• はてぶ
  • あとで
旅好きの方に知ってほしい。“カウチサーフィン”を使う上での7つのルール

「世界一周してみたい」「バックパッカーになってみたい」そんな旅が大好きな人には是非知ってほしい「カウチサーフィン」。まだ日本では認知度が低いこちらを実際に使ったことがある筆者が今回、使う上でのルールを7つ伝授していきたいと思います!新たな旅の仕方を発見してみましょう。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. そもそもカウチサーフィンとは?

カウチサーフィンとは、インターネット上の無料国際ホスピタリティー・コミュニティーで、既に世界各国で200万人以上のユーザーがいます。一言で説明すると「無料で旅先の地で泊めてくれる人を探すサイト」です。
原則、こちらはお金のやり取りがないこととなっています。自分のプロフィールをしっかりと作るとこから始まります。登録したら自分の旅行先を検索して、泊まらせてくれるユーザーがいるかを探します。ユーザーのほとんどが外国人の方なので、基本のやり取りは英語だと思っておいてください!

2. 相手のプロフィール、評価をしっかりチェック

見知らぬ人に泊まりに行くということはやはり危険がつきものです。実際に、利用経験のある人の中で危ない思いをしたという人が全くいないという訳ではありません。なのでしっかりと泊まらせてもらう人について知ることが大事です。
自分が登録した様に相手もプロフィールにしっかりと記載されているかを確認しましょう。相手がどの様なことをしている人なのかが大事です!そして、その相手がもう泊まらせた経験がある人にはその人がどうだったのか、利用者からのコメントが記載されています。そこもくまなくチェックしましょう。

3. 事前にしっかりとコミュニケーションを

泊まらせてもらう人が探せたら、今度はその人とできる限り距離を縮めて置くことが重要です。会えなくても他人から知人になっておくくらいの気持ちで連絡を取り合いましょう!筆者の場合はメッセージと電話のやり取りをしました。
顔は見えなくても、メッセージや電話でもどんな人なのか少しは知ることができます。もちろん、泊まらせてもらう人に自分のことを少しでも知っておいてもらうのも大事です。その方が初めて会った時にどちらも警戒心が少なくてすみます。

4. 予定をはっきりと伝えておく

by yto
そして自分の予定をしっかりと伝えておくのが大事です。旅をするにあたってどこに何時くらいまでいたいのか、朝は何時に出たいのか自分の理想のプランってありますよね。なので組み立てている予定はしっかりと相手に伝えておきましょう!
相手にも仕事や家庭がある中で泊まらせてもらうわけなので、なるべく早めに予定を伝えておいた方が良いでしょう。筆者が利用した時にも、泊まらせてもらう方が駅から遠い家だからとわざわざ迎えに来てくれたことがありました。自分が着く時間に合わせて行動してくれるのですから、事前にプランを話しておいた方がスムーズな旅をおくれます。

5. 荷物をしっかりまとめておく

いざ、泊まらせてもらう家についたらしっかりと荷物はまとめて、自分の物をわかりやすくしておきましょう。ある程度相手とコミュニケーションはもう取れて距離も縮まっているはずですが、やはり全く今まで知らなかった人なので、貴重品の管理は怠らない方が良いでしょう。
また、寝る時間や起きる時間が相手と異なるとなった時に、荷物をガサガサいじるのは迷惑になるかもしれません。なのでできるだけ必要な物は取りやすいように分けておいて、物音をあまり立てないで済むようにしておきましょう。

6. お風呂の確認

こちらは意外と確認しないで行くと面倒になったりもします。バックパッカーで世界を回っているという場合は、あまりお風呂など気にしないってこともあるかもしれませんが、普通に旅の時の利用の場合しっかり1日の汗は流しておきたいですよね。
もちろんシャワーを貸してくれる人もいますが、それでも中にはやはり他人であるので利用を避けてほしいと思っている人もいるかもしれません。なので、事前にシャワーは使ってもいいかどうか一言確認しておきましょう。

7. 基本中の基本。礼儀正しく!

本当に基本的なことですがやはり「礼儀」は一番大事なことです。ただで寝る場所を提供してくれるなんて、とてもありがたいことです。なので、初めて会った時にはしっかりと挨拶をして感謝の気持ちを伝えましょう。
また、その泊まらせてくれる人がどういう人なのかによって、距離の縮めかたを見極めるのが大事です。もう何十回も利用経験のある方の話では、やはり利用者は人とのコミュニケーションが好きな人が多いけれども、中にはあまり距離を縮めようとしない人もいるようです。なので、失礼にならない程度の距離感も大事です。

いかがでしたか?

実際連絡を取り合っているとはいえ、ホストの方と直接会うまではどんな人なのかとドキドキ反面、不安でしたがとてもいい経験になりました。その地に住む人との出会いなので、オススメの観光スポットも知れるチャンスです!旅好きの人は是非チェックしてみて下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する