そばが食べたくなる季節。東京都内の“老舗のそば屋”7選

夏といえば、やはりそばではないでしょうか。食欲のなくなってくる季節だからこそ、つるっと美味しいそばが食べたくなります。東京には、古くは江戸時代から続く老舗のそば屋がたくさんあります。そうした歴史もあるそば屋に出かけてみませんか。東京都内にあるおすすめの老舗そば屋を厳選してご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

① 神田 まつや / 東京・神田

創業明治17年の名店

明治17年創業の老舗そば屋、"神田まつや"。創業当時の面影が残る店内は、今もにぎわっています。今も昔から引き継ぎつつ、美味しさを追求した極上のそば。味にもこだわりをもっているからこそ、多くの人に愛され続けているのでしょう。

親子丼もおすすめ

そばだけでなく、"親子丼 "も美味しいと評判です。甘辛の味に、しみ渡る一杯です。また、そば呑み用のメニューも安定。"焼き鳥"はジューシーでボリュームたっぷり。ぜひ食べてほしい逸品です。

詳細情報

tabelogで見る

神田まつや

東京都千代田区神田須田町1-13

3.27 896
つるつるっなお蕎麦

まつや【神田】 . . . たまたま通りがかって一目惚れしてしまったお店にお邪魔してきました🚶‍♀️ 神田駅から徒歩5分ほどの場所にあるそばの専門店です🥢 (こちらは本店で、吉祥寺にも支店があるみたい。) . . . 素敵な建物は千代田区の「景観まちづくり重要物件」にも指定されているのだとか。 1925年(大正14年)に建築された木造2階建ての建物らしいのですが、朽ちずに凛とした老舗の名店感漂うお店です☺️ . . . 平日お昼ごろ伺ったところ、店頭には行列が。 ただサラリーマン多めで回転率がよく、店内も広いので20分たらずで入ることができました🕰 . . . 注文はシンプルにせいろに✍️ 提供も早かった、ちゃきちゃきと気持ちの良い接客でした。 . . . お蕎麦はつるっとしていてのど越しがめちゃくちゃよく驚きました🫢 これが江戸っ子の蕎麦なのかな? 江戸っ子は蕎麦をほとんど噛まない、とはよく聞きますが確かに噛まずにのど越しを楽しみたくなるようなつるっとした表面の蕎麦でした✨ . . . たっぷりと蕎麦湯も出してもらえるので甘辛く美味しいつゆも最後まで楽しめます👌 . . . 食通としても知られる小説家の池波正太郎さんもひいきにしていたのだとか✒️ ときたま神田まつや監修のカップ蕎麦が出たりもしますがこのお店の雰囲気含め、是非足を運んでほしいお店です🙆‍♀️ . . . #吉祥寺 #新橋グルメ #まつや #新橋のみ #神田 #有楽町グルメ #神田のみ #神田グルメ #東京駅グルメ #東京駅ディナー #神田まつや #レトログルメ #神田駅 #銀座グルメ #池波正太郎 #屋台グルメ #蕎麦好きな人と繋がりたい #馬喰町グルメ #日本橋のみ #昭和レトロ #千代田区グルメ #日本橋グルメ #東京駅グルメ #東京グルメ #蕎麦スタグラム #景観まちづくり重要物件 #有楽町ディナー #新日本橋グルメ #吉祥寺グルメ #蕎麦

② 南千住砂場 砂場総本家 / 東京・三ノ輪

文化財指定を受けた建物

東京メトロ 日比谷線の三ノ輪駅から徒歩6分ほどのところにあるのが、"南千住砂場 砂場総本家"。 江戸時代からの流れをくむ、老舗のおそば屋さんです。創業は大正元年(1912年)。その建物は、昭和29(1954)年に建てられたもので、荒川区から文化財指定を受けています。

こだわりのそば、料理の数々

レトロな雰囲気ですが、おそばがまた美味しいのが、この店の一番の魅力。つるっとのど越しのよい白い蕎麦は、夏の暑い時にはぴったりの、まさに江戸そばです。また、ここの親子丼もまた絶品なので、ぜひ試してみてください。

詳細情報

③ 巴町 砂場 / 東京・虎ノ門

とろろそば発祥のお店

江戸時代のそばの大きな流れのひとつ、"砂場"。南千住の"砂場総本家"と、もうひとつの老舗がこの"巴町 砂場"なのです。東京・虎ノ門にあり、とろろそばの発祥の店としても有名です。"趣味のとろそば"は、ふわふわのとろろとお蕎麦にご飯が付いたセット。抜群の美味しさなので、お腹がすいているときにおススメですよ。

冷えた体に"肉南ばん"

冷房などで冷えてしまった体には、暖かいお蕎麦もおすすめです。"肉南ばん(1080円)"など、関東風な出汁で、身体が温まります。古くからの常連さんも多く、朗らかな店内は、江戸の歴史を感じさせる素敵なお店です。

詳細情報

tabelogで見る

巴町砂場

東京都港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル 1階

3.17 02

④ かんだ やぶそば / 東京・神田

明治13年創業、復活した老舗そば屋

神田にある東京を代表するそばの老舗名店、 "かんだやぶそば"。明治13年に創業で、長い歴史をほこるが、2013年に建物が火災にあってしまい、新たな建物で、営業を再開。再開をよろこぶたくさんのファンが、"かんだやぶそば"に詰めかけました。

おすすめは "鴨ロース (670円)"

そば呑みの際は、ぜひこの"鴨ロース (670円)"を頼んでみてください。特製ソースで煮込んだ合鴨の胸肉が絶品です。ほかにも、色々と趣向こらしたおつまみメニューが揃っているので、そば呑みが好きな人には、ぜひ一度は行ってもらいたいお店です。

詳細情報

tabelogで見る

かんだやぶそば

東京都千代田区神田淡路町2-10

3.56 12127
“やぶそば“のルーツ。細部までこだわられた絶品蕎麦。

『藪そば』の由来は江戸の中期に遡る。東京都豊島区にかつてあった美味しい蕎麦屋が発祥で藪の中にあったことに由来しているそうだ。そんな『藪そば』のルーツが駒込団子坂藪蕎麦から暖簾を引き継いだ『かんだやぶそば』。1880年創業。伝統的な緑色の蕎麦は初代店主が蕎麦の味が落ちる夏の時期に見た目だけでも清涼感を楽しんでもらおうと若芽を練り込んだのが始まりだ。 ◆場所 神田駅から徒歩3分 ◆営業時間 11:30〜20:30(L.O. 20:00) 日曜営業 ◆定休日 水曜日 ◆混雑状況 平日の夜に足を運びました。 すぐに入れました。 ◆本日は【せいろそば】(¥900)+【あいやき】(¥1600)を注文。 喫茶の名店ショパンのすぐ近くに『かんだやぶそば』は所在する。遠目で見ても広く、風情のある風貌は人を惹きつけるものがある。店内へ入るとすぐさま一斉に女将さんたちが「いらっしゃいませ」と迎えてくれた。接客からも老舗ならではの趣きを感じる。 【せいろそば】のみ注文する予定だったが、酒菜も美味しいという話を聴き、苦悩の末に【あいやき】も注文。 まずは【あいやき】からテーブルに運ばれた。 こじんまりとしたお皿にネギと鴨が4つずつ。 ビジュアルは素晴らしかったが、最初は「(値段に対して)少な!」と思った。 しかし、ネギは噛めば噛むほど甘さを感じるし、鴨は癖がなくジューシーで弾力がある。溢れる脂も心地よいので値段相応の価値はあった。 続いて【せいろそば】。特徴的な黄緑色のそばにはクロレラを使用しており、仄かに甘みがある。このお店の凄さというのはむしろ蕎麦よりも、その周囲にあると思う。葱は丸切りがポンと置かれるのではなく細く切られたものを厳選しているし、山葵は甘さが際立つ。極めつけは“鰹つゆ”。蕎麦と合わせると濃いながらもフルーティ。デザートかと一瞬思ってしまうほど鰹の甘さがあとを引く。 遅い時間でも女将さんが沢山いらっしゃってきめ細かく接客をしていたり、細部まで丁寧なお店でした。

⑤ 並木藪蕎麦 / 東京・浅草

"美味しんぼ"でもモデルになった老舗名店

東京・浅草にある"並木藪蕎麦"。世代を超えて愛されるグルメ漫画"美味しんぼ"。その2巻("そばツユの深味")に登場する蕎麦屋のモデルにもなっています。そばは、味の濃いそばつゆをさっとつけていただくスタイル。そばと濃い目のつゆがベストマッチの一品です。

冬は、"鴨南蛮"

"並木藪蕎麦"の冬の定番と言われるのが、この"鴨南蛮"。鴨の美味しさが、甘めの汁に溶け込んだ極上の味です。夏のそばも美味しいですが、冬も楽しむことができます。冬がきたら、ぜひ一度は訪れて、この"鴨南蛮"を頼んでみてください。

詳細情報

⑥ 総本家 更科堀井 / 麻布十番

江戸時代からつづく歴史ある老舗

東京・麻布十番に総本店をもつ "総本家 更科堀井" は、江戸時代から220年以上の歴史を誇る老舗のそば屋。"辛口のつゆ"と"甘口のつゆ"の2種類を、自分の好みでブレンドすることができます。江戸の遊び心を感じますね。

そば呑みや会席料理も

そば呑み用の一品料理から、宴会用のそば会席のプランまで、さまざまな用途で利用することができます。一品一品が丁寧な味です。その月々変わりで、おすすめの地酒を置いています。こだわりの日本酒と楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

⑦ やぶ久 / 東京・日本橋

明治35年創業の日本橋の老舗そば屋、"やぶ久"。日本のおもてなしの心があふれる温かな店内は、歴史とともに上質な雰囲気をかもし出します。しっかりとした出汁の味が特徴です。また天ぷらも、季節の旬な食材が織り込められています。

なんといっても、カレー南蛮

日本橋の"やぶ久"といえば、やはり"カレー南ばん"が絶品。出汁とうま味とカレーの相性はバツグンです。辛さも選ぶことができます。夏の暑気払いにスパイシーなカレー南ばんを食べてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

老舗のそば屋にあるロマン

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

あなたが気になる老舗のそば屋は見つかりましたか? 老舗のそば屋には、美味しいそばを食べるだけでなく、昔の文化や歴史を感じることができる楽しさがあります。「昔の人も、こうして暑い夏をのりこえていたのかな」なんて考えながら、そばをすすってみてはいかがでしょうか。そんなロマンあるひとときを、ぜひ過ごしてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する