• はてぶ
  • あとで
今年の避暑は軽井沢へ!カップルにおすすめしたい軽井沢のコテージ7選

暑い夏、とことん暑さを楽しむのも良いですが、冷房いらずの涼しい避暑地でゆったりバカンスを過ごすのも夏ならでは。ふたりきりの非日常感を味わえるコテージは、記念日や誕生日などの特別な日になおさらおすすめです!そこで、避暑地・軽井沢でカップルにおすすめなコテージを厳選して7つ紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 軽井沢LogHOTEL塩沢の森

軽井沢の塩沢湖の近く、静かな自然に囲まれたホテル「塩沢の森」。こちらのホテルでは、カップルや夫婦にぴったりの少人数向けの部屋から、家族やグループ向けの最大7名までの部屋があります。全客室が2階建てのため、ちょっとした一軒家気分を味わえます。
カップルにおすすめなのが「スペシャル・スイート」。ふたりでゆったり広々とくつろげる人気のお部屋です。キッチン・洗面所・バス・トイレ付きで快適に過ごせます。また、テラスも付いており、夕飯にはテラスで自然を眺めながらBBQセットを楽しむのがおすすめです。

詳細情報

rakutenで見る

長野県北佐久郡軽井沢町塩沢499

3.12 07

2. 軽井沢ホテルブレストンコート

自然のなかの建築美「石の教会 内村鑑三記念堂」でのウェンディングでも有名な、星野リゾートのホテル「軽井沢ホテルブレストンコート」。豊かな自然と迎賓文化の伝統が息づく高原リゾートです。自然の中にひっそりと佇む、プライベートが守られた守られた空間です。
スイートルームには、テラスに専用のジャグジーが完備されています。自然の中で、心も体も解放することができますね。白を基調とした部屋は、高い天井と大理石のフロアで開放的なリゾート感があり、大きな窓からは軽井沢の森や星空を眺めることも。ふたりきりのロマンチックな空間を存分に味わうことができます。

詳細情報

3. 軽井沢コテージイン・ログキャビン・ろぐ亭

しなの鉄道中軽井沢駅より徒歩5分のところにある、コテージ型ペンション「軽井沢コテージイン・ログキャビン・ろぐ亭」。木のぬくもりが感じられるコテージでは、カップル、家族、大人数グループに合わせて様々な部屋があります。全室バス・トイレ付きの、木のぬくもりと清潔感のあるコテージです。
併設のログ・レストラン「ろぐ亭」は、上質なお肉を味わうことができると地元で愛されているレストランです。夕飯はこちらの絶品な焼肉・しゃぶしゃぶ・すき焼き・ステーキの4種類から選ぶことができるため、お肉好きにはたまらないお宿です。また、5月から10月には、BBQも可能で思い出に残るアウトドア体験ができますね。

詳細情報

bookingで見る

長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢

3.10 034

4. 軽井沢プリンスホテル

続いてご紹介するのは、ゴルフやジップラインなど充実の設備が揃う「軽井沢プリンスホテル」です。自然の中のリゾート地らしい、高級感あふれるコテージです。他では珍しい、スパがあり女性には嬉しい体験ができますね。
リビングとベッドルームの別れた部屋や、最大8名まで宿泊可能な部屋など様々な種類があります。どのコテージタイプも、清潔感がありまるで別荘に泊まりに来たかのような贅沢さです。アクティビティを楽しんだ後、ゆったりと過ごすことができますね。

詳細情報

5. ログコテージ ふり~たいむ

群馬県嬬恋村、軽井沢と草津温泉の間に位置し、両方の観光の拠点として便利な「ログコテージ ふり~たいむ」。周囲100mに建物がなく、花火・キャンプファイヤー・たき火等も楽しむことができます。1棟1棟が独立しているのでプライベート感たっぷり。また、星空もとってもきれいに見えるスポットです。
「ふり~たいむ」ではバーベキューはもちろん、石窯ピザ焼き・石窯パン焼き・燻製づくり・ジャム作りなど、様々な貴重な体験をすることができます。泊まるだけではなく、一日いるだけで大人も目一杯楽しめちゃいますよ。

詳細情報

- 010

6. 森のDIYコテージ つくつく村

浅間山北麓の標高1280mにある、1日2組限定の宿「森のDIYコテージ つくつく村」。なんと基礎工事から家具まですべて、オーナーのご夫婦でDIYで手作りしたというコテージは絵本のなかの世界に迷い込んだようです。北欧フィンランド風の「ログハウスコテージ」は薪ストーブがあり、冬季も宿泊できます。
南仏プロヴァンス風の「コージーコテージ」は、外装・内観ともにおとぎの世界のようです。憧れの猫足バスタブも。女性がワクワク・ドキドキしてしまう空間です。希望の方は地元食材を使った美味しい朝食をいただくことができます。

詳細情報

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1053

写真を投稿する
3.02 03

7. ベルエールの森

最後にご紹介するのは、7000坪の広大な自然の中で泊まることができる「ベルエールの森」です。豊かな自然の中には、小さな滝、小川さらにはテニスコートととにかく充実しています。それぞれの季節によって様々な楽しみ方ができるので、いつ行っても大満足ですね。
こちらでは、3つのタイプのコテージから選ぶことができます。カップルに人気のものから、大人が最大11人泊まることのできるクラシックタイプまであるので、様々なニーズに対応していますね。雨天でも大丈夫なBBQ施設もあるので、安心ですね。

詳細情報

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原 藤原1053-2818

3.01 05

いかがでしたか?

いかがでしたか。軽井沢の涼やかな自然に囲まれ、ゆっくりできること間違いなしです。上質な木のぬくもりや、コテージ特有の“ふたりきりの空間”が、特別なバカンスをさらに格上げしてくれますよ。今年の避暑に、ぜひ軽井沢のコテージはいかがですか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する