夏、冷やし中華は正義だ。東京近郊にある冷やし中華の老舗中華店7選

2017年夏。"冷やし中華"、始まっています。みなさん、もう今年の冷やし中華デビューはしましたか? まだの人も、すでに冷やし中華を食べた人も、ぜひこの夏食べてほしい"冷やし中華"の東京近郊の老舗名店をご紹介します。これぞ"冷やし中華"と言える名店の数々をご堪能ください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

① 揚子江菜館(ようすこうさいかん) / 東京・神保町

日本の元祖 "冷やし中華"

冷やし中華と言えば、この神保町 "揚子江菜館"。かつては中国からの留学生の多くが住んでいたこの街で、100年以上の歴史を持つ老舗の中国料理店です。この店の看板メニューは、冷やし中華。その名も"五色涼拌麺(1510円)"です。年中食べることができるレギュラーメニューです。

池波正太郎も愛した"上海式肉焼きそば(1300円)"

歴史小説家の池波正太郎も通っていたというこちらのお店で、いつも頼んでいたメニューは"焼きそば"だったそう。この、上海式肉焼きそば(1300円)は、やわらかい麺か硬い麺かを選ぶことができます。もやしと焼きそばの触感がおいしいおすすめの一品です。ぜひ試してみてください。

詳細情報

東京都千代田区神田神保町1-11-3 神保町菊英ビル

3.30 549
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
肉味噌うまい

【神保町 上海担々麺】 『2024年ラーメン44杯目』 《担々麺13杯目》 ①最寄駅  地下鉄神保町駅A6番出口徒歩1分(70m) ②混雑状況  ランチは混雑します。 ③雰囲気  テーブル席多数、円卓、個室席あり ④決済情報  クレジットカード、PayPay決済可能 ⑤喫煙情報  不明 ⑥コメント欄  水曜日の夜は飲みを早めに切り上げたので  神保町までぶらぶらと  以前見つけたこちらのお店が気になっていたので初訪問  作家の石ノ森翔太郎が愛したお店らしい  名物メニューもおるお店  冷やし中華の発祥のお店としても有名なのかな?  店内に入り1階のテーブル席へ  注文は、そんな名物じゃなく  『上海担々麺』をお願い  やっぱり担々麺は食べないとね  待つ事3分ほどで担々麺が  綺麗な丼にたっぷりのスープ  肉味噌の上のピーマンの色合いがいいね  担々麺には、焼売がつくらしく  なかなか美味しい  上海担々麺原は、1,200円です。  ご馳走様でした。 [上海担々麺] 【特徴】  肉味噌たっぷりの担々麺  ピーマンの細切りのシャキシャキ感が美味しい  焼売2個付き 【麺】  細麺 【トッピング】  肉味噌、ピーマン、もやし 【無料調味料】  ラー油 【一言】  肉味噌の肉肉しい食感がスープと交わると  最高に美味しい  麺は細麺なので良くスープに絡みます。  ピーマンともやしのシャキシャキ感が美味しい #神保町ラーメン #担々麺発見隊 #ラーメン日記 #テレビで紹介 #本場仕込みの味

② 純広東料理 慶楽 / 東京・有楽町

昭和25年創業の歴史が作る冷やし中華

ここ、"純広東料理 慶楽" は昭和25年創業の老舗のひとつ。なかでも、ゴマダレの冷やし中華・芝麻冷麺(1230円)は冷やし中華好きには有名な一品です。ゴマの甘さと酸味がしっかりとマッチしたゴマダレは絶品。ぜひ一度は食べてみてください。

からだもうれしい "上湯炒飯(スープチャーハン)1030円"

オススメは、"上湯炒飯"。チャーハンにおいしそうなスープが入っています。上湯炒飯(スープ入ヤキメシ)」です。チャーハン自体の触感がなくならず、しっかり最後までチャーハンとして食べられるの逸品。やさしい鶏ガラのスープの味は、夏バテの方にもおすすめです。

詳細情報

③ やじ満 / 東京・築地

とろとろの"チャーシュー冷やし中華そば"

築地の名店、"やじ満"。夏は、やはり"チャーシュー冷やし中華そば"が人気です。半分を占める焼豚は、そのボリューム、そしてとろりとした柔らかさに、二度おどろきを覚えるでしょう。口の中で、醤油だれの甘さがまたマッチする絶品です。

もうひとつの夏の名物、"あさりラーメン"

"あさりラーメン"は、さっぱりとした味付けで、夏に食べたい一杯です。4月から9月までの季節限定になります。生姜が入った塩味のスープは、疲れた体を癒してくれるやさしい味。女性にもぜひおすすめしたい一品です。

詳細情報

東京都中央区築地5-2-1中央卸売市場築地市場8号館

3.54 020
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999

④ 大勝軒 / 東京・三越前

戦前からある老舗の"大勝軒"

東京・日本橋にある昭和8年創業の老舗の中華店、"大勝軒"。ここの冷やし中華は、"冷やしそば"と言いますので、ご注意を。錦糸卵に、ハム、キュウリ、もやしのシンプルな具に、さらに紅ショウガ。昔懐かしの冷やし中華を丁寧に作ってくれます。

すべてが懐かしい昭和の中華屋さん

建物も、昔のなつかしさが残っているように、ここでは、とても懐かしい昭和の中華料理を味わうことができます。そして、醤油ラーメンも昔ながらのあっさりとした中華そば。シンプルながら、しっかりと鶏ガラがきいており、思わずスープを飲み干してしまいます。

詳細情報

⑤ 桃花林(とうかりん) / 東京・日本橋

ホテルオークラの有名中華店 "桃花林"

東京・日本橋にある老舗の高級中華店"桃花林"は、ホテルオークラの中華店として、全国でも有名なレストランのひとつ。その"桃花林"がつくる冷やし中華は、ひと夏に一度は食べておきたいと思えるほどの美味しさです。

どのメニューも美味しい、さすがの名店

1962年、オークラホテルの開業時から、日本人に合った広東料理を目指してきた"桃花林"。どれも、舌鼓を打つほどおいしい料理ばかりです。何かのお祝いやプレゼントにもピッタリのレストランです。

詳細情報

⑥ 志那そば屋 こうや / 東京・四ツ谷

1983年から続く、四ツ谷の老舗ラーメン店 "志那そば屋 こうや"。ここの冷やし中華は、夏季限定の"上海涼麺"。 ゴマダレで、やわらかい蒸し鶏とシャキシャキのネギが美味しい逸品。かなりボリューミーなので、お腹を空かせて食べに行きましょう。

タモリさんも絶賛した"ワンタンメン(1000円)"

看板メニューは、タモリさんも絶賛したという肉のアンがしっかりと入った"ワンタンメン"。ワンタンの大きさに、驚いてしまうかもしれません。絶妙なスープとともに、やさしく胃を満たしてくれます。おすすめの一品です。

詳細情報

東京都新宿区四谷1-23 上野ビル1階

3.00 23

⑦ 酔来軒(すいらいけん) / 横浜・阪東橋

小上がりのある昔ながらの中華店

横浜市営地下鉄の阪東橋駅から徒歩7分。横浜橋商店街を抜けたところにある、皆に愛される老舗中華店 ”酔来軒"。創業75年の老舗の名物料理は"酔来丼"です。自家製の焼き豚のチャーシューに、もやし、ねぎ、メンマ、そして目玉焼きが乗る絶品丼ぶりです。

年中食べられる"ネギ冷やしソバ(750円)"

支那そば屋 こうや

2種類の冷やし麺があり、一つ目は夏季限定、王道の冷やし中華(800円)。キュウリ、モヤシ、メンマ、チャーシュー、エビ、イカと色とりどりで具沢山な一皿。もうひとつは、年中食べられるネギ冷やし麺(750円)。ねぎとチャーシュー、冷やし中華の甘酸っぱいタレとの相性がバツグンです。ぜひどちらも食べてみてください。

詳細情報

理想の冷やし中華を食べに行きませんか

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

老舗といっても、その冷やし中華のスタイルはそれぞれ個性があります。冷やし中華は、定番だからこそ力の入る一品なのです。老舗中華店で、あなたの理想の冷やし中華を見つけましょう。毎年、『冷やし中華、はじめました』のフレーズが聞こえてくるのが、きっと待ち遠しくなるはず。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • なんだかジワジワ蒸し暑くなってきた最近。日本ならではのいや〜な暑さがやってきま…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する