された部分や、爆発などにより建て直された部分も多くありますが、当時の歴史や文化を知る重要な建物となっています。その中でも「コマレス宮」は割と中心部にあります。
宮殿内にはいくつかの宮殿があり、その一つが「コマレス宮」なのですが、そこでは政治の場面で重要な場所であったり、要人を迎えるために華やかな場所であったようです。観光するのにピッタリの場所ですよ!早速ご紹介します。

おすすめポイント①ナスル王朝時代の中心!

イスラム支配時代最後の王朝とされるナスル王朝。まさにその時代、中心部として機能していた「コマレス宮」。先程述べたように、政治の上で非常に重要な場所だったと言えます。だからこそ建設に力を入れていたのもうなずけます。
そもそもアルハンブラ宮殿には、宮殿が4つあります。当時はもう少し多かったとも言われますが、時代の変遷とともに変わってしまった部分も多く、事実はわかりません。その中でも中核に位置していたのがコマレス宮です。
アルハンブラ宮殿はスペインのイスラム建築の中でも傑作として有名です。さらにその中核であるコマレス宮は一番の見どころといっても過言ではないかもしれません。広大な敷地なので様々なところを見回るとは思いますが、特に注目してもらいたい宮殿です!

おすすめポイント②アラヤネスの中庭の美しさ

「コマレス宮」というと建物に注目しがちですが、私的に一番おすすめしたいのはアラヤネスの中庭です!そこには、中庭としての美しさはもちろん、宮殿をより美しく見せる工夫がなされています。
中庭の中心に池が設けられており、その池には宮殿が反転して映っています。実はこれも一つの技法で、緻密に計算された位置に池が配置されているんです。それによって宮殿は美しさを増しており、写真を撮るのにも絶好のスポットとなっています。観光客が多いので、なんとかいいタイミングでよい写真を撮ってくださいね。
アラヤネスの語源はそこに植えられている植物にあります。「天人花」ともいいますね。季節によっては花も楽しめます。綺麗に整えられているので、観ているとなんだかうっとりして、落ち着く空間になっています。当時の人たちも「コマレス宮」のアラヤネスの中庭で癒されていた時もあったことでしょう。

おすすめポイント③「大使の間」の装飾が豪華すぎる!

コマレス宮にある「大使の間」は歴史上で非常に重要な政治の場でした。そんな大使の間に入り、部屋を見渡すと、天井から壁面まで全面に渡って、圧巻してしまうような細かな装飾が施されています。
アルハンブラ宮殿を見て回ると、木の彫刻であったり、タイルであったり、ファザードであったり、細かなアラベスク模様や環状装飾が施されていると思いますが、その中でも「コマレス宮」の大使の間は群を抜いて見応えがあります!
なぜ豪華なのかというと、その当時の王の指示によるものだったと言われています。王の公邸であったコマレス宮は、訪れる人々を驚かせるようなものにしたいという強い意向があったようです。しかし、技術を駆使するためなのか完成に時間がかかり、その王は完成を見られなかったといいます。

おすすめポイント➃心落ち着く美しい景色の秘密とは?

ここまでコマレス宮の様々なポイントをご紹介してきましたが、建物の中も中庭も美しく感じられるのは、実はイスラム建築の特徴でもあるシンメトリー、左右対称性が一つの大きな原因だと思われます。
物を配置させるときに左右に等しく配置させるとなんだか美しく感じたり、安心したりしませんか?その心理と似ていると思いますが、アラヤネスの中庭にしても、左右対称になっており、全ての配置が対照的になるように意識されているのです。
左右が非対称であることも芸術的には素晴らしいと思いますが、訪れた人々の心を魅了する「コマレス宮」の美しさの秘密はこの考え抜かれた配置にもあると思います。ちょっと意識してみると、対照的になっているものが多いと思います。様々な視点でも観察してみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?アルハンブラ宮殿の「コマレス宮」の魅力について伝わりましたでしょうか?今回はかいつまんで見どころをご説明しましたが、人によって感じ方は全然異なるので、ぜひ実際に訪れてみてまた新たな発見をしてみてくださいね!
歴史上の建物ですごく現実離れしているように見えますが、当時の人々はそこで日々暮らしていました。歴史好きの方にはたまらないですね。色んな思いを馳せながら、より観光を楽しめますように!

詳細情報

【施設名】コマレス宮
【住所】Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, スペイン(アルハンブラ宮殿)
【電話】+34 958 02 79 71
【営業時間】
〈昼の部〉 8:30~14:00、 14:00~18:00(10月15日~3月14日)/14:00~20:00(3      月15日~10月14日)※庭園見学含む
〈夜間の部〉
 ナスル朝宮殿見学:10月15日~3月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
          3月15日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 庭園見学:3月15日~5月31日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
  9月1日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 10月15日~11月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
【入場料金】昼の部は14€/12歳未満無料、12-15歳8€
      ナスル朝宮殿夜間見学は8€/12歳未満無料
      ヘネラリーフェ夜間見学は5€/12歳未満無料
   庭園、アルカサバ、ヘネラリーフェ見学は7€/12歳未満無料
※最新の情報をご確認ください。
【アクセス】グラナダ市内よりマイクロバス30番、32番 1ユーロ(約10分)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する