• はてぶ
  • あとで
海外旅行好きなら絶対頷く!帰国直後に思わずやっちゃう7つのあるあるとは

楽しい海外旅行も、ずっとは続きません。いつかは終わってしまうもの、それが旅行です。そんな海外旅行から日本に帰国した直後に思わずやってしまうことってありますよね。それ、実は他の人も思わずやってるあるあるかも。今回は、海外旅行大好きの筆者がまとめた帰国直後に思わずやってしまうあるあるを7つ、ご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

海外旅行が大好き!

日本国内にもたくさんいいところはあるけれど、海外旅行は外国でしか味わえない魅力がたっぷり詰まっていますよね。そんな海外旅行にハマり、時間を見つけては海外へ繰り出している…という方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな海外旅行から帰国直後に思わず日本でやっちゃうあるあるを発表します。海外旅行好きの方なら、きっとあるあると頷いてもらえるはず。

【1】エスカレーターで逆に乗っちゃう

1つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「エスカレーターで逆に乗っちゃう」。日本、特に東京など関東地方では、エスカレーターは左に立つことが慣習とされていますよね。ですが、海外ではエスカレーターで右に立つ国もたくさんあります。
日本人渡航者に人気のアメリカやフランス、台湾やイギリスなどでは、エスカレーターでは右に立つことが一般的。そのため、そうした国から帰ってきた際は思わず右側に立ってしまうかも。関西地方一部地域では、右側に立つ慣習が根付いていることもよく知られていますよね。その国や地域の慣習に従うのが一番です。

【2】日本の通貨と海外の通貨がごちゃごちゃになっちゃう

2つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「日本の通貨と海外の通貨がごちゃごちゃになっちゃう」。日本で普段使っている財布を海外でも使う場合、財布の中に海外の通貨と日本円がごちゃごちゃになってしまった経験ありませんか?少し大雑把な性格の方はしばらくその状態が続く…なんてことも。
お会計のときに、100円玉だと思ってだしたら全然違う国の硬貨だった!ということにもなりかねません。海外旅行のときは別の財布を使ったり、帰国したら速やかに財布の中身を交換したりしたほうがいいかも。でも自分が旅してきた国の通貨を見て、懐かしい気分に浸れるのも嬉しいですよね。

【3】あっ、Thanks.って言っちゃう

3つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「Thanks.って言っちゃう」。英語圏の国から帰ってくると、挨拶のように言っていたお礼の言葉や、謝る「Sorry.」と思わず言ってしまうことありませんか?あんまりやりすぎると、“海外かぶれ”とみんなに言われてしまう現象です。
海外旅行の日数が長ければ長いほど、思わず口から英語やその国の言葉が出てしまう現象が起きやすいかも。海外アピールするためにわざと言っているわけではないのですが、反射で出てしまうものですよね。徐々に日本語の感覚を取り戻して行きましょう。

【4】逆に日本旅行気分になっちゃう

4つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「逆に日本旅行気分になっちゃう」。海外旅行から帰り、家に向かう途中の電車やバスで、逆に日本旅行の始まりのような気がしちゃうことってありますよね。いつも車窓から見ている景色も、なんだか新鮮に思えたり。
案外このあるあるは、大切な考えかもしれません。日本人ならではの主観から離れて、日本や自分の街を見直すきっかけとなることもあります。今までは気がつかなかった良さを再発見できるかもしれないですね。

【5】日本食の美味しさが染みちゃう

5つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「日本食の美味しさが染みちゃう」。世界中の料理には美味しいものもたくさんありますが、日本生まれ育ちの方にはやはり日本食が一番美味しく感じられるのではないでしょうか。帰りの飛行機で飲んだお味噌汁に感動、なんてことも。
お米やお魚、また最近ではもはや日本食になりつつあるラーメンも、日本人には恋しい味の一つになっているのではないでしょうか。日本に生まれてよかった、と再認識する瞬間です。

【6】物価の違いに驚いちゃう

6つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「物価の違いに驚いちゃう」。言うまでもなく、世界の物価はさまざま。日本よりも物価の安い国にいて、日本帰国後も同じペースでお金を使っていたらいつの間にかカードの請求額が…なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。
レートの違いも大きいですよね。アメリカドルは両替手数料なども含めると1ドル大体120円ほど、そしてイギリスポンドは1ポンド大体150円ほどです。1ポンドを1ドル感覚で使っていると、後で痛い目を見るかも。日本の物価と、海外の色々な国の物価を比較してみるのも面白いかもしれませんね。

【7】思い出に浸ってボーッとしちゃう

7つ目に紹介する海外旅行からの帰国直後に思わずやってしまうあるあるは、「思い出に浸ってボーッとしちゃう」。海外旅行で撮った写真を眺めてぼーっと、はたまた向こうで買ったお気に入りのものを眺めてぼーっとしてしまいがちですよね。気づけば「楽しかったなあ…」と、旅行から帰ってきた喪失感を感じてしまうことも。
iPhoneのカメラロールやInstagramの自分の投稿をひたすらスクロールしてしまいがち。日本の現実に耐えられなくなりそうになりますが、日本にも楽しいことはたくさんあるはずです。早速次の旅行の計画を立てるのもいいかもしれないですね。思い出は思い出として大切にしまって、自分の生活に戻りましょう!

海外旅行好きなら納得するはず!

いかがでしたか?日本とは文化が大きく違う外国から帰ってきた直後は、思わずその国の文化が出てしまうこともよくありますよね。海外旅行好きの方なら納得の部分もあったのではないでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

column_kakikaki旅や生活に関わるコラムを書きます。

このまとめ記事に関して報告する