• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今話題の"廃虚萌え"!日本全国の美しすぎる7つの廃墟へ行ってみたい

今回は日本の美しすぎる廃墟を7つ紹介します。最近では、廃墟萌えという言葉が作られるほど廃墟ブームがきています。日本全国幅広くピックアップしたのであなたの身近なところにも美しすぎる廃墟があるかもしれませんね。ただ、立ち入り禁止になっているところもあるので要注意です。

このまとめ記事の目次

1.化女沼レジャーランド(ケジョヌマレジャーランド)/宮城

1つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、化女沼レジャーランドです。この遊園地は宮城県大崎市にあります。かつては人気の遊園地でにぎわっていましたが、2001年に閉鎖されています。入り口から他の場所では味わえない独特の雰囲気が漂っていますね。
化女沼レジャーランドでは一時期は廃墟ツアーも開催されたことがありましたが、現在は無許可での侵入、撮影は禁止されています。航空写真などでの鑑賞をおすすめします。また、テレビ局が許可をとって撮影を行ったりもしているので興味がある方はチェックしてみてください。
  • 宮城県大崎市古川小野遠沢10-39

2.池島/長崎

2つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、池島です。池島は長崎県にあります。日本最後の島の炭鉱としてとても有名です。昔の時代にタイムスリップしてしまったかのような空間がそこにはあります。緑が覆い尽くしている建物もとてもきれいです。是非行ってみませんか。
池島では、池島炭鉱体験コースという坑内ツアーが開催されています。なんと当時のトロッコに乗ることが出来て元炭鉱マンの方に坑内で説明を受けることが出来ます。こんな体験は他ではなかなかできないですね。当時の珍しいお話を聞くことが出来るかもしれませんね。
  • 長崎県長崎市池島町

3.友ヶ島/和歌山

3つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、友ヶ島です。これは、和歌山県にあります。この島はラピュタの島と呼ばれています。天空の城ラピュタに登場する天空の城にそっくりでとても美しいです。映画の世界にひたることが出来ます。ラピュタ好きにはたまらないですね。
友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名です。中でも沖ノ島は砲台跡が点在していて、その砲台跡をめぐるハイキングコースもあります。事前に歴史を学んでから行くとより楽しめそうですね。砲台跡はなかなか普段見ることができないのではまってしまいそうですね。
  • 和歌山県和歌山市加太友ヶ島
  • 073-459-0314

4.摩耶観光ホテル跡(マヤカンコウホテルアト)/兵庫

4つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、摩耶観光ホテルです。この廃墟は兵庫県にあります。かつてはとてもにぎわっていたホテルです。今見てもおしゃれで美しい建物のつくりです。遠くからみてもたくさんの緑に囲まれてきれいですね。是非肉眼で見てみてください。
現在摩耶観光ホテルは立ち入りは禁止されていますが、まちおこし団体によって月一回のガイドウォークを開催され周囲から見学が出来るようになっています。遠くからみても近くからみてもこの廃墟は圧巻です。是非この建物の圧倒的な存在感を味わってみてください。
  • 兵庫県神戸市灘区畑原

5.神子畑選鉱場跡(みこばたせんこうじょうあと)/兵庫

5つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、神子畑選鉱場跡です。この廃墟は兵庫県にあります。鉱山では探鉱、採鉱、選鉱、製錬という4つの作業過程がありますが、この神子畑選鉱場跡では主に選鉱が行われていました。今も選鉱場として使われていそうな力強い雰囲気です。
神子畑選鉱場では、バスツアーや桜まつりなどのイベントが開催されています。兵庫県が誇る東洋一と呼ばれた産業遺産を肌で感じることができるチャンスですね。昼には独特の力強い雰囲気を、夜には神秘的な雰囲気を味わうことが出来そうです。是非行ってみることをおすすめします。
  • 兵庫県朝来市佐嚢

6.足尾銅山跡/栃木

6つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、足尾銅山跡です。この廃墟は栃木県にあります。足尾銅山は歴史の教科書にも出てくるほど有名でみんなが知っている銅山ですね。なんと400年の歴史があります。歴史好きにはたまらないですね。こんなに長い歴史を感じられる場所は珍しいですね。
足尾銅山跡は坑内の観光が出来ます。全長700メートルの坑道にトロッコ電車に乗って入ると、40体近くの人形によって当時の鉱山採掘の様子が再現されています。あまり知ることができないリアルな当時の状況と歴史を学ぶことができるので鉱山マニアもそうじゃない方も楽しむことができます。
  • 栃木県日光市足尾町通洞9-2
  • 0288-93-3240

7.猿島/神奈川

7つ目に紹介する話題の"廃墟萌え"が止まらない美しすぎる日本の廃墟は、猿島です。この島は神奈川県にあります。横須賀にある三笠桟橋という場所から約10分間船に乗るだけで到着するので気軽に訪れることが出来そうですね。都内からちょっと足をのばして訪れてみるのもいいですね。
猿島は、東京湾に浮かぶ唯一の自然島として有名です。一年中いろんなアウトドアのアクティビティが楽しめます。旧海軍の要塞だったことから砲台跡などの施設が今でも残っています。楽しいアウトドアにも要塞などの廃墟巡りにもつかえそうな島ですね。いろんな用途で使えるのでデートでも大人数でも行くことが出来ますね。
  • 神奈川県横須賀市猿島
  • 046-825-7144

独特な廃墟の魅力を感じてみませんか。

いかがでしたでしょうか。廃墟には普段感じることが出来ない独特の雰囲気がありますよね。古き良き時代を思い出すきっかけ、もしくは知りえない昔の時代に心を馳せるきっかけになったでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する