眺望最高!「ヘネラリーフェ庭園」は花と緑と水の造形美がすごい!

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿。世界遺産にも認定されているこの宮殿は、丘の上にそびえる城塞都市となっています。荘厳な宮殿と広大な敷地内にある美しい庭園が見どころであり、人気の観光スポットとなっています。 今回ご紹介するのは、「ヘネラリーフェ庭園」です。緑に囲まれたこちらの庭園には、宮殿や中庭とはまた異なった魅力満載です。ツアーで行かれる方はおそらくコースに入っていると思いますが、それ以外の方にもぜひヘネラリーフェ庭園も見られることをおすすめします!

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

はじめに「ヘネラリーフェ庭園」とは

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿。イスラム支配時代に造られたこの宮殿ですが、歴史的建造物としても最高傑作で有名です。その後、キリスト教の支配下でも利用されたので、当時とは異なる形で残っている部分も多いのですが、非常に芸術性も高くなっています。
そんなアルハンブラ宮殿から少し歩くと、いわば夏の別荘として当時王族に使用されていた離宮があります。そこが「ヘネラリーフェ庭園」です。宮殿内の数ある中庭も美しいですが、こちらの庭園も非常に美しいです。
その「ヘネラリーフェ庭園」の美しさの秘密とは一体何なのでしょうか?ここではおすすめポイントを説明しながら、その魅力に迫ります!これから行かれる方、検討中の方の参考になれば嬉しいです。

おすすめポイント①夏を涼しく過ごすための秘密

グラナダの夏は乾燥していてとても暑くなります。現在のような進んだ技術がまだなかった昔の人々は様々な工夫をしてそんな夏を乗り切っていますよね。日本でも、音や目で見るもので涼をとったりしましたが、ヘネラリーフェ庭園でもそれは例外ではありません。むしろ水の宮殿とも呼ばれているほどです。
イスラム建築では様々な技法が使われていますが、その一つに水の技法があります。例えば、公園などにもある噴水。庭園にも利用されています。見ているだけでも涼しくなりますね。あとは水路があったり、階段状になっていたり、魅せ方も様々。特にアセキアの中庭はおすすめです。
この水はどこからと思われるかもしれませんが、安心してください。ヘネラリーフェ庭園の水は山からの水を引いてきているので非常に経済的です。夏に行かれる方はぜひ、当時の人々と同様に水を楽しんでくださいね。

おすすめポイント②緑の木々や花々が彩り豊か

庭園というと、やはり木々や花々も見どころの一つですよね!園芸好きな方は特に気になるところです。そうすると、やはり気になるのはどの季節に訪れるのがよいのかです。なかなか選べないという方も多いとは思います。
ヘネラリーフェ庭園のおすすめの季節はやはり春!春といえば、長い冬が終わり、緑や花がキレイになって咲き乱れる季節ですよね。こちらでは藤やバラのアーチなどが楽しめます。その他にも整えられた花壇もきれいですよ。
新緑の夏もなかなか良いですが、冬も整えられたイトスギがキレイだったという声も聞かれました。楽しみ方も人それぞれですね。花が咲いていなくても、キレイに手入れされている庭園ではやはり心落ち着く気がします。ヘネラリーフェ庭園へ行かれる季節、それぞれの楽しみ方をみつけてみてくださいね!

おすすめポイント③眺望の良さ

ヘネラリーフェ庭園は、太陽の丘と呼ばれる少し高いところに造られています。ですので、庭園内を楽しむのはもちろん良いですが、そこから臨める眺望にもぜひご注目して頂きたいと思います。
ここからは、アルハンブラ宮殿の広大な景色やアルバイシン地区などグラナダの街を一望できます。とにかく景色が最高だったという声も多く聞かれました。近くから見るのもよいですが、遠景として見るのもまた違った味わいがありますよね。
当時の王族もきっと夏の別荘であるヘネラリーフェ庭園で、普段のアルハンブラ宮殿を眺めながらゆっくりするなんてことが出来たのでしょうか。ここを見て、当時に思いをはせてみるのも楽しいですね。庭園内の写真に加えて、様々な眺望の写真も忘れずにおさめておきましょう!

おすすめポイント➃綺麗に作り込まれた造形美

なんとなく迷い込んできたような、物語の世界でよくありそうなアーチ型の木々たち。洋風な庭園ではよく見られますが、ヘネラリーフェ庭園でも様々な造形美が楽しめますよ!先程、ご紹介した藤やバラもアーチ型になっているところもあります。
アルハンブラ宮殿内でも左右の生垣があったと思いますが、こちらでもキレイに整えられています。また噴水の周りを囲うように生垣があるところもありますよ。自然に咲いているのも美しいですが、人の手が入った造形美もまた美しいですね。
ヘネラリーフェ庭園ではこのような緑や花々の造形美に加え、様々な水の魅せ方があり、工夫されているのですが、緑のそばには水があるという形はむしろ自然に近い景色にも思えてきますね。すごく自然な景色ゆえに見ている人々を和ませるということもあるかもしれません。

おわりに「ヘネラリーフェ庭園」へ行ってみよう!

いかがでしたか?様々な楽しみ方をご紹介しました。園芸好きな方、写真好きな方、建築好きな方にはもちろんおすすめですが、特に普段は興味がなくても、建物だったり、庭園だったり、ただ見て歩くだけでもかなり圧倒されると思います。
これからグラナダに行かれる方には事前の情報として有益に、今検討中の方にはぜひ検討材料として役立ててくださいね!またアルハンブラ宮殿に行かれる方はぜひヘネラリーフェ庭園の方も行かれることをお勧めします。

詳細情報

【施設名】ヘネラリーフェ庭園
【住所】Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, スペイン(アルハンブラ宮殿)
【電話】+34 958 02 79 71
【営業時間】
〈昼の部〉 8:30~14:00、 14:00~18:00(10月15日~3月14日)/14:00~20:00(3      月15日~10月14日)※庭園見学含む
〈夜間の部〉
 ナスル朝宮殿見学:10月15日~3月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
          3月15日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 庭園見学:3月15日~5月31日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
  9月1日~10月14日:火曜日~土曜日 22:00~23:30
 10月15日~11月14日:金曜日・土曜日 20:00~21:30
【入場料金】昼の部は14€/12歳未満無料、12-15歳8€
      ナスル朝宮殿夜間見学は8€/12歳未満無料
      ヘネラリーフェ夜間見学は5€/12歳未満無料
   庭園、アルカサバ、ヘネラリーフェ見学は7€/12歳未満無料
※最新の情報をご確認ください。
【アクセス】グラナダ市内よりマイクロバス30番、32番 1ユーロ(約10分)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する