• はてぶ
  • あとで
やっぱり日本が一番だ。世界に誇る、“日本でしか見られない”絶景7選

みなさんは絶景というとどこを思い浮かべますか?アフリカの大自然やヨーロッパの街並み、オセアニアなど海外には絶景という名前にふさわしい景色が多く、外国の風景を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、日本には海外に負けない絶景がたくさんあります。今回は、日本でしか見れないであろう日本文化と自然が織り成す絶景を厳選して7つ紹介したいと思います。(なお、情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 新倉山浅間公園 / 山梨県

最初にご紹介するのは、山梨県富士吉田市にある「新倉山(あらくらやま)浅間公園」です。こちらでは、富士山と五重塔を一緒に楽しむことができます。春には桜も一緒に楽しめ、これぞ日本という絶景を見ることができます。
夜にはライトアップされ、より幻想的な雰囲気になります。日本の文化の美しさを感じますよね。この絶景を見るには、公園の頂上の展望デッキまで398段の階段を上らなければなりません。体調を整えて絶景に挑んでくださいね。見ごたえがあるので休憩しつつも登りきって、絶景にシャッターを切ってください。

詳細情報

山梨県富士吉田市新倉浅間2ー3353

3.83 28654

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② 瑠璃光院 / 京都府

続いてご紹介するのは、京都府にある「瑠璃光院」です。通常は非公開ですが、新緑の青もみじの時期と紅葉の時期の年に2回だけ特別に公開されています。美しいもみじと書院のコラボレーションは、まさに日本の絶景。この書院は大正時代後期から昭和初期にかけて造営された、歴史を感じられるものです。
紅葉の時期も圧倒されるような美しい景色が広がります。紅葉は海外にもありますが、やはり日本の紅葉は素晴らしいと絶賛されているそうです。この「瑠璃光院」では、日本の四季と伝統を感じることができます。

詳細情報

京都府京都市左京区上高野東山55 瑠璃光院

4.51 953343

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ 厳島神社 / 広島県

続いてご紹介するのは、広島県の「厳島(いつくしま)神社」です。日本三景に選ばれるなど絶景としての名が知られていますが、それは世界クラスで見てみても劣りません。特に絶景になるのは、日の入りのときの夕暮れに染まった海と鳥居の組み合わせです。山が暗く海がオレンジになっているのでライトアップがされているようで、とても感動します。
日没後には厳島神社はライトアップがなされ、まさに神々しい光景を見ることができます。日本文化が詰まった厳島神社は外国人にも人気なようで、京都と並んで広島は外国人観光客が多いそうです。周辺には文化財や国宝の建物もたくさんあり、1日楽しめます。
※令和4年12月まで改修工事が行われています。詳細は公式ホームページなどでご確認ください。

詳細情報

広島県廿日市市宮島町1-1 厳島神社

4.32 1254414

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 竹田城跡 / 兵庫県

続いてご紹介するのは、兵庫県朝来市にある「竹田城跡」です。雲の上に城が浮かんでるように見えることから、"天空の城"や"日本のマチュピチュ"とも呼ばれています。標高353mの古城であり、お城の石垣の部分が完全に残されている、とても珍しい城跡です。
夕方に写真を撮るとこのように本当に島なのではないかと思わず疑ってしまうほどです。昼間よりも幻想的に映りますね。うまく「竹田城跡」を写真に収めるには、「竹田城跡」の向かいにある「立雲峡(りつうんきょう)」の展望台から撮影するといいらしいです。ぜひ試してみてくださいね。

詳細情報

⑤ 銀山温泉 / 山形県

続いてご紹介するのは、山形県にある「銀山温泉」です。温泉街の雰囲気も日本ならではの絶景ですよね。銀山温泉にある建物は大正期から昭和初期につくられ、レトロやモダンの雰囲気が入り混じっています。夜になると暖かな光が街を照らし、幻想的な世界が広がります。
銀山温泉の旬な季節はずばり冬です。雪が建物の上に降り積もり、建物の木組みや橋の赤色が際立って見えます。雪の降る様子が温泉街の景色をより一層幻想的に魅せます。日本にしかないこの景色を温泉とともに楽しむのも良いですね。

詳細情報

jalanで見る

山形県尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

4.48 381385

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

能登屋旅館さんに宿泊しました

大正時代の雰囲気が味わえる銀山温泉。 町が観光スポットという、散歩だけで楽しい場所でした。 見て回るところはそんなにたくさんないですが、奥の方には滝もあり、ゆっくり山登りもしました。 工事中であったので、奥の方は諦めたのですが、ゆっくりゆっくり回って2時間ほど楽しめました。 山登りとかしない方には観光の時間は1時間もいらないかなという感じですが、お土産屋さんやお酒屋さん、喫茶店のようなところもあり、ゆっくり過ごすにはとても最適なところでした。 昼と夜では雰囲気も全く異なり、1日で2度美味しい場所でした。 冬には雪が積もるようで、また一味違う雰囲気を味わうことができると聞いて、また冬にも行きたいなと思いました。 旅館の浴衣、下駄を履いて散歩するのもとても趣があり楽しかったです。 私は体験していませんが、大正時代の衣装の貸し出しをしているところもあるそうですよ。 能登屋旅館さんはとてもアットホームな雰囲気で、チェックインからチェックアウトまで良い対応をして頂きました。お食事も大変美味しかったです。 温泉は予約制で貸切のところや、空いてたら貸切ができて入れるという温泉、大浴場と3種類もあり、部屋食もできるのに20000円程の宿泊料でした。とてもリーズナブルで大変貴重な体験ができたと思います。

⑥ 白川郷 / 岐阜県

続いてご紹介するのは、岐阜県にある「白川郷」です。世界遺産に登録されており、外国人からも日本人からも認められている「ザ・日本のふるさと」です。時期や時間を問わず楽しむことができます。展望台から合掌づくりの建物群を見ると、タイムスリップしたかのような世界を覗くことができます。
遠くから見ても絶景ですが、近くで見るとその懐かしさ・ノスタルジックさに感動します。田植えのお祭りが行われていたり、今でも築300年ほどの民家に実際に暮らしている方がいたりと、文化がしっかり守られて受け継がれているのを見ることができます。日本の原風景はこれからも守っていきたいですね。

詳細情報

⑦ 伏見稲荷大社 / 京都府

続いてご紹介するのは、「伏見稲荷大社」です。日本人だけでなく、外国からの観光客も大勢訪れる観光スポットです。何本も連なる朱色の鳥居は圧巻で、フォトジェニックでもありますよね。こちらは、全国のお稲荷さんの総本山なんです。
「伏見稲荷大社」の神さまはきつねとされています。そのため狛犬(こまいぬ)でなく、きつねが私たちをお出迎えしてくれます。なお伏見稲荷の鳥居群は午後になると観光客が増え始めるので、写真を撮るなら午前中のなかでも早めの時間をオススメします。

詳細情報

京都府京都市伏見区深草藪之内町68 伏見稲荷大社

4.51 2665410

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑧ 東沢大橋 / 山梨県

最後にご紹介するのは、山梨県にある「東沢大橋(ひがしさわおおはし)」です。山梨県の良さは富士山や富士急ハイランドだけには留まりません。山梨県のもう一つの日本を代表する絶景である東沢大橋のベストシーズンは紅葉の時期。橋の色が紅葉と溶け合い、一面赤の絨毯のようになります。
ベストシーズンでなくとも、夏には橋と自然のコントラストを楽しむことができます。世界にはこのような形の橋はあっても、赤い色で塗られていることはあまりなく、ドライブできる橋というのも珍しさに一役買っています。海沿いのドライブもいいですが、たまには山の中をドライブするのもいいかもしれません。

詳細情報

山梨県北杜市大泉町西井出

3.10 219

いかがでしたか?

いかがでしたか?日本文化と自然が溶け合うと、なんとなく懐かしさがあって感動しますね。海外の絶景もスケールが大きくて良いですが、日本の絶景も負けず劣らずすばらしいところがたくさんあります。実際に訪れて、日本のすばらしさを再発見してみてはいかがでしょうか。(なお、情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する