• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
旅立つ前に要チェック!シンガポールに行くなら知っておきたい7つのマナー

シンガポールへこれから旅行に行く方も、シンガポールに行ってみたい!と思う方も、シンガポールの"マナー" について詳しく知っていますか?シンガポールでは、日本とは違ってあらゆる場面で細かく禁止事項が定められているのです。あなたのシンガポール旅行が素敵な思い出となるよう、今回はシンガポールの基本的なマナーについていくつかご紹介します。

このまとめ記事の目次

罰金の多い国、シンガポール

日本にもマナーやルールがあるように、世界各国にも同じように規則があります。中でもシンガポールには厳しい"罰金制度"があるのを皆さまご存知ですか?シンガポールは非常に「綺麗で清潔な国」というイメージが強いのではないかと思います。それは、ある意味"罰金制度"のおかげと言っても過言ではないのです。今回は旅行者である私たちが知っておくべきシンガポールの基本的なマナーをご紹介します。それでは、ご覧あれ。

【1】チューインガムの持ち込みは禁止

アジアの中でも日本の街は比較的綺麗であると言われています。しかし、シンガポールはそれを上回るくらい、街が本当に綺麗なのです。「チューインガムの持ち込みが禁止」とは私たち日本人にはとても驚異的であると思いますが、シンガポールでは国外からチューインガムを持ち込むこと、チューインガムを噛むことが犯罪とされているのです。
なぜチューインガムを噛むことや持ち込むことが禁止なのか、とっても気になりますよね。それは、観光地ならではの理由がそこにはあるのです。チューインガムを噛むと路上に吐き出す人が数多く発生し、観光地の美観を損ねるという理由から禁止ということになったのです。違反してしまうと、シンガポールドルで1万ドル(日本円で約80万円)が課されてしまいます。また、所持しているだけでも違法行為とみなされることもあるので充分に注意しましょうね。

【2】公共交通機関での飲食は禁止

シンガポールの地下鉄である「MRT」やタクシーの中での飲食も禁止で、罰金の対象となります。小さいお子様が泣き出してしまっても、お菓子をあげることができないので要注意。誰も見ていないから大丈夫と思うかもしれませんが、シンガポールではあらゆるところに監視カメラが付いていて細かく監視されているのです。
もし、カフェやレストランでテイクアウトの飲み物を頼むと、手提げの袋や持ち運びがしやすいように工夫をして提供してくれます。万が一違反してしまった場合は約4万円以下の罰金を科せられてしまうのです。つい、うっかりやってしまいがちですが、必ず念頭に置いて行動するようにしましょうね。

【3】公共の場での夜中の飲酒は禁止

シンガポールでは、22:00-7:00までの間、公の場所での飲酒が禁止されています。そのため、コンビニやお酒を扱うお店でも、同じ時間帯のアルコールの販売が禁止されているのです。旅行先に行くと、遅くまでお酒を飲んで楽しみたい!と考える方、沢山いらっしゃいますよね。しかし、この法律は現地の方だけでなく、日本からの旅行客や観光客にも適用されるので気をつけるようにしてください。
旅行の醍醐味が…と思っている方、安心してください。あくまでも「公の場」での飲酒が禁止であるため、レストランやバー、ホテルでの飲酒は可能です。違反してしまった場合は約8万2000円以上の罰金が課されてしまいます。くれぐれも公の場でお酒を飲まないように気をつけてくださいね。

【4】水洗トイレで流さないと罰金

日本はトイレが非常に綺麗なことで有名ですよね。実はシンガポールのトイレも東南アジアの中では断トツに綺麗なのです。日本ではトイレを使用した後に水を流すことは当たり前ですが、様々な民族が集まるシンガポールでは使用後に水を流さない人たちもしばしばいるのだとか。
多国籍国家でありながらもこのように綺麗なトイレであるのは、トイレを使用した後に水を流さなければ罰金という罰則があるからなのです。そしてなんとシンガポールでは有料のトイレも数々存在するのです。有料といっても日本円で約6〜7円ほど。水を流さなければ初犯で約8万円以下、2回目は約16万円以下、3回目は約40万円以下の罰金が課せられます。日本の文化柄、心配ないかもしれませんが油断しないようにしましょう。

【5】横断歩道以外の道路の横切りは禁止

日本でも本来は違反ですが、数多く見られる横断歩道以外の道路の横断。ついつい癖でやってしまう方沢山いらっしゃるのではないでしょうか。シンガポールでもそのルールは同じですが、取り締まりが非常厳しいのが特徴。
横断歩道ではないところで道路を横断することは法律で禁止されています。必ず横断歩道があるところや、信号機が備えられているところ、歩道橋を使って横断するようにしましょう。どんなに急いでいても渡ってしまわないようにしてくださいね。

【6】タバコの持ち込みは禁止

シンガポールへ旅行に行く際にタバコを持ち込む場合は必ず申告するようにしましょう。シンガポールではタバコの持ち込みが大変厳しく、1本でも持ち込みをする際は申告が必要なのです。申告をせずに持ち込んでしまうと罰金が課せられてしまいます。
同様に、シンガポールにタバコを持ち込む際は税金を払わなければなりません。1本につき35.2セント。そのうえ消費税の7%も加算されます。また、SDPCというシンガポールの正規のタバコのロゴがないものは所持が禁止されています。ロゴのないタバコを持ち込む際は申告の時に税関で証明書をもらうことができます。証明書があると所持することができるのでタバコと一緒に必ず持ち歩くようにしましょう。

【7】ドリアンの持ち込みは禁止

シンガポールといえばドリアンをイメージする方、沢山いらっしゃるかと思います。「果物の王様」とも呼ばれているドリアンは、シンガポールの交通機関に持ち込むことができないのです。それはドリアンの独特の"あの"臭いのせい。ドリアンが放つ強烈な臭いが充満してしまうという理由から、持ち込むことを禁止されているのです。
交通機関やお店では、ドリアンの持ち込み禁止を表す「No Durians」と記されているステッカーがあらゆるところに貼られています。シンガポールでは屋台にドリアンが食べやすいように売られているのでチャレンジしてみたい方はぜひ試してみてくださいね。

「綺麗」は罰則のたまものなのかも。

いかがでしたか?つい、「これも罰則の対象なのか」と思ってしまうほど罰則が細かすぎると感じたのではないかと思います。しかし、同時にその罰則の徹底ぶりがシンガポールという国を清潔に・綺麗に保っている理由だということがわかったかと思います。少なからず私たちが見習うべき事もあったはず。シンガポールを大いに楽しむために、事前にもう一度チェックするようにしましょうね。マナーを守ってシンガポールの魅力を感じてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する