• はてぶ
  • あとで
肉食女子も肉食男子もおったまげ! 極上の肉の花「がぶ丼」がやばすぎる

「ああ、何でもいいから肉が食べたい!」皆さんはそう思うときがありませんか?でも胃もたれしたくないし、お金もかけたくない、そんな人もいるでしょう。第1回全国丼グランプリを受賞した武蔵小山にある「くいしんぼう がぶ」の「がぶ丼」はそんな皆さんの欲求を満たしてくれます。これで皆さんも「がぶ丼」に夢中になるでしょう。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

がぶ丼とは?

武蔵小山駅から5分ほどのところにある「くいしんぼう がぶ」というお店、店名からがっつり系の料理を提供してくれることがひしひしと伝わってきますね。がぶ丼は「大輪の花」、「肉の薔薇」など料理では聞きなれない評価を受けています。

がぶ丼の魅力

丼に使われているお肉は一頭の牛からわずかしか取れない「しんたま」という希少部位の肉。特にしんたまは牛の部位の中で最も脂肪が少なく、たんぱく質が多い部分。

出典:news.livedoor.com

さっと火を通したタタキ風のレア牛肉は噛むほどに肉本来の強いうまみを口いっぱいにあふれさせる。さらに少し甘辛い醤油ダレがしみ込んだご飯との相性は抜群。そしてレア牛肉とご飯を粗挽き黒こしょうが引き締めるアクセントとなっている。

出典:news.livedoor.com
脂身が少ないので、飽きないうえに見た目の量の割りに女性でもあっさり食べられるのがおすすめポイントです。あっさり食べられるにもかかわらず「肉を食べている!」という欲を満たせるのでもうこれ以上に幸せなことはないですね。

サイズは3種類

肉180グラム1300円、270グラム1850円、1ポンド(453グラム)3100円です。ご飯の量は小丼以外はどのサイズでも変わらず肉の量だけ増えていくというなんとも贅沢な食べ方ができます。
写真は真ん中が180グラム、右が1.5倍の270グラムで左は小食の方用の小丼です。1ポンドの迫力はもっともっとすごいですよ!覚悟して次の写真をみてくださいね!
手前のものが1ポンドのがぶ丼!味の評判も高いがぶ丼ですが、見ているだけで「あ〜美味しかった!」と言えてしまうほどビジュアルも抜群です。

2つの味を楽しめる

がぶ丼は肉には上からコショウをかけているだけの味付けです。でも、食べ進めていくと下に沈みご飯にしみこんだ甘めのタレと絡んで第2の味になるんです!味の面でも飽きずに大量の肉を食べることができるのがこの丼の人気の秘密。

食べた人の声は?

アディたぬ@Adidastanuki
くいしんぼうがぶさん『がぶ丼』 1300円 昨夜19:40 満席、待ちなし。注文のほとんどががぶ丼。注文してから一枚ずつ切って盛り付けるため、回転は遅め。見た目の美しさは芸術品。レアな牛肉は柔らかくていくらでも食べられそう。鬼旨い。 http://t.co/Ea5eQocJlT

2015-07-25

インパクトを出すための演出でないことが1口目からすぐにわかりました。見た目だけでなく味も文句無しの最高級。味も硬さも私の中でストライク、ペッパーとしつこさない甘辛のタレが絶妙に効いたお肉。お肉に臭みも全くなく美味しすぎました。お皿の縁部分のお肉も硬さが丁度よく本当に本当に美味しかったです。

出典:webmemo.biz
おかの@half_quarter_
初がぶ丼!!超おいしかった!また行きたい!! http://t.co/S5ejSnqB5t

2015-07-24

ハカ@弓道@haka1016
がぶ丼……………………? http://t.co/6pTXNymVGI

2015-07-22

どの方も肉の芸術であるがぶ丼の虜になっていますね!

今すぐ食べるしかない!

皆さん食べたくなりましたか?店には常に行列ができているそうなので余裕を持って心行くまで大量の肉、がぶ丼を食べてみてください!

店舗概要

■住所:東京都目黒区目黒本町3-7-9

■アクセス:東急目黒線武蔵小山駅徒歩5分

■営業時間:
[平日]
 昼の部 11:30a.m.〜13:30
 夜の部 18:00〜22:30L.O.
[日曜日・祝]
 夜の部のみ 18:00〜21:30L.O.

■電話:03-5722-1766
  • 東京都目黒区目黒本町3-7-9
  • 0357221766

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する