• はてぶ
  • あとで
意外と広い?米首都ワシントンDCの人気スポット「ホワイト ハウス」

ホワイト ハウス(White House)は、アメリカ合衆国の首都ワシントンDCにあるアメリカ大統領官邸です。初代大統領ジョージ・ワシントンの時代に建設が始まり、最初に入居したのは2代目大統領でした。建物の中央に位置するエグゼクティヴ・レジデンスをはじめ、通路で繋がった西館と東館のほか、アイゼンハワー行政府ビルといくつかの庭園を含め、ホワイト ハウス・コンプレックスと呼ばれる政権の中枢を形成しています。1814年の戦火で焼失し、再建されてから「ワシントン・ホワイトハウス」と命名されたのは第26代ルーズベルト大統領の時代でした。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ホワイト ハウスとは

ホワイト ハウス(White House)は、アメリカ合衆国の首都ワシントンDCの中心にあるアメリカ大統領官邸です。アメリカ大統領の住居であると同時に、大統領行政府の一部局であり、政権の中心ともいえます。ホワイト ハウスは、初代大統領ジョージ・ワシントン政権下の1792年に建設が始まり、ワシントンが辞任した3年後の1800年に完成しました。初めての入居者は第2代大統領のジョン アダムスです。
新古典主義建築のホワイト ハウスは、コンペで採用されたアイルランド出身の建築家で、1791年にはサウスカロライナの旧州会議事堂も設計しているジェームズ・ホーバン(James Hoban)によるデザインです。ホワイト ハウスの施設内は、クリントン政権時代のファーストレディーによって全館禁煙になっています。

ホワイトハウス・コンプレックス

ホワイト ハウスは、主に建物の中央を占める「エグゼクティヴ・レジデンス(Executive Residence)」と、その西側に位置するウエストウイング(West Wing)、その対にあたる東棟イーストウイング(East Wing)の3棟で構成されています。それぞれの棟はコロナードと呼ばれる通路で結ばれています。
さらに、西の別棟であるアイゼンハワー行政府ビル( Eisenhower Executive Office Building)とローズ・ガーデン(White House Rose Garden)、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン(Jacqueline Kennedy Garden)、北庭、南庭の4つの庭園を含めた複合施設を「ホワイトハウス・コンプレックス(White House complex)」と称します。また各棟を連結するコロナード自体も事務室などが所在するオフィス棟になっています。

ワシントン・ホワイトハウス

ワシントンDCは、米英戦争下の1814年に起きたブラーデンスバーグの戦いで当時のイギリス軍に占拠され、大統領官邸をはじめとする公共施設は焼き払われました。石造りの外壁のみとなった官邸は1817年に再建され、外壁が白く塗られたことから「ホワイト ハウス」と呼ばれるようになります。正式に「ワシントン・ホワイトハウス」と命名されたのは1902年(明治35年)の第26代大統領ルーズベルト政権下で、戦前の日本では「白亜館」と呼ばれました。
現在の地下シェルター付き大統領危機管理センターは、第二次世界大戦中の1942年に第32代大統領ルーズベルトが増築したイーストウイングにあたります。ホワイト ハウスが現在の姿になったのは第33代トルーマン時代の1952年(昭和27年)のことで、シンボルである南側2階のトルーマン・バルコニーはこのとき増設されたものです。

エグゼクティヴ・レジデンス

メインハウス(Main House)と呼ばれるエグゼクティヴ・レジデンスは、大統領とそのファミリーが暮らす公邸であり、各国首脳や要人との会談や調印式も行われる会場でもあります。地上3階、地下3階で、1500坪の総床面積にレッドルーム、グリーンルーム、ブルールームなどそれぞれ嗜好の違う134の部屋と、3基のエレベーターを備えているそうです。
メインハウスの2階にはもともとスタッフのオフィスが入っていましたが、第26代ルーズベルト大統領が子供6人という大家族だったことから、温室と厩舎があった場所にウエストウィングが増設され、オフィスが移されました。副大統領や首席補佐官のオフィスをはじめ、定例記者会見室、国家安全保障会議室、大統領の執務室「オーバルオフィス(Oval Office)」も、メインハウスではなくウエストウイングに入っています。

いかがでしたか

ホワイト ハウスをご紹介しました。なお条件はやや厳しいですが、事前に申し込めば火曜日から土曜日まで行っている無料のパブリックツアーへの参加も可能です。ワシントン観光の際は、参加してみてはいかがでしょうか。

基本情報

所在地:600 Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20500
TEL:(202) 456-1111
アクセス:地下鉄レッドライン「FARRAGUT NORTH」駅より徒歩5分

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する