• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
かつてそこは遊郭だった。遊郭建築が楽しめる大阪の料亭「鯛よし百番」に注目

大阪にはかつて遊郭として使われていた建物を利用し、飲食店を営んでいるお店があります。その名は「鯛よし百番」です。現在は個室の飲食店で、鍋料理や宴会を楽しめるお店となっていますが、今も変わることのない遊郭建築を楽しめます。大阪のディープスポットとして、今回はこの遊郭建築の名残をもつ「鯛よし百番」を紹介したいと思います。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

かつては遊女が暮らしていた

鯛よし百番はかつて遊女たちが暮らしていました。東京の吉原という場所を耳にしたことはないでしょうか?その吉原と同じく、鯛よし百番並びにそのエリアは大阪の色街として親しまれていました。今現在もその影が強く残っています。

登録有形文化財「鯛よし百番」

先ほど紹介したように、鯛よし百番の周囲は色街になっています。商店街のようになっていて「飛田新地」という名前のエリアなのですが、撮影禁止だったりとあまり立ち入らない方が良いエリアなので商店街を突き抜けるのではなく、商店街の外側を通ってアクセスする方が賢明です。
「鯛よし百番」はかつて遊郭だったこともあり、とても豪華絢爛な建物です。現在は登録有形文化財にもなっています。なかなか遊郭建築を楽しめる機会は少ないですから、まずは鯛よし百番の美しく、そして豪勢な建築を楽しんでみてください。

「鯛よし百番」でグルメも宴会も!

鯛よし百番では遊郭建築を利用した、個室で料理を楽しむことができます。料理は寄せ鍋やちゃんこ鍋などの鍋料理が中心です。鰹出汁の効いた寄せ鍋はとても美味しいですよ。また宴会などでも利用できるお店となっています。
鯛よし百番に訪れる際の注意なのですが、こちらのお店、気軽に入れるというわけではないんです。こちらのお店は完全予約制で、事前予約が必須です。そのため訪れる前には必ず予約をするように注意してください。

今宵は鯛よし百番へ!

※画像はイメージです

文化財にもなっている、遊郭建築を楽しめる「鯛よし百番」を紹介してきました。豪華絢爛な遊郭建築の店内で、さらに個室で、グルメも楽しめるというのはここ「鯛よし百番」だけだと筆者は思います。ぜひここ「鯛よし百番」でしかできない体験をしてみてくださいね。

詳細情報

  • 大阪府大阪市西成区山王3-5-25
  • 0666320050

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する