• はてぶ
  • あとで
日帰りで絶景に出会える!関東近郊のおすすめドライブスポット9選

夏はこれからが本番!ドライブが気持ちいい季節になりましたね。「ドライブって何するの?」と思っているそこのあなた。ちょっと遠出ができるドライブだからこそ、見ることができる関東地方の絶景スポットに行ってみてはいかがですか。今回はリフレッシュすることができる、関東近郊のおすすめの絶景スポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】おしらじの滝(栃木県)

まず最初にご紹介するのは、栃木県にある「おしらじの滝」です。ここは名前に滝と付いているものの、常に滝が流れているわけではなく、気候条件が揃った時に「おしらじの滝」が姿を表すんです。
「おしらじの滝」を訪れたらぜひとも眺めて欲しいのが、その滝壺の透明度の高い水が青色に輝く様子です。日の光を受けてキラキラと輝く滝壺の水は、どこか幻想的で時間を忘れて見入ってしまいそうですね。
この滝壺の水は、日の入り方や時間によってもその色を変化させるようなので、ぜひその様子を楽しんでみてはいかがでしょうか?滝が流れていなくても、その滝壺の水の美しさは一見の価値ありですよ。

詳細情報

栃木県矢板市下伊佐野

4.00 10101

【2】河鹿橋(群馬県)

2つ目にご紹介するのは、「河鹿橋(かじかばし)」です。ここは、温泉地として人気を集める「伊香保温泉」の近くにあるスポットで、紅葉スポットや新緑スポットとしてシーズンになると多くの方が訪れるスポットなんです。
紅葉の時期には、周囲の広葉樹が赤や黄色に色づき、日本の秋らしい美しい光景が辺りには広がります。また紅葉の時期に合わせてライトアップも行われるそうで、夜には昼とは異なる美しさを楽しめそうですね。
この「河鹿橋」、新緑の季節も注目なんです。新緑の季節には、辺りは眩しいほどの緑に包まれ、リフレッシュできる空間が広がります。木々の緑と橋の赤は美しいコントラストを生み出し、思わずカメラに収めたくなってしまいそうですね。

詳細情報

【3】鋸山(千葉県)

3つ目にご紹介するのは、「鋸山」(のこぎりやま)です。こちらは、その名の通り、のこぎりのように切り立った崖にある展望台から絶景を望むことができます。初夏の時期は、見下ろす山々の緑がより一層鮮やかになり、みずみずしい壮大な景色を見ることができます。天気が良い時には、富士山を見ることもできるのだとか。
「鋸山」の展望台からは、房総半島や東京湾の海を見ることもできます。遠くまで見渡せる海の景色は、反対側の緑の生い茂る景色とはまた違った壮大さ、開放感がありますよね。一度で海と山の景色両方を楽しむことができるスポットです。
展望台に至るまでは、「鋸山 日本寺(のこぎりやま にほんじ)」というお寺の中を通る必要があります。「鋸山 日本寺」の中には、展望台のある山頂エリアも含め5つのエリアがあります。大きな大仏を拝める「大仏広場」など見所が満載ですよ。

詳細情報

【4】碓氷第三橋梁(群馬県)

4つ目にご紹介するのは、「碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)」です。アーチ状の橋梁ゆえに「めがね橋」という愛称で呼ばれるスポットです。れんが造りの橋梁としては、日本で最大の規模を誇ります。周りの緑とのコントラストがとっても綺麗ですよね。
「めがね橋」の上は、かつて廃線路があったところは遊歩道に整備されており、自由に歩いて通ることができます。自然に囲まれた中で、絶景を見ながらのハイキングは気持ちいいですよね。
夜の「めがね橋」もぜひ見に行ってみてください。周囲の空気が澄んでいるので、夜になると見上げる「めがね橋」越しに満天の星空を見ることもできちゃうんです。雄大な「めがね橋」とさらに大きく広がる星空がコラボした絶景は、ここでしか見ることのできない景色です。

詳細情報

【5】尾瀬ヶ原(群馬県)

5つ目にご紹介するのは、「尾瀬ヶ原(おぜがはら)」です。こちらは観光スポットとして既に人気が高いところですが、ドライブで日帰りで行ける絶景スポットでもあるんです。一年を通して植物がいっぱいの景観を楽しむことができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する