• はてぶ
  • あとで
そばが食べたくなる季節。東京都内の“老舗のそば屋”7選

夏といえば、やはりそばではないでしょうか。食欲のなくなってくる季節だからこそ、つるっと美味しいそばが食べたくなります。東京には、古くは江戸時代から続く老舗のそば屋がたくさんあります。そうした歴史もあるそば屋に出かけてみませんか。東京都内にあるおすすめの老舗そば屋を厳選してご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 神田 まつや / 東京・神田

創業明治17年の名店

明治17年創業の老舗そば屋、"神田まつや"。創業当時の面影が残る店内は、今もにぎわっています。今も昔から引き継ぎつつ、美味しさを追求した極上のそば。味にもこだわりをもっているからこそ、多くの人に愛され続けているのでしょう。

親子丼もおすすめ

そばだけでなく、"親子丼 "も美味しいと評判です。甘辛の味に、しみ渡る一杯です。また、そば呑み用のメニューも安定。"焼き鳥"はジューシーでボリュームたっぷり。ぜひ食べてほしい逸品です。

詳細情報

東京都千代田区神田須田町1-13

3.23 476

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② 南千住砂場 砂場総本家 / 東京・三ノ輪

文化財指定を受けた建物

東京メトロ 日比谷線の三ノ輪駅から徒歩6分ほどのところにあるのが、"南千住砂場 砂場総本家"。 江戸時代からの流れをくむ、老舗のおそば屋さんです。創業は大正元年(1912年)。その建物は、昭和29(1954)年に建てられたもので、荒川区から文化財指定を受けています。

こだわりのそば、料理の数々

レトロな雰囲気ですが、おそばがまた美味しいのが、この店の一番の魅力。つるっとのど越しのよい白い蕎麦は、夏の暑い時にはぴったりの、まさに江戸そばです。また、ここの親子丼もまた絶品なので、ぜひ試してみてください。

詳細情報

③ 巴町 砂場 / 東京・虎ノ門

とろろそば発祥のお店

江戸時代のそばの大きな流れのひとつ、"砂場"。南千住の"砂場総本家"と、もうひとつの老舗がこの"巴町 砂場"なのです。東京・虎ノ門にあり、とろろそばの発祥の店としても有名です。"趣味のとろそば"は、ふわふわのとろろとお蕎麦にご飯が付いたセット。抜群の美味しさなので、お腹がすいているときにおススメですよ。

冷えた体に"肉南ばん"

冷房などで冷えてしまった体には、暖かいお蕎麦もおすすめです。"肉南ばん(1080円)"など、関東風な出汁で、身体が温まります。古くからの常連さんも多く、朗らかな店内は、江戸の歴史を感じさせる素敵なお店です。

詳細情報

東京都港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル 1階

3.15 02

④ かんだ やぶそば / 東京・神田

明治13年創業、復活した老舗そば屋

神田にある東京を代表するそばの老舗名店、 "かんだやぶそば"。明治13年に創業で、長い歴史をほこるが、2013年に建物が火災にあってしまい、新たな建物で、営業を再開。再開をよろこぶたくさんのファンが、"かんだやぶそば"に詰めかけました。

おすすめは "鴨ロース (670円)"

そば呑みの際は、ぜひこの"鴨ロース (670円)"を頼んでみてください。特製ソースで煮込んだ合鴨の胸肉が絶品です。ほかにも、色々と趣向こらしたおつまみメニューが揃っているので、そば呑みが好きな人には、ぜひ一度は行ってもらいたいお店です。

詳細情報

⑤ 並木藪蕎麦 / 東京・浅草

"美味しんぼ"でもモデルになった老舗名店

東京・浅草にある"並木藪蕎麦"。世代を超えて愛されるグルメ漫画"美味しんぼ"。その2巻("そばツユの深味")に登場する蕎麦屋のモデルにもなっています。そばは、味の濃いそばつゆをさっとつけていただくスタイル。そばと濃い目のつゆがベストマッチの一品です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する