"水族館"を旅しよう!日本全国、気になる水族館8選

日本には、楽しい水族館がたくさんあります。北は北海道から南は沖縄まで、気になる水族館をピックアップしてみました。水族館では、その土地それぞれのこだわりの展示を見せてくれるのです。あなたが行きたくなる"水族館"を見つけて、"水族館"を旅の目的にしてみるのはいかがでしょうか。(※なお情報は記事掲載時点のものです。事前に確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

① 鳥羽水族館 / 三重

愛らしさがたまらないラッコに会える♡

”鳥羽水族館”は三重県にある日本屈指の大規模水族館です。展示数は日本国内最大数を誇り、普段なかなか見ることのできない生き物たちに会うことができます。なかでも人気なのは”ラッコ”の展示。国内には4頭しか飼育されていない希少種なので要チェック。

日本で唯一ジュゴンに会える!

ラッコと同じく、日本でみることのできない生き物”ジュゴン”も必見です。人魚伝説のモデルになったともいわれる生き物なんです。鳥羽水族館ではそんなジュゴンをゆっくりみることができる貴重な空間ですよ。

詳細情報

② 沖縄美ら海水族館 / 沖縄

うつくしきダイビングの世界へ

"沖縄美ら海水族館"は、沖縄の素晴らしい海をリスペクトした愛され続ける水族館。まさに、水族館のベストセラーです。何より、巨大なジンベイザメが三匹も泳いでいる巨大な水槽、"黒潮の海"は圧巻です。また、沖縄の海をダイビングしているような気分になるサンゴ礁や熱帯魚たちによって、カラフルな素晴らしい世界が再現されています。

ド迫力の"ナンヨウマンタ"

"沖縄美ら海水族館"は、世界最大のエイのひとつである"ナンヨウマンタ"を複数飼育し、繁殖することに、世界で初めて成功しています。巨大な水槽の中で、圧倒的な存在感で泳ぐ"ナンヨウマンタ"の姿はまた、驚きの迫力です。

詳細情報

③ 海遊館 / 大阪

世界最大級のを誇る壮大な水族館

世界でも最大級の水族館 "海遊館"。ここは、太平洋の全域を再現する壮大な水族館です。日本だけでなく、世界。海だけでなく、水辺や森。さまざまな視点を広げさせてくれる巨大な水族館です。

デートコースに、夜の水族館も

閉館時間は19:00。そのため、夜のデートコースにも使えるのが、"海遊館"のうれしいポイント。毎日夕方の5時から、"夜の海遊館"の時間が始まります。昼とは違って幻想的な雰囲気になった館内は、よい雰囲気になること間違いなしのスポットです。

詳細情報

④ 北の大地の水族館 / 北海道・北見市

"滝つぼ" のある水槽

北海道北見市にある"北の大地の水族館"は、今話題の水族館。川の魚や生き物をテーマにした水族館で、小さな規模ながら、その工夫された展示の仕方が話題となっています。有名なのは、日本初の"滝つぼがある水槽"。川をのぼる魚たちにとって滝つぼは障害物でなく、エサが落ちてくるスポットなのだそうです。

日本一"イトウ"がいる水族館

"北の大地の水族館"は、幻の淡水魚"イトウ"の数が日本一です。しかも、1メートル級のイトウが20匹も飼育されているそうです。かなり圧巻の姿ですので、これはぜひ見てほしい展示です。また、この水族館では、冬は水槽の水面が凍った状態にし、実際にどのように魚たちが冬を過ごしているかを鑑賞することも出来ます。実はこれ、世界初の試みだそうです。

詳細情報

⑤ 名古屋港水族館 / 愛知・名古屋

注目は、北館の迫力ある展示

"名古屋港水族館"は、世界でも最大級の野外水槽を持っています。展示は、大きく北館・南館に分かれています。中でも、その北館にいるシャチ、イルカ、ベルーガなどの展示は素晴らしいのです。水槽は吹き抜けになっていて、動物たちが跳ねて、水中にもぐる姿など、生き生きとした展示を見ることができます。

南極への道をたどる南館

南館の展示は、日本から南極へと縦断する壮大な旅をテーマにしています。世界最大規模の海流である"黒潮"を再現した"黒潮大水槽"では、ひしめくように泳ぐイワシの姿が、まるでアートのように映し出されます。その他にも、深海、赤道、ペンギン、ウミガメなど、さまざまな展示を見ることができます。

詳細情報

名古屋港水族館

愛知県名古屋市港区港町1-3

3.64 841815
名古屋水族館

大阪から名古屋に行く際に、名古屋水族館へ立ち寄りました。これまで海遊館や京都水族館など近場の水族館に何度も遊びに行きましたが、個人的に一番好きな水族館です。 その中でも特に印象的だったのは、ベルーガ(シロイルカ)と鰯、ペンギンのコーナーでした。 ベルーガのショーは、写真からもわかるように見れる場所がベルーガから激近で、内容ではベルーガについての豆知識を芸を交えて解説してもらえて、とってもかわいいし、知識が増えて少しかしこくなった気分でした。一見の価値があると思います。またみたい! おみやげのベルーガの人形が飼育員さん監修(?)で、とてもリアルでかわいかったので、買うか買わまいか真剣に悩みました。おすすめです! 鰯のショーはたまたま通りすがりに見れたのですが、幻想的な音楽とライトアップで、思わず足を止めて見入ってしまいました。鰯だと思ってナメてました。これもまた見たい! ペンギンコーナーはいい感じの暗さでムードがあります。部屋の端っこに手作りねこじゃらしのようなものがあって、泳ぎ回ってるペンギンをおちょくり倒しました。すごい食いついてくるし、ペンギンをあやつっているようでめちゃめちゃ楽しかったです。 また行きたい!

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する